FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2016年11月02日(水)の日記

tag: マッチデー

表紙はヨシト!!

text by オフィシャルマッチデープログラムスタッフ

いよいよ今節で明治安田生命J1リーグ2ndステージも最終節を迎えます。すでにステージ優勝は決まりましたが、年間勝点で首位を走る浦和レッズとは勝点差1。今節の結果次第では、十分に逆転も可能な差です。ホーム最終戦となる今節を勝利で飾り、年間勝点1位の座をつかみ取りましょう!!
そして今節のマッチデープログラムでは、大久保嘉人選手が登場します。

「早く感じますね、特に今年は。チームとしては勝点が取れているので良かったと思います。チームが勝つことが一番なので。ただ自分自身としては、やりたいことができていなかったかなと。それはすごく感じますね」と今シーズンを振り返る大久保嘉人選手。さらには「チームが勝てればそれで良くて、ここまで勝点を取れているのは素晴らしいことだと思います。でも、もっと楽に点を取って勝てたんじゃないかなって。Jリーグのチームはどこも安定していなくて、フロンターレも劇的な展開が多かったですけど、それは自分たちが招いているところもあって、もっと簡単に勝てたんじゃないかなと。選手が前に行く勇気を持てばチャンスはもっと増えていたでしょうし。今年は後ろが強くて守れるからこそ、少しディフェンシブになっていたところがあったと思います」と冷静にチームを分析していました。それも大久保選手ならではチームへの期待でもあると思います。
そして最後には「ここまで来たんだから本当に勝ちたいです。チャンピオンシップは一発勝負みたいなものなのでどうなるか分からないですけど、やっぱりこのチームで優勝したい。今年もスタジアムにたくさんお客さんが入って盛り上がってくれましたし、すごくありがたかったです。だからこそ最後に勝って、喜びをサポーターのみんなにプレゼントしたいです」と大久保選手ならではメッセージを語ってくれました。ぜひこの続きはマッチデープログラムで

そして前号に引き続きチョン ソンリョン選手の連載企画は阿井莉沙さんとの特別対談後編です。
阿井莉沙さんだからこそ、迫ることができるソンリョン選手のプライベートをより深く聞いてもらいました。ソンリョン選手のこんな一面は見たことがありません!!(笑)。舞台は麻生グラウンド近くにあるお蕎麦屋さん「櫻屋」。普段とはちょっと変わった対談企画をぜひお楽しみください!!

そのほかにも2ndステージ終了後に行われるチャンピオンシップの行方や三好康児選手、板倉滉選手が活躍したU-19日本代表の試合結果など情報も満載ですよ。

最後は、マッチデープログラム購入者全員についてくる選手オリジナルブロマイド。
今節は、谷口彰悟選手、大久保嘉人選手、三好康児選手の3選手の中からお好きなブロマイドを1枚選んでいただきます。どのバージョンも数量限定ですので、お早めにお買い求めくださいね!!

マッチデープログラム販売所は、等々力の場内外あわせて6ヶ所。
場内は、「ホームゴール裏付近のF階段横、G階段横」の2ヶ所。
また、ビジターのサポーターの皆さんにもお買い求めいただけるよう、「ビジター側のL階段横」でも販売しています。
そして、新メインスタンドの販売所は「3階 場内総合案内所内」と「メインスタンドA階段横」となります。メインスタンドにお立ち寄りの際は、こちらが便利ですよ!
場外は「等々力プール前広場 フロンパーク内」にありますので、開場前はこちらでお買い求めください!!

皆さんのご来場、お待ちしております。

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h