フロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2013年04月09日(火)の日記

tag: マッチデー

今号は

text by オフィシャルマッチデープログラムスタッフ

明日は平日ナイトゲームですが、ナビスコカップ清水エスパルス戦が行われます。先週はナビスコカップジュビロ磐田戦が行われ、ナビスコカップはホームゲーム2戦連続となりますが、ここで連勝を飾り、決勝トーナメント進出に向けて前進したいですよね!!

さて今号のマッチデープログラムの表紙には、先週行われたナビスコカップ磐田戦のもっとも印象的な写真を選びました。ここまで先制を許す展開が多い中、磐田戦では今シーズン初めて先制点を奪っての勝利でした。我々製作スタッフも早く歓喜の瞬間を表紙に…、と思っていましたが、ようやく実現したのです。ぜひ今日の清水戦でも表紙のような歓喜の瞬間を何度も見たいものです!!

そしてインタビューには、登里享平選手をセレクト。「攻撃のスイッチを入れられるような存在になれるよう、積極的に勝負を仕掛けていきたい」と話す登里享平選手。前節のリーグ湘南戦では積極的な攻撃参加から同点ゴールをアシストするなど、結果も残しています。「最近は落ち着いてプレーできている」と手応えを感じている様子で、ぜひ明日の清水戦でも活躍を期待しましょう!!

選手対談企画は、今回が第2弾。インタビューに引き続き、登里享平選手と山越享太郎選手、そして安柄俊選手の3人が登場します!!ちなみにこの3人の共通点はというと…、90、91年に生まれた同級生なのです。しかし登里選手は高卒、山越選手は在学途中に加入、そして安選手は今シーズンから新加入と、違った経歴を持つのですが、同じ年代を育った3人ということもあり、よくある話をたっぷりと語ってもらいましたお楽しみに!!


そして、今号の選手オリジナルプロマイドは、伊藤宏樹選手、レナト選手、パトリック選手の3選手が登場します。こちらはマッチデープログラム限定!!さらには明日の試合限りということで、ぜひ明日は等々力に到着したらマッチデープログラム販売所に直行してみましょう!!

販売所はフロンパークのグッズ売店横と、7番ゲート上(フロンターレ神社横)、そしてGゾーングッズ売店横です。今号も2000部限定ですのでお忘れなく!!

< 2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去の日記

過去の日記

サイトマップ

閉じる

このページのトップへ