フロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2012年01月10日(火)の日記

tag: その他

ハンマープライス報告④

text by 広報部

「ヤンフロと青玄寮を満喫する権利」編

東日本大震災後クラブとして取り組んできたMind-1ニッポンプロジェクト活動の一環として、フロンターレ選手クラブから提供する『権利』『サービス』など様々な商品をオークションにかけ、最高金額を提示した方がその品(権利)を購入(獲得)できる「フロンターレ ハンマープライス」。
今回は12月のとある日に「ヤンフロと青玄寮を満喫する権利」を実施いたしましたのでご紹介いたします。

今回落札された方は、都内にお住まいのAさん。昨年北海道から転勤されてきたばかりということで、引っ越してきた際に応援するクラブとして、数多くある首都圏Jクラブの中からフロンターレを選んでくれたそうです!等々力観戦歴はまだ浅いものの、同じ観戦仲間のBさんとお二人で寮に来てくれました。
この日、選手は練習があったため、寮の食堂でスタッフと一緒にお茶を飲みながら選手を待つ間、だんだん緊張が高まって来たのか、Bさんはしきりに「緊張する…」と落ち着かない様子。そんなBさんを横目にAさんはスタッフとおしゃべりをしながら選手の到着を待ちます。

程なくして、選手が食堂にやって来ました。
まずやって来たのがサネ・雄大・ノボリの3選手。もちろんAさん、Bさんとも初対面なので、皆緊張の面持ちでテーブルにつきました。
初めにスタッフからAさん、Bさんを選手たちに紹介したあと、今日の座長?を務める雄大から自己紹介。「滋賀県野洲市○○からやってきました田中雄大です。今日はしっかりとおもてなしをしたいと思います。よろしくお願いします」と実家の住所まで入れ込んでのお約束自己紹介で軽く笑いを取ったあと、ノボリとサネを紹介。ノボリは「今日はゲームなどもやる予定ですので、ガチで頑張りたいと思います。」サネは「実は今日手のギブス取れました。(拍手)楽しんでもらいたいと思いますのでよろしくお願いします」。とそれぞれ挨拶。最後に雄大から「楽しくワイワイ、友達のような感覚で楽しみましょう!」と締めくくりの挨拶で顔合わせタイムの終了です。

そしてさっそく寮案内ツアーのスタート!
まずは自慢の大浴場から。壁面タイルが青と黒というビジュアルインパクト大なこの風呂。浴場に入ってすぐ左に窓があるのですが、ここで雄大が「この窓から上の部屋に向かって“風呂入ってるで〜!”って叫ぶと、(上の階の)皆にばーっと広まるんです」と窓の使い道?を披露。普段は2部練後の夜など、寮のみんなでゆっくりと風呂に浸かりながら色々な話をして絆を深めているそうです。

続いては応接室。
「あんまりこの部屋は使わないよね。寮の管理人さんと話をするときくらいかな?」とサネ。え、どんな話するんですか?と聞いたところ、「いや、シビアな話とか…」とサネ。「シビアな話ってなんやねん!」とすかさず雄大がつっこみ入れてました。
ここはあまり見るところもないかな…と思っていた応接室ですが、思わぬところで盛り上がります。それが、さりげなく置いてあった2004シーズンのJ2優勝&J1昇格記念冊子。こんなのもあるよ、と雄大が手にとって見せたところ、AさんとBさんは大盛り上がり!「おぉ〜相馬さんが現役だ!」「ジュニが若い!」「あ〜中西さんだ〜」「ヤジが強化指定で入ってる!でもあまり変わってないな〜」など。思わずスタッフが「Bさん落ち着いて!」となだめる程の興奮ぶりです。それもそのはず。お二人ともまだこの頃はフロンターレを知らなかったので、この冊子自体目にしたのが初めてだったそう。でもそれは選手たちも同じです。サネや雄大も「おぉ〜」といいながら一緒になってクラブの歴史に触れていました。

そしていよいよ上の階へ。
2Fから3Fへ階段を昇ってまず向かったのはフクの部屋。部屋のドアを開けると、奥のテレビに映っているのはクラブワールドカップで来日中のサントスFCの映像。「おーい、来たで」とサネ。「ネイマールのプレー集とか見てますけど、普段あんなの全く見てないですからね、アイツは。」と雄大。早く出てこーいと呼びかけると、ひょいと顔を出したのが、フクならぬマル!何でもいま部屋の大掃除をしている最中みたいで、マルはその手伝いだとか。早速先輩方がお部屋訪問で中に入っていきます。雄大が麻雀のゲームソフトを見つけたり、気になる冷蔵庫の中身をチェックしたりと一通り見せてもらいました。

