FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2015年03月12日(木)の日記

tag: アウェイツアー

“あえて”遠回りツアー

text by 集客プロモG

3月7日(土)、2015年のJリーグが開幕しました!
開幕戦の相手は隣町の横浜F・マリノス。川崎から一番近場のアウェイという事もあり、多くのサポーターが日産スタジアムに駆けつけました。

例年、横浜F・マリノスとのアウェイゲームでツアーを組むことはないのですが、今年は、「“あえて”遠回りツアー〜陸・海・空から神奈川を制覇し敵地へ〜」と銘打ち、JTBアウェイツアーを開催。

当日の集合時間は朝の8時。「試合は15時からなのに、こんなに朝早いのか・・・」と皆さん思ったことでしょうが(笑)、誰一人遅刻することなく定刻で出発しました。
しかし、肝心のあの男が乗っていません。今回参戦が決定していた伊藤宏樹です。なんと、ヒロキ自ら「皆とは違うところから乗車したい。」「ヒロキーを探せ! やらない?」との発案があり、途中から乗車することに。しかも、ツアーの参加者が道端にいるヒロキを見つけられない場合は、そのまま通過してしまうというなんともハイリスクな企画。我々スタッフは「本当に大丈夫かなぁ…」と不安でいっぱいでしたが、バスが出発して30秒ほど。意外とすぐに見つかりました(笑)
普通に道端を歩いていたヒロキ。バスの車内には「いたー!!!」と皆さんの元気な叫び声が響いていました。皆さん、朝早くからお付き合いいただきありがとうございます。一番初めに声を上げてくれた方には、ヒロキからオリジナルヒロキーシールがプレゼントされましたよ!

いきなりのリアルヒロキーを探せ! で車内が温まったところで、JTBアウェイツアー恒例のBINGOゲームを開催! 今回は相手が横浜F・マリノスということもあり、普段とは少し趣向を変えた景品を用意しました。昨年まで在籍した田中裕介選手(現ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC)の使用済みスパイクをはじめ、コミ、ケンタロウ、山瀬功治選手(京都サンガF.C.)、谷口博之選手(サガン鳥栖)など、フロンターレと横浜F・マリノス両方に関連する選手のトレカをセットにしたものなど。
他にも、ヒロキの背番号2を受け継ぐサネのサイン入りエキサイトマッチTシャツや、南武線アドトレインに掲示されていたホーム開幕戦の告知ポスターなど、ここでしか手に入らない貴重な景品を前に、皆さん、本気でビンゴを狙っていました。
後ろの方に座られたお一人様男性陣が一向にビンゴにならなかったり(笑)、やたらとリーチばかり増えていく方が居たりと、仕込まれてるのか?という状況もありましたが、大盛り上がりでビンゴゲームは幕を閉じました。

ビンゴが終わると同時にバスは横須賀に到着。当日、日産スタジアムには横須賀市長が来場されていたようですが、我々は逆に横須賀訪問です・・・(笑)

バスで「陸」を制覇した後は「海」を制覇すべく、まずは、記念艦「三笠」を見学。三笠の歴史をビデオで学び、三笠の大勝利に気持ちを高めた後、艦内自由行動。大砲を動かしてみたり、展望台から横須賀の海を見下ろしてみたり、楽しみ方は人それぞれ。お土産として必勝祈願や合格祈願のお守りを購入される方もいましたよ。
ヒロキもロケハンで学んで知識を生かして、参加者の皆さんをしっかりアテンドしていました。そして今回、各立ち寄り場所でも、「出張ヒロキー探せ!」と銘打ち、どこかに仕込まれたヒロキーシールを探すゲームも行いました。ここ三笠では終了時間ギリギリのところで女の子が無事見つけてくれ、ほっと一安心。バスに戻ったヒロキは「みんなちゃんとヒロキー探せ! やってました!?」「忘れてたでしょ?」と若干落ち込んでいましたが(笑)、実は三笠の見学がなかなか盛りだくさんで楽しく、見学に夢中だったんですよね。参加者の皆さんもおっしゃっていましたが、こんな近くに、実はこんなに面白いところがあったんですよね。

