FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2015年07月05日(日)の日記

tag: アウェイツアー

JTBアウェイツアー鹿島戦

text by 集客プロモG

今日は6月27日(土)に実施しました鹿島アントラーズ戦アウェイツアーの模様をお伝えします!!
今回は、「あなたのフロンターレ愛を試します」と銘打って、いつもの車内ビンゴ、選手ビデオメッセージ、広報コメント以外の目玉として、選手のナマ声入り目覚まし時計が当たる「フロンターレクイズ」を企画しました。おかげさまで、バス11台、総勢457名様にご参加いただき、試合にも見事勝利、最高のアウェイツアーとなりました。

まずは、キックオフ4時間前にスタジアムに到着する「早達バス」2台がお昼の12時に早くも出発。一足お先にカシマスタジアムに向かいます。そして、ハイグレードバス2台と通常バス7台が出発する14時が近づくと、集合場所の武蔵小杉タワープレイス前には、フロンターレカラーを身にまとったサポーターたちであふれかえり、自然とテンションも上がります!!
こうやってみんな集まって盛り上がって遠征に向かえるアウェイツアーの魅力の一つです。そして、出発する頃には、そんな皆さんの熱気に吹き飛ばされてか、心配していた雨もやみました。

バス車内では、まずはいつものアウェイツアー恒例の車内ビンゴで盛り上がり、今回から2015JTBアウェイツアーオリジナルグッズのエコバッグに、怪我から復帰して今後はリオ五輪予選を控えるリョウタバージョンも登場しました。その他にも横浜銀行様ご提供の「はまペンの貯金箱」やZoff様からご提供の「サングラス」、プーマ様からご提供の「ナイロンバック」、オリヒカ様からご提供の「ポロシャツ」など盛りだくさんで安定の盛り上がりを見せます。ビンゴが終わったころには幕張のSAに到着しひと休憩。今回もお一人での参加も結構いらっしゃいましたが、やっぱりフロンターレファミリー同士、この頃にはもう自然と打ち解けて元からの知り合いのようになっています。また、今回は初めての参加の方も結構いらっしゃいましたが、このビンゴの盛り上がりにさっそくアウェイツアーの楽しさを感じていただいていました。

そして、今回も当然あります、恒例の選手からのビデオメッセージ。アウェイツアー参加者向けに特別に収録している選手のダイレクトメッセージでアウェイの地に乗り込む皆さんの気持ちを更に高めます。VTRの中で選手達は口々に「勝利」を誓っていました。

そして、いよいよ今回のアウェイツアー新登場の目玉企画、フロンターレクイズにチャレンジの時間がやってきました。「あなたのフロンターレ愛を試します!」との名の通り、フロンターレの過去の問題から、選手問題、マスコット問題、プロモーション問題など、フロンターレに関わる様々な問題が出題。なかなかの難問揃いでした。でも、大丈夫です、そこは○×クイズゆえ、答えがわからなくてもフロンターレ愛の気合いと運で見事正解することもできるようになっていたので、お子様やサポーター歴の浅い人もご安心! 誰にでも賞品ゲットのチャンスがありました。

ここで特典の超レア、選手のナマ声入り目覚まし時計が自分のバスがどの選手なのかも発表され、これもドキドキで楽しみの一つでした。それぞれ個性溢れるナマ声に各バスで盛り上がります。今回、選手のナマ声は11選手のパターンをご用意、登場選手は、イガ、ショーゴ、コミ、ケンユウ、ユウ、ヨシト、ケンゴ、リョータ、ケンタロウ、ノボリ、タサ、の11選手でした! 選手によってはユーモアたっぷりに入れてくれている選手もいれば、イケメンのあま〜い声で、女性の歓声が起こるような目覚ましボイスもあり、世界にひとつだけの超激レア賞品です。獲得目指して皆さん、ちょ〜真剣にクイズに答えていました。

クイズの後にはこれまた恒例、川崎フロンターレ広報部による選手達の裏話である「広報こぼれ話」。今回はノボリの話、ケンゴの話、そして田坂選手の帰国秘話?!、先日等々力に来てくれた川島選手の話などなど、いつもの通りこれはアウェイツアー参加者の特典なのでここで詳しくは書きませんが、楽しんでいただけたのではないでしょうか。ちなみに今回はいつもに増して超長文。道が順調過ぎて予定より早めに着いた早達バスなどは、カシマスタジアムの駐車場についてもまだ読み上げが続いていたくらいです(笑)

参加されたことがない方はわからないかもしれませんが、今回は実に読み上げが15分を超える長さでした!ここまで来ると“広報こぼれ話”どころか、一つの“広報物語”ですね。これを聞くとますます選手の素の部分が垣間見れ、ますます愛情が深まるんです。これもアウェイツアーにリピーターが多い事と関係があるのかも。

スタジアムについてからは参加者それぞれが応援の準備だったり、モツ煮などのスタグルを楽しんだりして試合開始を待ちます。応援ではツアー参加者も含めフロンターレ側ゴール裏、そしてメインスタンドの方にも、たくさんのサポーターの皆さんに駆けつけていただきました。アップの時から声援を送り、試合終了となるその時までチームへの後押し本当にありがとうございます。結果はご存知の通り3-2でフロンターレの勝利!! スタンドで一緒に応援していて鳥肌が立ちました。

そして帰路につき、やっぱり勝利の後の帰り道は気分がいいですね。みんなでそれぞれ試合の各シーンの話をしたり、「勝ちました〜!やったぞ〜!」の記念写真を撮ったり、今日の特典の一つで全員にプレゼントされた、こっそりカブレラ入りオリジナルアイマスクをみんなでつけての記念撮影(全員アイマスクをしている光景は異様以外の何物でもなかったですが。笑)や、勝ち試合の余韻を楽しみます。

そして今回は復路でもフロンターレクイズの解答と各バス優勝者の発表のお楽しみがあり、ほんと盛りだくさんでした。なかなかの難問に皆さん苦戦されたようですが、中にはなんと全○×15問中、14問正解のツワモノも。バスによっても異なりますが、だいたい12〜13問正解ぐらいがトップだったようです。正解数が同数だった場合の順位決定用に設定された16問目の数字当てクイズも、昨年のフロンターレのリーグ戦ホーム総入場者数を当てる問題でしたが、これもなかなかニアピンの方がいてびっくりでした。さすが皆さんフロンターレ愛が半端なかったです!
今回は初めてアウェイツアーに参加した方もとても多く、アウェイツアーの魅力を思う存分堪能していただけたようで、「すごく楽しかった。また参加したくなりました!」と、話してくれました!!

武蔵小杉に戻ってきてツアー解散で皆さんを送りだす時は、「今日もありがとうございました!」「次もがんばりましょう!」と声をいただき、本当に皆でアウェイに行ってきた一体感を感じることが出来る瞬間です。セカンドステージもぜひJTBアウェイツアーで一緒にアウェイの地へ駆けつけましょう!! そして共に戦いましょう!!

7月19日(日)19:00キックオフ、日立柏サッカー場で行われる柏レイソル戦、それから7月29日(水)19:00キックオフ、松本平広域公園総合球技場で行われる、松本山雅FC戦も絶賛募集中です。詳しくはこちら

皆さんのご参加をお待ちしております!!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h