CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 富士通エフサス
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • 株式会社PFU
  • プーマ

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

3/21 (水) 2007

カテゴリー:

出直し

text by

広報部

カテゴリー:

先日のホームゲームで退場処分をうけた勇介。交代直後の2枚目のイエローカードでレッドカードが出た時は、誰もが目を疑いました。実は関塚監督がきった交代のカードはある思いがあったのです。3日後のACLのバンコク・ユニバーシティ戦を見越して、温存するために勇介をベンチにと思っていた関塚監督…
チームとしては、堅守が売りのチームを相手に大量得点を奪い、中央、サイドと幅広い攻撃が冴えわたり圧倒していました。勇介も右サイドから何度もチャンスを作り出し、チームの勝利に貢献してくれました。
しかし当の本人は、自分自身のプレーの不甲斐なさに対して苛立ちながら、それを抑えてプレーしていたようです。交代と同時にその気持ちが切れて、思わずスクイズボトルを蹴り上げてしまったようです。結果、非紳士的行為とみなされ、2枚目のイエローカードとして退場処分となってしまいました。チームとしては、ゲームをリードしていたものの、一人少ない数的不利な状況での戦いを強いられました。そんな難しい状況の中でもチームは無失点で勝利をつかむことが出来ました。

チームでは勇介の行為に対して、プロとしての行為としてふさわしくなかった為にACLのバンコク・ユニバーシティ戦の出場を見送る処分を下しました。
チームにとっては大きな痛手となりましたが、等々力に来ていただいた多くのサポーターの皆様に決して許されることのない行為をお見せしてしまったため、当然の処分となりました。本人は起こしてしまった行為に対して、非常に反省をしており、皆さんもご存知かと思いますが、翌日のトレーニングには頭を丸めてトレーニング参加となりました。

勇介から皆さんへのメッセージをここにお届けします。
『先日のホームゲームでは、多くのサポーターの皆さんに応援に来てもらっていたのに大変申し訳ないことをしてしまいました。チームは好調だったのですが、自分自身のプレーの不甲斐なさに、交代後にみっともない行為をしてしまったことを深く反省しています。等々力にはいつもたくさんの子供達が足を運んでくれています。プロサッカー選手として、彼らの前でもっともやってはいけない行為でした。自分自身が恥ずかしく、情けなかったです。いつも応援していただいているサポーターの皆さん、またチームメイトやクラブ関係者のみなさん、サポートしていただいているスポンサーの皆さんにも大変ご迷惑をおかけいたしました。
これからはサッカー選手である前に、一人の社会人として、行動をとっていきたいと思います。僕はサッカー選手です。今後もチームに貢献できるプレーを、また応援してくれる子供達の見本となるようなプレーをしていきたいと思います。今年はチームとして優勝を目指し、またACLでアジアにチャレンジしていく年です。これからもチームと共に一緒に戦ってください。よろしくお願いします。本当にすいませんでした。』

頭を丸め、決意を新たにトレーニングに積極的に取り組んでいる勇介。試合に出れば必ず活躍してくれる。今やフロンターレの右サイドといえば「勇介」という大きな存在になってきています。しっかり反省してチームに、等々力のピッチに戻ってきてほしいものです。みなさん、是非勇介の復帰を期待していてください。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