次に向かったのはサネの部屋。
部屋に入る前の廊下から漂ってくるアロマオイルの香り。ムーディな音楽と間接照明。明らかにフクの部屋とは全く異なる世界がそこに広がっていました。そして噂のあのソファも。「これを車で運ぶのは無理でしょ!?」という声に「夏、汗だくになりながら運んだな」と雄大。「でも角部屋だから朝日が入って来て眩しい…」と唯一の難点も吐露。
そしてサネの部屋から次に移動するときに、フクの部屋の前を通るとちょうど荷物を持って出てきたフクと遭遇。まだ掃除してました(笑)

そして階段を下りて2Fへ。向かった先はノボリの部屋。
ドアを開けるとまず目に入って来たのが、ものすごい数のワンピースグッズ!そのほとんどがサポーターの方にもらったものみたいで、さすがもらい物を大事にするノボリらしいエピソードに一同感心!さあ次はいよいよ雄大の部屋!と思いきや、雄大の部屋は開かずの間らしく、「俺も開けるの毎回苦労してるんです」と言うので、今回は泣く泣く断念。でもその代わり、ノボリの部屋のすぐ前にあるアンちゃんの部屋のカギがささったままなのをサネが見つけて「いるのかな?」と話していると、いきなりドアが開いてアンちゃん登場!一行を見るなり、「あ〜」と天を仰ぐアンちゃん。
「フクの部屋見てるから何でもいけるな」と言いながらずんずん奥に入っていくと、雄大が「あ、全然キレイやね、やっぱ安藤の部屋は!全然キレイ!」とわざとらしく連呼。「物が多いから」とアンちゃんが答えると、「やっぱ代表だからな。そりゃモノ多いよ!安藤代表頑張れよ!」と雄大からは辛口のエールも!?「完全にイジラれてますね(笑)」とAさんの問いに、「でもイジッてもイジッても返さないから」と雄大。さすが大物!?ちょうど外出するところだったアンちゃんを皆で見送ってから、食堂に戻ってきました。

続いては、チーム・雄大とチーム・サネに分かれてのTVゲーム大会です!テニス・ボウリング・ボクシングの3種目をそれぞれ1対1で対戦して勝敗を決するというルールで、負けたチームが罰ゲームとして笑わせるまでモノマネをやります。
最初の対決はチーム・雄大からはBさん、チーム・サネからはノボリのテニス対決!
TVゲームはガチで行きます!との最初の宣言通り、ノボリは腰を低く落としてレシーブ態勢を取ります。確かにガチです!二人とも初めてでしたが、先にコツを掴んだノボリがBさんに勝利!
するとここで「じゃあ練習ということで、本番行こう!」との先輩からの天の声で、2ゲーム先取でもう一度対戦です。すっかりテニス選手なりきりのノボリは「エア・ケイやっていいですか?」などノリノリながらもBさんも慣れてきたのかいい勝負となり、それでも最後はノボリが空気を読まずに勝利して、1回戦はチーム・サネが先勝しました。「いやあ面白い、これ!」とノボリ。

続いては2回戦。チーム・雄大からはキャプテンの雄大が、チーム・サネからはAさんがボウリング対決に臨みます。操作方法を確認し、雄大が一投目をしようとした時、ノボリから「雄大くん、手乾かした?」と確認が。あ、そうだったと雄大はおもむろに手を当てる振りをします。みなさん分かります?ボウリング場で球が出てくるところにある空気口の真似なんです。細かすぎるボケでペースを掴んだのか、雄大はいきなりストライク!対するAさんは惜しくも9ピン。すると雄大はなんと2連続ストライクとこちらも空気を読まないチャージを見せます。
しかしその後は空気を読んだのか!?なかなかスペア・ストライクが取れず、Aさんの追い上げもあってだんだんスコアが縮まってきます。ですがここで勝負師雄大が本領発揮!大事な一投でスペアを取ると、すかさずノボリから「勝負に来てるな、雄大くん!」と突っ込み。「メンタルメンタル!」と気合いを入れる雄大。
そして勝負は最終10投目に突入。ここでもスペアを取って154でまとめた雄大に対して、Aさんも最後にスペアを取るなどして追い上げましたが、最後は9ピンでゲーム終了。154-140で雄大の勝利となり、1-1のタイに戻しました。

そして勝負は最終のボクシング対決に。
チーム・サネからはキャプテンのサネが出陣。チーム・雄大からはBさんが二度目の登場です。
まずは軽く練習でスパーしたあと、早速ガチンコ対決。サネがネコパンチで攻め立てるのに対して、Bさんはカウンター狙いで勝負は一進一退。しかし勝負は意外にもBさんが2Rに豪快にサネを倒してのKO勝利!見事にチーム・雄大が逆転勝利でスポーツ対決を制しました!

