CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通Japan
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

1/ 8 (火) 2008

カテゴリー:

ひと足早く!!

text by

広報部

カテゴリー:

さて、今日も!!と思った皆さん、本日はプレゼント企画とはまた違った内容のお知らせです。

インターネットやテレビ・新聞等で様々な情報が出ていますので、皆さんもすでにご存知かもしれませんが、第56回全日本大学サッカー選手権大会、いわゆる「インカレ」の準決勝は、何と2008年シーズンにフロンターレに加入が内定している駒澤大学の菊地光将選手、早稲田大学の横山知伸選手の2名が所属している大学同志の対戦なのです!!

当然、2選手の出場も予想されます。
これは注目ですよね!!

ということで、モバフロでお馴染み、オフィシャルライターである江藤高志さんからレポートが届いたので、お知らせします。


『フロンターレ新入団選手が活躍中

今季、フロンターレと契約をした大学生の2選手がインカレに出場したので取材してきた。

7日に江戸川区陸上競技場で行われたインカレ準々決勝の第一試合目は早稲田大学対高知大学という一戦になる。
この早稲田大学の一員として今季フロンターレへの入団が決まった横山知伸選手が出場していた。ちなみに横山選手は、既報されているように、日本を代表する大企業の内定を蹴ってフロンターレへ。「挑戦しようと思いました」という横山選手だが、4バックの早稲田の最終ラインの中の、左CBとして先発フル出場。無失点試合に貢献していた。
ちなみに早稲田は3-0で高知大を下し、10日の準決勝へと駒を進めている。

準々決勝第二戦は駒澤大学対流通経済大学という組み合わせ。
大会3連覇中の駒澤大学には、大型選手として注目される中、フロンターレへの入団を決めた菊地光将選手がプレーしていた。
流経大は総理大臣杯を獲得しており、また好選手を多数擁する実力校。そうした状況もあって、お互いの良さを出し合う好ゲームになったが、そんな試合の中で、駒沢の菊地光将選手は存在感を放つ活躍を見せていた。4バックの前にポジションを取り、いわゆるワンボランチ(アンカー)という位置で危機管理の役割をきっちりこなしていた。
「粘り切れない試合が多かった」と駒澤を評する菊地選手だが、終盤の流経大の追撃を1点に抑え、2-1で勝利。「今日は守れました。最後まで諦めなかったのがよかった」と安心した表情を浮かべていた。

この結果、横山、菊地の両選手が所属する両大学は共に準決勝へと勝ち上がりを決め、直接対決することとなった。ということで、その準決勝だが、1月10日木曜日。駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場にて2試合が行われることになっている。ちなみに早稲田対駒澤の一戦は11時から行われる第一試合である。もし都合がつけられるようであれば入団前の両選手の戦いぶりを確認するのもいいだろう。

余談になるが、横山、菊地のいずれかの選手が出場する事になるであろうインカレ決勝戦は13日の日曜日。場所は国立競技場で14時のキックオフとなっている。


インカレ準々決勝・早稲田大学対高知大学の試合後のコメント

○横山知伸(早稲田大学)
「最初は堅かったんですが、時間が経つにつれてのびのびとやれました。
自分は実績がないので、この大会で大学のタイトルを取れたら自信につながると思う。4年間一つもタイトルを取れていないですし、先輩たちが成し遂げられなかったことをやりたい。もちろんタイトルを取るのは難しいと思いますが、狙いたいです。
(大手企業の内定を蹴ってフロンターレに決めたのは)動けるのは今だけだと思ったからです。早稲田の先輩には、就職をせずにサッカーをしている人もいますし、挑戦しようと思いました。入ったからには職業ですし、チャレンジしていきたいと思います。」


インカレ準々決勝・駒澤大学対流通経済大学の試合後のコメント

○菊地光将(駒澤大学)
「(勝利について)リードしてる状況で一人少なくなった。今年の駒澤は粘り切れない試合が多かったんですが、今日は守れました。最後まで諦めなかったのがよかった。
ただ、まだまだ足りてないですが、少しはできたと思う。
できていないところは、駒澤の前からのプレスです。最後まで戦えていないと思う。今季は失点が多くて粘れないと言われてきた。それで守備をがんばろうと話してきた。今日勝ったのはよかったが、優勝したわけではない。4連覇という目標がありますし、それは意識して目指したいと思います。今季はまだタイトルを取れていませんし、かける思いは強いです。
早稲田とは今季リーグで2回戦って大差で負けているので、リベンジしたい。駒澤らしいタテに早いサッカーをやれば結果は付いてくると思う。がんばりたいです。
自分の仕事ははっきりしていて、相手のボールを跳ね返すという部分。上手いプレーはできないですが、後ろの負担を軽くしたいですね。自分のところでボールを奪えればいいと思っています。」

Reported by 江藤高志』


■日時
2008年1月10日(木) 11:00キックオフ

■対戦カード
早稲田大学 vs 駒澤大学

■会場
駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
 →東急田園都市線「駒沢大学駅」下車 徒歩15分

※決勝戦は、「1月13日(日)14:00キックオフ 会場:国立競技場」となります。
※詳細は公式サイト(http://www.in-colle.com/2007/)でご確認下さい。


新しく加わるフロンターレ戦士をひと足早く、チェックしてはどうでしょう!!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