FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2014年12月25日(木)の日記

tag: その他, イベント

ブルーサンタ第2弾

text by 集客プロモG

昨日に引き続き、ブルーサンタの様子をお伝えいたします。
まず、12月17日にもう一つ訪れたのは聖マリアンナ医科大学病院。建物内で迷子になっちゃいそうなくらい大きな病院でしたが、こちらに登場したのはサネサンタこと、實藤友紀選手です。サネサンタは2年前にもブルーサンタを経験済ですが、最近自分にも子どもが出来たサネサンタ、果たして2年前と感じるものは違うのでしょうか。

さすが経験者、慣れた様子で現れたサネサンタは、控室での準備も慣れたものです。事前に行うクリスマスカードへのサインも、最初はサインだけ書いていたのですが、数枚描いたところで、これじゃわかりにくいねと、すべてに「サネサンタ」とわかりやすく追記してくれていました。こういう心遣いもやはりパパとなった余裕から生まれてくるんでしょうか。ただ、こちらでは入院されているお子さんの数がかなり多く、危うく開始時間に間に合わなくなるところでしたが…(笑)

そしていよいよレクレーションルームでクリスマス会が始まります。まずは恒例となりましたモミの木スタッフと、今回もご協力頂いているひとみ座さんプレゼンツの人形劇版ふろん太、ワルンタと会場を盛り上げます。一曲歌ってちょっと緊張気味だったみんなも和んだところで、サンタさんをみんなで呼び込みます。
大きな声で「サンタさーん!」と呼び込むと、今日はトナカイに扮したふろん太に先導されてサネサンタが登場。主役二人の登場に会場は盛り上がります。そして、ひとみ座さんのクイズ大会と続き、クイズ中も余裕のサネサンタはアドリブで盛り上げます。そして最後にみんなで「あわてんぼうのサンタクロース」を大合唱し、会も終わりというところで、待ってました、サンタさんからのプレゼント。

一人ずつ名前を呼んでプレゼントを渡していきます。クイズ中もすごく元気だった男の子が、なかなか自分が呼ばれずにちょっと不安そうな表情になっていくのが可愛らしかったです。その分、やっと自分の番が回ってきてプレゼントをもらえた瞬間のあの笑顔は、最高の笑顔でした。プレゼントを配り終わると、逆にみんなからサネサンタにメッセージカードのプレゼント。これにはサネサンタはとても嬉しそうでした。そして会の最後にはサネサンタとの記念撮影。ここではいつも皆さんから苦笑いを頂くモミの木が、意外に人気でスタッフもご満悦でした。なんと「もみのきくん」という歓迎のカードも壁に飾ってくれていました。今後のモミの木人気に注目ですね。

そしてその後、サネサンタはふろん太トナカイとモミの木と一緒に、クリスマス会に参加できなかった子たちの病室にプレゼントを届けに行きました。このちょっと早い時期の、しかもちょっと色の違ったブルーサンタの登場にみんなにも喜んでもらえたかなぁ。
自分がパパになって初めてのブルーサンタにサネサンタも前回よりもずっと感じるものがあったようで、「また来年も来たいです!」と、逆に子どもたちから力をもらったようでした。

そして最終日、18日に訪れたのは、チームもいつもお世話になっている関東労災病院。こちらに登場したのは、ブルーサンタ初登場の谷口彰悟選手扮するショウゴサンタです! 川崎フロンターレが誇るイケメンサンタの登場(笑)。

とある収録から直接駆けつけたショウゴサンタ、初めてのブルーサンタでちょっと緊張気味でしたが、おかげで早めに到着してゆっくりと準備が出来て、これまた完璧ショウゴです。クリスマスカードにサインしながら自分も子どものころに盲腸で入院した経験を思い出していました。そうこうしているうちにあっという間にクリスマス会スタートの時間に。
ひとみ座さんとモミの木の時間の後、すぐにショーゴサンタ登場のタイミングです。すごーくまじめなショウゴ、やっぱり少し緊張気味。でもそこはさすが、そつなく完璧にブルーサンタを演じていきます。ひとみ座さんのクイズは結構難しいなと思う問題もありましたが、みんながショウゴサンタと一緒に考えて見事に全問クリアしていきました。途中、とある問題で正解が出た後、ショウゴサンタが一安心していると、答えは一つではないと人形ワルンタからショウゴサンタに名指しで指名が来たときは、ショウゴサンタも油断していたらしく、何も答えられず、「完全に頭の中が真っ白になってちょっと焦りました」とかわいい一面も(笑)。

クイズが終わってみんなで歌を歌い、最後にショウゴサンタからみんなにプレゼントタイム。一人ずつ丁寧に渡していく様子が、真面目なショウゴサンタの一面をよく表していました。
そして、そのあとは会に参加できなかった子たちの病室を回ろうとした時に、とあることが発覚。実はせっかくサインを書いて用意していたクリスマスカードを渡し忘れていたのです。いつもミスなく完璧なショウゴの珍しい一面も見られました(笑)。でも、これは、ショウゴサンタが、本当に心から一人ずつ丁寧に心を込めて、プレゼントを渡すことに一生懸命になっていた証ですね。これもショウゴらしいです! もちろんカードは後で看護士さんを通じて渡して頂きました。

看護士さん二人がサンタの格好をして、スタッフの皆さんは皆クリスマスの帽子をかぶって盛り上げてくれた関東労災病院の皆さんもありがとうございました。

10年以上もずっと継続して行ってきているブルーサンタの活動。こういう活動を通じて川崎フロンターレが少しでも地域のお役にたち、地域から必要と認められることは、我々にとってはチームが試合でいい結果を出すのと同じように大事なことです。
復興支援活動もそうですが、これからも継続して行っていけるよう頑張っていきますので、皆さんもこれからも一緒に単なるサッカーチームではない活動の応援もよろしくお願いします!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h