フロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2013年12月11日(水)の日記

tag: イベント, クラブ

Jリーグアウォーズ

text by 広報部

今シーズンのJリーグのフィナーレを飾る「2013 Jリーグアウォーズ」が、今年も横浜アリーナで開催され、風間八宏監督、レナト選手、大久保嘉人選手、中村憲剛選手の4人で参加してきました。

今年は、ヨシトが得点王を獲得したこともあって、ヨシトだけ一足早く会場に入り、いろいろと取材対応を行いました。これも発表前に確実にわかっていることなので、「得点王がいると取材も大変そうだね〜」と他クラブのスタッフから声をかけられるなど、ちょっと忙しい感じでした。


順調に取材を行っていると、ケンゴとレナトも選手の控室に到着。全40クラブの選手たちが集まっているため、まずはカテゴリーに関係なく、選手同士のあいさつが始まります。毎年のように参加をしているケンゴはこちらが心配しなくてもいろんな人と話をしていましたが、初参加となるレナトはちょっと心配…、と思いきや、ブラジル人同士でいろいろな会話をしていました。それだけでなく、「オ〜、アミーゴ〜」とFC東京の太田選手から声をかけられるなど、日本人選手とも仲良くしていたレナトを見て、我々スタッフも一安心でした!

そうこうしているうちに、いよいよJリーグアウォーズがスタート。はじめはJ2クラブが登壇した後、いよいよJ1クラブの登場です。慣れないタキシードに着替えて、ステージ上に登壇。それでもほかのクラブの選手に負けないぐらい堂々としていた3人でした。今年は3人とも「Jリーグ優秀選手賞」を受賞。レナトは初めて、ヨシトは5回目、そしてケンゴにいたっては9年連続9回目の受賞になりました。

そしていよいよ得点王の表彰です!フロンターレサポーターが数多くいる場内からの登場で、場内は大いに盛り上がりました。そんな最高の雰囲気の中、ヨシトは少々緊張気味…。一緒に向かっている車の中から「みんなの前で挨拶するんだよね?何言えばいいかな…」と挨拶を考えていたヨシトでしたが、スピーチでは「この賞を取れたのも、監督をはじめコーチ、スタッフの皆様、ファン・サポーターの皆様、そしてチームに関わった全ての方に感謝したいと思います。ありがとうございます。そして、今年移籍1年目でいろいろと大変な中、僕を支えてくれた家族に感謝したいと思います。ありがとうございます。これからはこのような素晴らしい賞に恥じないように、もっともっと努力して素晴らしいプレーを見せられるようにしていきたいと思います」と見事な挨拶をしてくれました!!

後々、「緊張しなかった?」とヨシトに聞くと、「いやー、スポットライトが自分に当たって、そのおかげで眩しくて、まわりがあまり見れなかったから逆に良かったよ!」とヨシトらしいコメントが聞くことができました。

得点王に引き続き、ベスト11にも選出されたヨシト。得点王のスピーチで緊張がほぐれたのか、そのあとはいつものヨシトらしい落ち着いて様子を見せてくれました。実は得点王だけでなく、ベストイレブンも初めての受賞となったヨシトは、「でもやっぱりベストイレブンより得点王のほうがうれしいね!また来年も取れるようにこれからもゴールを取り続けたい」と意気込みまで語ってくれましたよ。

その後は、各社の取材対応からパーティー会場へ移動し、関係者の皆さまにご挨拶という流れです。今年もスムーズに対応できるようにメディアの皆さんにもご協力いただきながら取材を受けましたが…、得点王とベストイレブンに選ばれたヨシトはこれでもかというぐらいの数の取材を受けました。本当にありがたいことなので、ひとつずつ丁寧に取材を受けていき、気付けば取材スペースにはヨシト一人…。それでも最後まで笑顔で丁寧に取材を受けてくれたヨシトに感謝です!!


最後に毎年言っていますが…
来年こそは、この場所に選手全員で来たい!と強く思った今年のJリーグアウォーズでした!!

< 2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

2014年
サイトマップ

閉じる

このページのトップへ