FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2015年09月05日(土)の日記

tag: イベント

おはなし会@中原図書館

text by 集客プロモG

先日の30日に中原図書館で三好選手によるおはなし会が行われました。このイベントは、川崎フロンターレと川崎市教育委員会で協働実施している読書推進事業「川崎フロンターレと本を読もう!」の一環で市内各区の図書館、もしくは小学校で毎年行っています。おはなし会といっても絵本を子ども達に読むだけではなく、中原区井田に拠点がある人形劇団ひとみ座さんにご協力頂き、フロンタ、ワルンタやフーランの人形を使って読書の楽しさや大切さを伝える人形劇も上演してもらっています。そのおかげもあり、このおはなし会は毎回、図書館では定員がいっぱいになる人気のイベントになっています。

三好選手は、もちろん本の読み聞かせは初めての経験で中原図書館に来た時からちょっと緊張した様子。ただ、会場の中原図書館は昨年まで病院に行く前の空き時間などでよく利用していたとのことで、なじみ深い場所だそうです。到着すると早速、今日読む本の選定を開始。図書館にある膨大な数の絵本から選ぶと時間が掛るので、図書館員の方に15冊ほどざっくばらんにピックアップしていただいていた本の中から選ぶことに。参加者の年齢層や流行の本のことなど質問しながら三好選手が選んだのは「ぼくのくれよん」。選ぶ本の中には、三好選手のお兄さんやお姉さんから譲ってもらって読んだ絵本もあって懐かしがっていましたが、「ぼくのくれよん」は色がたくさん使ってあり見た目が楽しそうだったからと決定。

後はイベントを待つのみと思いきや、この後はひとみ座さんとの人形劇の打合せ。実は三好選手、イベント開始の一時間前以上に会場入りしてもらい、イベントの為に準備をしてもらいました。ひとみ座の劇団員の皆さんは、席詰めパフォーマンスで毎試合、等々力に来ているだけあって小学生からフロンターレ一筋の三好選手が参加することにとても感動していてくれていました。そんなことで三好選手に協力してもらう人形劇の部分のリハーサルはなごやかに進み、滞りなく終わりました。

絵本の読み聞かせを練習しながらイベント開始までの待つ余裕ができるぐらい準備もうまく進み、あとは開始を待つのみ。会場はオープンになると事前に整理券を貰っていた参加者の皆さんで一杯に。フロンターレのユニホームやTシャツを着た子ども達もたくさんいて、会場を覗いた三好選手もちょっとほっとした様子。参加者の方もほぼ定員が集まり、時間通りおはなし会はスタート。
三好選手が登場すると、参加者の方から拍手共に「昨日試合会場で会ったよ~」等の声が聞こえてきて、フロンターレのサポーターの方も多くいるんだなと認識できました。

人形劇は三好選手の自己紹介から始まりましたが、緊張しているのが見て取れ、ちょっと心配しましたが…、劇が進むにつれフロンタやワルンタと絡んでいくと緊張がほぐれてきて、人形劇の中で出題されるクイズで子ども達を盛り上げて答えを引き出すなど大活躍。
小さい子ども達も劇に途中では立ち上がって声を上げたり、小さい子によく見られる飽きた感じもなく大盛況で人形劇はあっという間に終了しました。

人形劇の後は、三好選手が選んだ「ぼくのくれよん」の読み聞かせを披露。子ども達に絵本を読むのは当然、初経験でしたが自分の小さい頃のこと等を思い出しながら読んでみたとのこと。参加者の方からは「初々しい感じが好感を持てた!」「子どもが聞きやすいようにゆっくり読んでいてくれたのがわかった!」などのお声を頂き、無事終了! 最後は、参加者の方との記念撮影とサイン会。イベントが無事に終わり、ホッとしたのか終始、笑顔で参加者の方と交流を深めていました。

三好選手自身「緊張しっぱなしでしたが、楽しかったです。また呼んでください。」と感想。参加者の方からも「ひとみ座さんとの掛け合いが面白く、劇中に出できた絵本を子どもと図書館で借りました」「子どもが本にもサッカーにも興味を持ち始めた」「大人見ても笑ってしまう楽しい人形劇でした」などの感想を頂きました。

この読書推進事業「川崎フロンターレと本を読もう!」は、おはなし会の他にも10月中旬にある「かわさき読書の日」に合わせて、川崎市の全市立図書館と小学校、中学校にフロンターレ選手がお奨めする本のリーフレットを配布します。また川崎フロンターレ後援会の会員の方に発送する会報誌にも同封予定です。この秋は、是非お手に取って「読書の秋」をフロンターレを通して楽しんでみてはいかがでしょうか。

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h