FRONTALE DIARYフロンターレ日記

1/30 (月) 2017

カテゴリー:

女性が集まるフロンタウン!

text by

フロンタウンさぎぬまスタッフ

カテゴリー:

2006年に完成したフロンタウンさぎぬま。
当然ながらフットサルを中心としたスポーツ施設ですが、この10年で少しずつ手を広げ、フィットネスや健康事業、グラウンド・ゴルフなども定期的に行っています。“老若男女、誰でも簡単・気軽にスポーツと触れ合える”、そんな環境づくりに挑戦しているフロンタウンでは、しばらく前から女性の姿がどんどん見かけられるようになっています!

特筆すべきは「個人参加フットサル」。

そうです。写真のとおり、女性だけで試合を行う「女性限定個人参加フットサル」も開催しています!!

「個人参加フットサル」とは、仲間でコートを予約してフットサルを楽しむのではなく、フットサルをしたい方々が男女問わず個人個人で申し込み、集まった皆さんをチーム分けして試合をするというイベント。
詳しくはこちら
かなり以前から女性の参加者もいらっしゃるのですが、昨年からさらにどんどん増えてきています!

フロンタウンでは「個人参加フットサルオンラインシステム」を導入していて、登録(無料)すれば申し込みなどが簡単にできるのですが、このシステムに登録されている女性が昨年、50人を突破。さらに先日、なんと3桁に達しました!!

参加者からは、「男性と一緒にやっているとつい控えめにプレーしてしまうのだけど、男性がいないから『自分が動かないと』と思えて、動く量が増やせていい運動になった」「女性はパワフルなキックをしないし、小さくパスを回す感じになるので楽しかった」といった感想が聞かれます。
女性だけだと激しいボディコンタクトもなく、安心して“活き活き”とプレーができるんだそうです。

初心者の方々も参加されていますが、そこは女性だけの集まり。「ある程度ボールを扱える人から優しいパスが回ってきたり、ミスしてもカバーしてくれたりするのでやりやすかった」とのことでした。

そういえば、川崎フロンターレの元監督、高畠勉さんからこんな話を聞いたことがあります。
「男性だとパワーやスピード、高さといったフィジカルに任せたプレーをする人も多い。だけど普通、女性はあまりフィジカルに頼れない。そのため、ボールコントロールや、どこにパスをつなぐべきかを考えてプレーしているので、実は女性のほうがちゃんとしたサッカーをしていることも多い」
女性だけでプレーすると活き活きして見えるのは、そういう面もあるのでしょうね。

1月14日に開催した「女性限定個人参加フットサル」には、フロンタウンの女性スタッフも参加してみました。しかし、サッカー経験は全くなく、フットサルをプレーするのも○年ぶりで…。

案の定、動きはやたらとギクシャク。決定的なシュートチャンスでは凡ミス。気持ちだけは人一倍に持って臨んだようですが、本人も「思ってたよりも全然できなくて…!」と悔しがっていました。
でも、ミスしても皆で笑い転げ、逆に雰囲気は和気あいあい。そのノリで、休憩時間にはなぜか突然ハンカチ落としが始まるなど、楽しげな感じでした。

運動から遠ざかっている方、ほとんど運動したことのない方でも大歓迎です。ぜひ、フロンタウンに来てみてください。
フロンタウンが女性の皆さんにとって、新しい、知らない自分に出会える場所になれたら幸せです。

次回の「女性限定個人参加フットサル」は2月4日(土)19:00~21:00に開催します。
詳細はこちら

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-04

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h