FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2015年12月20日(日)の日記

tag: 富士通スタジアム川崎

JAPAN X BOWL富士通フロンティアーズ応援ツアー

text by 指定管理プロジェクト

皆さんこんにちは。12月14日(月)富士通スタジアム川崎主催で「初」のバスツアーが催行されました。そのツアーとは「JAPAN X BOWL 富士通フロンティアーズ応援ツアー」です! このツアーは社会人アメリカンフットボールNo1を決定戦「JAPAN X BOWL」に挑む、富士通フロンティアーズを応援するために企画したもので、今年富士通スタジアム川崎が行ってきたアメフトイベントの総決算でもありました。

ツアーの対象はフロンターレ後援会会員の皆さん。しかし、フロンターレサポーターの方は、毎年進化していく「JTBアウェイツアー」を知っているので、ものすごくハードルが高く、「一体どのような特典をつけたら喜んでもらえるだろう?」と悩みに悩みました。そんなとき、富士通フロンティアーズのスタッフさんに相談したところ、「何でもやりましょう!」と一緒に盛り上げてくださったこともあり、東京ドームのフィールドツアーや選手のサイン入り色紙プレゼントなど、様々な豪華特典が実現しました。なかでも参加者に大人気だったのが、フロンターレ×フロンティアーズのコラボタオマフです。このタオマフ欲しさに参加した人もいたそうですよ。これ、実現したのが奇跡といえるほど、超レアなグッズです。

アウェイツアー恒例の選手コメントも今回はフロンティアーズ仕様。選手の皆さんは初めてのコメント撮りとあって緊張されていましたが、カメラが回ると表情が一変! 力強い言葉でビシっと決めてくれました。特に印象的だったのがアルリワン アディヤミ選手。「フロンターレサポーターが応援に来ます。メッセージ下さい」と私がカメラを回すと、笑顔でうなずき、「レッツゴーカワーサキー!」と大声でフロンターレの応援歌を熱唱。以前、「アメフトーーク」イベントで等々力に来た時に覚えたそうです。これにはバス車内大爆笑でした。でも、こういうのが嬉しいですよね!!

富士通スタジアム川崎を出発したバスは順調に進み、定刻通り東京ドームに到着。このあとはお待ちかねのフィールドツアーです。このツアーの目玉特典となっている東京ドームフィールドツアーですが、我々スタッフ甘く見ていました…。
その名の通り、フィールドとグルっと回るくらいなのかなと思っていましたが、フロンティアーズスタッフの方のご好意により、なんと選手入場をすぐ真横で見られることに!! 参加者が両サイドに花道を作り、その間をアドレナリン最高潮の選手たちが、雄叫びを上げながら駆け抜けていくのです。それに呼応してスタンドからは割れんばかりの大歓声。その瞬間、かなり鳥肌が立ちました…。きっと参加された皆さんもそうだったはずです。

いよいよ試合がキックオフ。外野席までビッシリと埋まった東京ドームは富士通フロンティアーズの赤と、パナソニックインパルスの青が映え、ものすごい雰囲気でした。野球観戦やコンサート会場として東京ドームを訪れたことがある人は多いと思いますが、アメフトはまた違った迫力があります。
ツアー参加者以外にも、多くのフロンターレサポーターが東京ドームに駆け付けました。「この日のために、フロンティアーズの応援を覚えてきたよ!」というサポーターもたくさんいて、「ここは等々力か?」と錯覚するほどに声を出して盛り上がっていました。また、川崎市内で働く富士通社員の方や、川崎市福田市長も応援に来られ、1塁側のフロンティアーズ応援スタンドは、まさに「チーム川崎」です。当然、ふろん太も応援に参加。ふろん太は今年1年、富士通スタジアム川崎でほぼ全試合フロンティアーズを応援してきました。もうチアリーダーやフロンティーとの呼吸はバッチリ!

決勝に相応しい緊迫した試合は4Qで大きく動きます。それまで順調にリードを奪っていたフロンティアーズですが、終盤のパナソニックインパルスの勢いを止められず、残り僅かのところで逆転を許してしまいます。最後の攻撃も得点には結び付かず、21-24で敗戦なりました。終盤での逆転負けという、とても悔しい結果。

富士通スタジアム川崎の指定管理をきっかけに、今年から深く関わらせていただいた富士通フロンティアーズの皆さん。競技は違えど、共に川崎を豊かにすべく、川崎で活動している仲間です。私もそうですが、フロンティアーズを通じてアメフトの魅力にハマったという人も多いのではないでしょうか。この関係を1年限りで終わらせるつもりはありません。来年以降も互いに協力し、川崎を盛り上げたいと思っていますので、引き続きよろしくお願いいたします。フロンターレサポーターの皆さん、是非、富士通スタジアム川崎へフロンティアーズの応援に来てください! そして来年の12月、必ずこの悔しさを晴らしましょう!!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h