CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

3/28 (火) 2006

カテゴリー:

応援米ができるまで

text by

広報部

カテゴリー:


工場への入り口の看板です。

皆さんご存知ですか??
お米を買って開けてみてください。米粒はみんな白い、同じ大きさ、普段気付かないかと思いますが、多くの工程を経て皆さんに届けられています。
JA全農福島の精米工場では玄米が入ってから出荷まで、21の工程を経て作られています。21工程のうち、8工程が、異物の除去やサイズのチェックに費やされています。
フロンターレ応援米の製造チェックのために工場まで行ってきました。


工場外観



工場敷地内の桜の木です。まだ肌寒く、つぼみは硬いです。

出荷までの工程をちょっと紹介しましょう。
<荷受け>
農家の人の作ったお米が、もみがらをむいた「玄米」になって、精米工場へ運ばれてきます。このときのお米は、表面にまだヌカがついているので、茶色っぽい色をしています。

原料玄米置場

<前処理>
玄米の中にまじっているもみがら、糸クズ、小石などを、精密な機械を使って取りのぞきます。
<精米>
高性能の機械を使って、玄米のヌカを落し、白いお米にしあげます。
<後処理>
白く精米したお米を精密な機械でこまかく点検し、中にまじっているゴミ、色がついている粒、粒が割れているものなどを取りのぞきます。


製品検査室

<包装・出荷>
後処理したお米を種類ごと袋につめます。袋につめたお米をトラックにつんで、お店へ運びます。


包装用の袋も最初はこんな感じ



パック詰め工程を経て



お米1パックのできあがり



どんどん積まれていきます



工場製品(精米)置場です。奥に見えるのは、パレットへ積むロボットアーム



工場製品(精米)置場です。これは味噌醤油用の加工用米です。

この「フロンターレ米」が1年を通じて販売されます!!事前予約制!!
これは買わないわけにはいきませんよね!!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