FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2015年08月19日(水)の日記

tag: イベント

イベント三昧の平日ナイター

text by 集客プロモG

8月12日(水)のモンテディオ山形戦は夏休みの平日ナイター。多くの子どもたちに楽しんでもらうべく、プロモーションイベントが2本立てで行われました。

まずは「ヒロキーの自由研究」から。
夏休みということで、平日にも関わらず15時から配布の全ての整理券がすぐに配布終了となるほど、小学生を中心にたくさんの人が参加しました。

メインステージで行われたのは、「科学実験教室」。先生には学研科学創造研究所の湯本所長、助手には科学が大好きで有名?なヒロキ―とSuki Sukiフロンターレの阿井莉沙さんという豪華メンバー。実験では、空気の力を利用して一斗缶を潰したり、ピンポン玉を真空砲の力でダンボールを貫通させてしまうなど、不思議な体験をさせていただきました。なかでも、液体窒素を使った実験では、沸騰した100℃のお湯のなかに、-196℃の液体窒素を入れてみると…ドカーンとまるで雲のようなものが! これには座って見ていた子どもたちもビックリ。「もう一回!」と声が出るほどの大盛り上がりでしたよ。
今回、湯本先生に様々な科学実験を見せてもらい学ぶことができました。この体験をぜひ、夏休みの自由研究にいかしてくださいね。

また、各ブースの工作教室では自由研究のヒントになればと夢中で向き合っていました。

夏休みの工作にピッタリなホバークラフト工作教室。必要な材料はペットボトル、ゴム風船、CD、ビニールテープ、両面テープのみ。これだけでホバークラフトが作れるということもあり、小さなお子様もたくさん参加されていました。ペットボトルや風船部分にペイントをするなどオリジナルのものを作っている子も多くいました。工作後は完成したホバークラフトを使って、ふろん太が守るゴールを狙ってのPKゲーム。賞品をゲットするために、一発で決められず何度も挑戦する子もいました!
今回は350mlのペットボトルで工作したのですが、これを500mlや1000mlなどの大きなペットボトルで作ったり、空気を逃がす穴を底の部分だけでなく横に作ったりして両者の比較をしたりすると研究要素も出てきてまた面白いかもしれませんよ。

ペットボトル空気砲工作教室は、風船とペットボトルだけでオリジナルの空気砲が簡単に作れてしまうということもあってか大人気!
みんな思い思いのオリジナル空気砲を作っていましたよ。中には「フロンターレ絶対優勝」と書いた空気砲を作ってくれた方もいましたし、講師の方からこの空気砲を使って実際にできる自由研究の方法もレクチャーしていただきました。自由研究がまだだった方はぜひ実践してみてくださいね!
そして工作教室が終わると、今度は自分が作った空気砲を実際に使って行う的当てにチャレンジ! なんと景品は現役選手のサイン入りトレカ、ヒロキーの現役時代のサイン入りトレカ、チップスターということで参加者の方々の表情は真剣そのもの(笑)
子どもたちが目的の的に見事的中させて大喜びする姿は、とても微笑ましい光景でした。

真夏といえばアイス!
ということで、ヒロキーが自由研究のテーマとして考えたのは手作りアイスクリーム。
アイスクリーム作りが始まると、ブースは大盛況。家庭にある身近なものでできることに参加者のみなさんは驚いていました。
子どもたちも、水は何度で氷になるのか、なぜ塩を氷にかけると温度が下がるのかなどなど、いろいろな疑問を解決していくうちにアイスは完成!
こんなに簡単にアイスができることに周りで見ていたお父さんお母さんたちもびっくりしていました。
ぜひ家でもいろいろな味のアイスクリームを作って、自由研究に役立ててください!

そして極めつけは、この日を記念してついにヒロキーグッズが登場!! 買っていただいた方、あなたには幸せが訪れます!!!!

続いては富士通スタジアム川崎PRイベント「アメフトーーク」です!
今年からフロンターレが指定管理者として運営している「富士通スタジアム川崎」の最大利用団体であり、専用球技場でもアメリカンフットボール富士通フロンティアーズの全面協力のもと開催されたこのイベント。練習終わりで疲れているなか、ほぼ全選手が等々力に駆けつけてくれました!

フロンパークは防具着用体験やタックル体験、キャッチボール体験、キック体験、ボール投げゲーム、フェイスペイントなど、アメリカンフットボールに関するアトラクションが盛りだくさん。アメリカンフットボールは初体験という子どもがほとんどでしたが、選手たちが優しく教えてくれていました。日本一のアメフト選手たちに投げ方や蹴り方を教えてもらう機会は滅多にないこと。皆さん、気づいていないかもしれませんが、これとても貴重な体験をしています!

また、「胴上げ体験」という一風変わったアトラクションも登場。アメフトと胴上げ?と思う方もいるでしょう。でも大学の合格発表の季節になるとニュースでアメフト部に胴上げされているシーンをよく見ますよね。あのイメージです(笑)
参加対象は「最近嬉しいことがあった人」。皆さんノリノリで参加してくれました! 中には「これから嬉しいことがあるはずなので胴上げしてください!」と懇願する方も。
いざやってみると、さすがはアメフト選手。一般人とはパワーが違います。皆さん予想外の高さに驚いた表情を見せていました。
人生で胴上げしてもらうなんてなかなかないこと。これもまた貴重な体験ですね!

アメリカンフットボールは全く分からない方でも楽しめる「対決コーナー」も用意しました。綱引きや腕相撲で選手に挑戦する子どもたち。綱引きでは選手2人に対するのは子ども10人以上。それでも本気で勝負して勝ってしまうフロンティアーズの選手たち。子ども相手でも勝負は勝負。負けず嫌いが強さの秘訣なのでしょうか。

フロンタールズとしてもお馴染みの富士通チアリーダー部、「フロンティアレッツ」の皆さんによるチアリーディングショーも開催。
お姉さんの動きに合わせて一生懸命ダンスをする姿は、とても微笑ましかったです。ハーフタイムにはキッズチアチームと共にチアリーディングショーに参加。元気いっぱいに踊っていましたね!ハーフタイムと言えばふろん太のダンス! 凄かったですね! チアの皆さんやフロンティーにも負けてなかった! この調子なら今後ファン感ではステージ担当?なんてことがあるかも…(どうだろう)

アメフト応援のど飴「飴太(あめふと)」販売や、マッチデープログラムにはケンゴと中村輝晃クラーク選手による「W中村対談」が掲載されるなど、イベント三昧のアメフトーーク。対談時、互いに意気投合した二人。実はトークが盛り上がりすぎてマッチデープログラムには収まりきらなかったのです。どこかで「後編」を発行したいと考えています!

アメフトーークのイベント後、観客席に移動したフロンティア―ズの選手たちは、90分立ちっぱなしで応援し続けてくれていました! 皆さんに応援に来てもらったので、今度はフロンターレ側が、フロンティア―ズの応援に!! ということで、8/29(土)からアメフトの秋季Xリーグが始まりますので、サポーターの皆さんぜひ! 富士通スタジアム川崎に足を運んでみてくださいね!

この日に一緒に遊んだ選手たちのプレーする姿が見られるはずですよ!!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h