FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2015年06月08日(月)の日記

tag: カブレラ

「カブの日」part1

text by カブレラ

皆さんどうも〜! カブレラですっ。

昨年、フロンターレサポーターを震撼させた突然の誕生から約1年。おかげさまで皆さまからの温かな愛につつまれながらノビノビとフロンターレライフをエンジョイしているよっ(^^)/
ただ、フロンターレマスコットといえば、やはりアイツ、いや、ふろん太がこのクラブのドンとして、いつもサポーターから脚光を浴びているわけです。最近は、そんな状況が当たり前と言わんばかりに態度も大きいんです。サポーターの方がぼくに大好きなアメをプレゼントしてくれた時も、「オマエの物はオレの物、オレの物はオレの物!」と、どっかの誰かさんと同じようなことを言っちゃって、全部食べちゃう傍若無人ぶり。コムゾーくんだって良く思ってませんよ。

立場としては、ぼくもふろん太さんと同じ「公式」になったんだよねっ(`ω´)☆ ぼくがピーカブーだった時代ならまだしも、今は立場的に同格なのに、ふろん太さんだけがいつもチヤチヤもてはやされて、写真を撮る時はいつも真ん中なんてやっぱり納得いかない! そこで自分の労働環境は自分自身で変えなきゃと、スタッフくんに申し入れをしてみたの。「毎回なんて贅沢なことは言いません。せめて年に一度くらいは、ぼくが主役の日をつくってください!」ってカブを握る拳にも力が入ったねっ。
そしたらスタッフくんの方も、ぼくのあまりの力説に、「んーー、ふろん太が毎回サブキャラっていうのは大人の事情でマズいけど、年に一度だけカブレラが主役っていうのなら、まっいいか。父の日や母の日もあるんだから、カブレラがもてはやされる日=『カブの日』を制定しようか!」と提案を受理してくれたんです!

そんなこんなで、昨年の8月、ホームゲームに合わせて、ぼくを祝う初めての「カブの日」イベントが行われたんだよっ☆いや〜、実に盛大だったなぁ(o˘◡˘o) イベントは全てぼくの名前「カブ」に関わる楽しいものだったし、サポーターのみなさんからも沢山アメのプレゼントをいただいちゃって、夢のような一日だったな〜っ♪

そして、あれから一年。またぼくが主役の日が近づいてきたね!! スタッフくんには「昨年以上に盛り上がるイベントでぼくを祝えないなら、セカンドステージはストライキを起こすよっ」って脅しといたから、みんなアイデア絞っていろんなことを企画してくれたよ。今日はそんなカブの日のイベントをみんなに紹介するね。

まずは何と言ってもその数に驚かされる「カブトムシつがい1000匹採集」。ぼくの「カブ仲間」であるカブトムシを、オスとメスのつがいで採集できるコーナーねっ。サポーターのみんなもカブトムシは見たことあると思うけど、一度に1000匹なんて見たことないでしょ。このカブトムシはね、茨城県に本社のあるカブトムシの養殖や飼育グッズを取り扱っている(株)ミタニさんが、フロンターレのイベント理念に賛同してくれて全部無償で提供してくれているんだ。
どんなに大事に育ててもカブトムシって冬を越すことなく死んじゃう生き物。でも自分で採集して大切に育てたからこそ、子どもたちはカブトムシが死んじゃったとき、悲しくて寂しくてポロポロ涙が出てくると思うんだよね…。カブトムシの採集、飼育を通じて命の尊さを考える機会を川崎の子どもたちに提供したいっていうクラブの考えに(株)ミタニの三谷社長が共鳴してくれて実現したんだ。

カブトムシ採集会場は、フロンパークに生えている生木の周りをうまく囲って、本当の雑木林に来たような感じで採集するんだけど、もうそこにある木には、カブトムシがウジャウジャ! これから育てるカブトムシを自分で採れるなんて、都会の川崎では考えられないイベントだね。うまく育てればメスがタマゴを産んで、また来年カブトムシを育てられるからみんな可愛がってね〜!

それと、昨年はケンゴくんとヨシトくんが育てた「ケンゴ&ヨシト最強カブト採集」っていうコーナーがあったけど、今年は、ショウゴくんとリョウタくんが飼育に挑戦したよ。2人が育てたんだから、角がスラッと伸びて笑顔がキュートなカブトムシであること間違いなし! この「イケメンカブト採集」は、後援会会員限定。特製飼育セットも付いてくるから要チェックだよっ。
この他にも、世界の珍しいカブトとクワガタの展示や当日採集したカブトムシと遊ぶコーナーもあるからお楽しみに〜!

次に紹介するのは、ボーイスカウトの下部組織「カブスカウト」とコラボした「カブスカウトキャンプフィールド」。昨年も開催したコーナーだけど、今年はさらにパワーアップしているんだよっ。
みんなはキャンプと聞くと何を思い浮かべる? ぼくは、木陰に吊るされたハンモックでのうたた寝かなっ(笑)当日は、コールマンさんの協力で、会場に設置されたハンモックを体験することができるよ。また、その横のブースでは、丸太を切ってぼくの顔のコースターを作ったり、バーナーで淹れるコーヒーコーナーなんかもあるから、インドア派のコムゾーくん誘ってみて、ぼくも行ってみよう!!

まだ告知したいことがあるんだけど…今日はここまでっ☆
明日の日記も読んでね〜(^^)!!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h