FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2016年12月20日(火)の日記

tag: イベント

ケンゴ、MVP受賞!

text by 広報G

本日横浜アリーナにて開催されたJリーグアウォーズ2016。
アウォーズの日になるとやはり、川崎フロンターレクラブ創設20周年として意気込んだ今シーズンも終わる…と改めて感じます。また、今シーズン一緒にJリーグを共に盛り上げ、切磋琢磨した各クラブの「顔」となる選手たちも集っていました。毎年恒例ですが、他のクラブの選手たちとの交流を垣間見れるのもアウォーズの楽しみだったりします。

今年、フロンターレから参加したのは「優秀選手賞」を受賞したユウ、ヨシト、ケンゴ、エウソン、シンタロウの5人。リョウタも参加予定だったのですが、先日の練習試合の際に足を痛めたため、大事を取って欠席とさせていただきました。

シンタロウとエウソンは初受賞。振り返れば、2人の躍動は強烈に印象に残っていますよね。
「そこにエウソン」なんてフレーズもサポーターの間で作られ、解説者の方々にもそういってもらえるエウソンのあの神出鬼没なポジショニングには本当に楽しませてもらいました。「走るのが大好き!」なんて純粋すぎるエウソンが、試合終盤に相手DFを困惑させるほどピッチを駆ける姿を見るとニヤニヤしてしまっていました。普段は素敵な奥様のアンジェリカさんと元気すぎる長男のジョアンくんと長女のジャズミンちゃんをすごく大切にしていて、奥さんのインスタで我々も日々姿を見守ることができているので、フロンターレに加入してから2シーズン目とは思えないくらい愛着が強かったりします。それはきっと皆さんも同じですよね!

続いてシンタロウ。こちらも大学を卒業して2015年に加入してから2シーズン目。今シーズンはシンタロウがいないと攻撃パターンの武器の1つがなくなってしまう気がして、その都度気が気じゃなかったりしませんでしたか? 2015年10月に入籍し、今年の1月に息子の大翔(ひろと)くんが誕生したことで日頃の環境が定まったことは、今年の躍進に大きく影響しているはず。普段は全く、驚くほどパパ感のないシンタロウですが、プロフィールの今年の目標に「親としての自覚を持つ」とありますし、その覚悟がプレーにも表れていましたよね。本当に頼もしくなって、実際に日本代表のバックアップメンバーにも選出されました。来季はバックアップではなく日本代表選手になってくれることを願います!

続いてヨシトですが、フロンターレに加入した2013年から“毎年”優秀選手賞を受賞しています。今年は得点王には一歩及ばずでしたが、それ以上にヨシトが他の選手たちに残したものは大きいと感じていますし、まだ残っている天皇杯を一緒に戦いたい、ヨシトのゴールが見たい!、ヨシメーターを動かしたい!、川崎のヨシトとしてまだまだヨシトの笑顔を見ていたいと強く感じます。
続いて、初めてベストイレブンに選ばれたユウ。今年は「15得点」の活躍に加えて、ケンゴと並ぶ「11アシスト」の数字もあわせてみると、本当にフロンターレのゴール量産にユウが絡んでいることが分かりますよね。フロンターレを背負う選手としてとても大きく成長を遂げた1年。ただ、あと少しでタイトルに手が届かなかった…優勝を懸けた大一番にケガで欠場した悔しさも強く残ったリーグ戦でもあったはず。来季ももちろんですが、まずは今いるメンバーで目の前の天皇杯を優勝にむけて、またゴールを決めてほしいなと思います。
LINEブログに移行し、以前よりもマメにSNSを更新するようになったユウ。試合がない時期でサポーターの皆さんもフロンターレに飢えているので、嬉しいですよね! ケンゴのように、ユウの人柄を伝えていけるツールにしていってほしいなと思います。

最後はなんといってもベストイレブン受賞とあわせて、個人賞として一番誉な「MVP」を受賞したケンゴ! 本人も繰り返し話していましたが、同業者といえる他のJクラブの選手や監督によって評価され、選ばれたことが本当にすごいこと。こんな嬉しいことはないですよね。
歴代のMVPの中でも最年長での受賞。これから何年経ってもこの「MVP」の肩書きはずっと残るものです。ケンゴ本人はもちろん、クラブで史上初でもあるので本当に大切なものです。

年間通して多くのメディアに出る機会の多いケンゴですが、さすがに昨日のMVP受賞後のスピーチは緊張していましたね。ケンゴが自分の言葉で思っていることをしっかり伝えられるか…見ているこちらも相当緊張していました。閉幕後の舞台裏でのインタビューではケンゴも話していましたが、あのスピーチ、実はまだ終わっていないところで中断されてしまっていたのです。でも、夜に更新していたケンゴがLINEブログに綴っていたことに全て詰まっています。
まだ読んでいない方はこちらからぜひ読んでください!!

来年は全員でこの舞台へいけるよう、みんなで後押ししていきましょう! 最後に、ユウ・ケンゴと、ベストイレブン受賞者の皆さんの写真をどうぞ!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h