そして罰ゲームはチーム・サネ。キャプテンの指名でモノマネはノボリがすることに。熟考のあげく、振り向きざまのチョッパーのマネという、やや微妙なモノマネを披露。しかしAさんは笑ったものの、Bさんが笑いきれていなかったため、次はサネが平泉成さんのモノマネ。「かあさーん!」と遠い目で叫んだサネにBさんも爆笑。見事に罰ゲームをクリアしました。

続いてはバランスゲーム対決。
ここからは大掃除を終えたフクとマルも参加。ゲームは大好きと公言していたフクでしたが、バランスボードを使ってのバランスゲームを見たとたん、雄大に何やら囁き始めました。口ぶりとジェスチャーから判断するに、どうやらこの手のゲームは苦手なようですが…フンフン、と聞き終えた雄大が一言。「僕はこのゲームすごく得意だから任せて下さい!と言ってます」。隣でフクが頭を抱えていたのは言うまでもありません。

バランスゲーム対決は、飛んでくるサッカーボールをヘディングした数と、スキーのスラローム競技のタイム、そして最後は綱渡りで進んだ距離の3種目で勝敗を争います。チーム雄大にはフクが、チーム・サネにはノボリに代わってマルが入りました。ヘディングゲームとスラロームを互いに取り合い、1-1のタイで勝負は最終戦綱渡りに持ち越しとなりました。

と、ここで取材を終えたユウとクスが合流。
チーム・雄大の最終競技者はフク!対するチーム・サネはBさん!しかしゲームが得意なはずのフクはなんとたったの2m…。このままだとモノマネをしなければならない雄大の顔色が変わりました。そしてBさん楽勝と思いきや、何とBさんが途中でボードから降りてしまい記録なしに…。フクが「失格じゃないですか!?」と何度もボソっと言うものの聞こえておらず、やり直しに。すると今度は雄大が画面の前に行き、Bさんにアドバイスを送ったりするという心理的プレッシャーをかけ始めました。そこまでして勝ちたい(モノマネしたくない)のかという雄大に半分呆れながらも半分は勝利への執念に気圧されたのか、Bさんがまさかの1m!何ともレベルの低い争いでしたが、見事チーム雄大が2連勝を飾りました。
罰ゲームはチーム・サネ改めチーム・マルからキャプテンのマルがモノマネ。何だかよく分からないものばかりでしたが、マルの勢いと変顔に圧倒されたのか、二人とも笑ったため一発でクリアしました!


Aさんがぜひ選手たちに見せたいというホラーゲームを皆で鑑賞しました。クライマックスのシーンでは思わずフクが目を伏せ、クスが椅子をガタっとさせて驚くなどのリアクションを見せるなど、Aさんもご満足の反応だったようです。

そして最後は、せっかく寮に来たのだからということで、夕食を味わってもらいました。
この日のメニューは豚肉のソテー、サラダ、小鉢、ごはん、味噌汁、デザートというボリューム満点の食事。ちなみにごはん、味噌汁はおかわりし放題です。スタッフ、雄大も一緒に食べながら、他の選手たちも同席してサイコロトークで楽しむことに。
サイコロはスタッフが持ち込んだi Padに入っていたサイコロアプリを使用。実際にサイコロを転がすようにiPadを振るとサイコロが転がる仕組みに、選手たちも「こんなのあるんだ〜」と感心。
気になるサイコロトークの中身ですが、だいぶプライベートにも踏み込んだ内容もあったので、残念ですがここでは詳しくは語りません(笑)。が、雄大の恋バナはかなり盛り上がったことだけお伝えしておきましょう。あとは落札されたAさんの特権ということでご勘弁下さい!

そうして楽しかった時間も気が付けば終了時刻が近づいて来ました。選手たちの話に大笑いしながらもボリューム満点の夕食を何とか食べ終わり、最後に記念撮影をして「ヤンフロと青玄寮を満喫する権利」はお開きとなりました。そしてこの日のメインホストを務めてくれた雄大ら選手達のお見送りを受けて、お二人は帰路に着きました。
この日のヤンフロたちとの交流で、よりフロンターレを身近に感じていただき、ますます応援をしていただければこんなに嬉しいことはありません。ご落札、本当にありがとうございました。

※落札金額はすべて「Mind-1ニッポン」義援金口座を通じて、被災者の援助・復興の資金などに使われます。

< 2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去の日記

過去の日記

サイトマップ

閉じる

このページのトップへ