FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2014年09月27日(土)の日記

tag: イベント

「等々力スター☆ジアム」

text by 集客プロモG

今月13日、17日、20日の3日間、等々力競技場バックスタンド中央広場の天井に宇宙とサッカーをテーマにした新感覚プラネタリウムの上映会が開催されました。題して「等々力スター☆ジアム」! 世にも奇妙な(?)このイベント、一体どうやって実現したかお話したいと思います。

 まず、この企画の発端は川崎生まれのプラネタリウムクリエーター大平貴之さんの存在でした。フロンターレでは今までも川崎生まれや出身、在住の俳優さんや芸人さん、芸術家の方など「川崎の誇る逸材」とタッグを組み、川崎を盛り上げるイベントを開催してきました。
大平さんは川崎市多摩区に生まれ、小学校時代は麻生区の南百合丘サッカークラブに所属。その後、球体は球体でもサッカーボールではなく、星の世界に魅せられ、今では高性能プラネタリウム上映装置開発の第一人者として活躍をされています。多摩区生田緑地内にある「宙と緑の科学館」には、大平さんが開発した数千万個もの星を映し出せる世界最高性能のプラネタリウム装置「メガスターフュージョン」が設置されているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 そんな「川崎の誇る逸材」である大平さんの存在を知りながら指をくわえて見ているフロンターレではありません。大平さんの力を借りて、何か夢のあるワクワクドキドキするような企画はできないかと考えるようになりました。
 プラネタリウムとフロンターレのコラボ…。言うのは簡単ですが、実際、どのようにコラボするのか…。異業種とのコラボを数多く行ってきたフロンターレでしたが、さすがに考えました。プラネタリウムで重要になるのは照度です。閉ざされた空間で、暗くなければもちろん星空を綺麗に映し出すことはできません。我々のスタジアム、等々力競技場はというと、開かれた空間で明るい・・。照明なんてメチャクチャ明るい。まさにプラネタリウムを行うには真逆の環境な訳です。スタジアムでプラネタリウムを行うなんて普通に考えれば不可能。誰もがそう感じると思います。
…ん、でも待てよ。普通に考えたら「不可能」と思われていることができたら、それこそすごくワクワクドキドキするんじゃないのか。それに「普通に考えた」ら不可能なんだから、それならば「普通に考えなければ」いいんじゃないのか。そんなことを思いながら打開策を探していきました。
 分からないことを悩んでいてもしょうがないので、直接大平さんに「オープンな空間で、しかも暗くならない状況下でもプラネタリウムを行える方法はないでしょうか」と無茶なことを単刀直入に相談しました。するとそこはさすが大平さん。「ん、何かあると思います。一緒に考えていきましょう」と前向きな返答があっさり返ってきたわけです!やはり人と違うことをおこなっている人はいい意味で「普通」ではありません。この大平さんの一言でスタジアムでのプラネタリウム上映プランは動き出しました。

上映場所や形状、照度を調査するため競技場のロケハン、打合せを大平さん、そして川崎市と何度も行いました。そして最終的に導きだされた方法が、大平さんの代名詞でもあるメガスターによる星空投影ではなく、高性能プロジェクターによる映像の制作&上映でした。現在、映像システムはもの凄い進歩を遂げており、プロジェクションマッピングに見られるような、完全な暗闇でなくても綺麗に映像を映し出すことができるんです。また、プロジェクターでの上映により、星空だけでなく数千数万もの流れ星を映し出したり、選手が登場したりと、映像の中でサッカーとのコラボが可能になる。プラネタリウムを映し出せない環境だからこそ導き出せたまさに「ケガの功名」な方法でした。

 上映する映像のストーリーは大平さんが考え、フロンターレからは中村憲剛選手と小林悠選手が参加。大平さん自ら演技指導をする熱の入れようで、両選手とも素晴らしい演技でファンタジー映像に華を添えてくれました。、
 3日間合計で約1500名の皆さんにご覧いただきましたが、上映中に観覧エリアから沸く「おおおー!」「わあーー!」の歓声に大平さんをはじめ、投影技術スタッフ、そしてこの上映会を主催し、上映調整に奔走した川崎市の職員の皆さんも笑顔に! スタジアムは試合を観戦するだけの場所ではなく訪れた人たちを更に幸せにする、スタジアムの新たな付加価値の提案ができたと思っています。そして、その価値は川崎の人材と、川崎市、そして川崎フロンターレがタッグを組んで創り上げたものです。自分たちの手で川崎をもっともっと楽しくて幸せな街に。これからも「MADE IN KAWASAKI」にこだわりアッと言わせる企画をおこなっていきます。
なお、「等々力スター☆ジアム」の上映は今のところ行われる予定はありませんが、フロンターレと大平さんとのコラボは近々また違った企画で行う予定ですので、どうぞお楽しみに!!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h