 そして実は三笠さんから嬉しいサプライズがあったのです。
「Z旗」という三笠でも実際に掲揚されている勝利に縁の深いフラッグがあるのですが(詳しくはウィキペディアにて。笑)、なんと、この三笠でも掲揚されている本物のZ旗と、あと「必勝」と入ったポスターをプレゼントいただきました! 我々の勝利を願って粋な計らい、本当にうれしかったです。そして、そのZ旗は確かに日産スタジアムで参加者の手によって掲げられ、こちらも勝利に一役買っていたのではないでしょうか!?「Z旗」のパワー侮れません。

そして、三笠を後にし、次の目的地は「空」と銘打つ横浜ランドマークタワー。車内では、こちらもアウェイツアー恒例の、選手ビデオメッセージが放映されました。ケンゴは「またフロンターレらしい企画に付き合ってもらい、ありがとうございます。」「俺は好きですけどね、こういうの」「ピッチ外のところでも楽しませていきたいと思いますので、どんどんヒロキさんをこき使ってください」とコメント。一同が笑いに包まれる中、ヒロキは「お前にはこき使われないからな!」とケンゴに対して相変わらずの強気でした。ヒロキが乗っていると、ビデオメッセージともやり取りが発生してさらに楽しさが膨らみます。

そして、少し時間が出来たので皆さんからヒロキへの質問タイムへと突入。いくつかご紹介します。
・開幕前の選手の心境は?「やっぱり開幕は特別。期待と不安が入り混じっている感じ。」
・ホームとアウェイ、どちらから開幕がいいか?「やっぱりホームの方がテンションは上がるかな。でも、最終戦も絶対等々力でやりたい(アウェイ開幕の場合、最終戦がホームとなることが多い)ので、どちらとも言えない。」
・思い出に残っている開幕戦は?「2006年の新潟戦。ガナがハットトリックして6-0で勝った試合。あれでチーム全体が勢いに乗って突っ走れたのを覚えている。」

ヒロキの開幕裏話が聞けたりするのも、これまた宏樹と行くアウェイツアーの魅力です。そうこうするうちにバスは横浜ランドマークタワーに到着。日本最速のエレベーターに乗り、あっという間に69階の展望フロアに到着。雨もぱらつくあいにくのお天気でしたが、このころにはかろうじて視界も晴れ、横浜を一望する景色は絶景そのものでした。決戦の地、日産スタジアムもバッチリ見え、今日の歓喜を上空からイメージ完了!
「空」を制覇し、これで陸・海・空を完全制覇! 勝利をぐっと引き寄せたことは間違いなし。ですが、最後はやはり「神頼み」ということで次の目的地、サッカー神社として名高い師岡熊野神社へ。

社紋が三足烏の熊野神社は、日本サッカー協会とのつながりも深く、日韓ワールドカップ後から「サッカー神社」として多くのサッカーファンに親しまれてきました。そんな熊野神社で今回は特別にご祈祷をしていただけることに。ご祈祷中に「川崎フロンターレアウェイツアー御一同」の名前が呼びあげられ、今回にちなんだ祝詞の内容にはなんだか感慨深かったです。もちろん住所は聖地等々力の住所で祈祷いただきました。本格的な必勝祈願でみなさんのテンションもマックスに!

そしていよいよ、ボリュームたっぷりとなった遠回りツアー、当初の予定よりもだいぶ遅れましたが、無事、日産スタジアムへ到着。
“あえて”遠回りした甲斐あってか、試合は3-1でフロンターレの勝利! 見事に開幕戦で勝ち点3を手に素晴らしいスタートが切れました!
アウェイツアーに参加した方は全員「この勝利は自分のご利益のおかげだ!」と心のどこかで思っているのではないでしょうか(笑)間違いありません!!

JTBアウェイツアーでは今年も様々な企画を実施していき、アウェイツアーのファンもどんどん増やしていければと思います。
現在はコミケツアーと山形戦、清水戦のツアーを募集中。皆さんのご参加をお待ちしております!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h