FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2016年02月10日(水)の日記

tag: クラブ, 遠征

2次キャンプ7日目

text by オフィシャルライター 麻生広郷

沖縄県中頭郡中城村で行われている2次キャンプ。
序盤は雨や強風でかなり冷え込みましたが、徐々に沖縄らしい陽気のなかでトレーニングができています。

「体には結構きてるかも。1次キャンプ、2次キャンプと、今までにないぐらいトレーニングをしてるんじゃないかな。多少痛みを抱えている選手もいるかもしれないけど、大きなケガ人もいないし、そういう中でタフにやれてるのはいいんじゃないですかね」と話してくれたのは、今シーズンもキャプテンを務めるケンゴ。
「闇雲に体力を消耗させるわけじゃないし、選手も頭を使いながらトレーニングしているから、みんないい状態でキャンプに臨めていると思いますよ。練習試合に合わせるというよりは、日々しっかりトレーニングをする感じ。かつてない調整法じゃないですかね」とケンゴは話してくれました。

キャンプ終盤に差しかかり多少疲れが蓄積されているようですが、そこは監督やコーチ陣が選手の様子を見ながら、うまくトレーニング量をコントロールして充実したキャンプを送れているようです。

そして皆さんも気になっている新加入選手ですが、「現時点で何人かチームのスピードについてきている選手がいるし、これから楽しみだね」と、風間監督も手ごたえを感じているようです。
「ただし、我々はシーズンを通して前に進んでいくチーム。全員が高いレベルについてきてもらわないと困ります。1チームだけでは年間を通して試合ができないので、すべての選手が1年を通してグラウンドに立って、トレーニングできるよう備えてもらいたいなと。まぁ、そこは選手がしっかりと自覚しているし、スタッフ全員で共有してスタートしているので、順調なキャンプを迎えられたと思います」と、既存の選手と新戦力の融合をテーマに、先を見据えたチーム作りが続けられています。

U-23日本代表の長い遠征から帰ってきた、新加入選手の奈良竜樹選手(タツキ)と原川力選手(リキ)は合流してまだ10日間ですが、少しずつフロンターレのサッカーやチームの雰囲気に慣れている様子です。

「チームの雰囲気には慣れてきています。練習も噂で聞いていましたけど、予想以上にテンポが速いし、まだついていけてないですね。ボール回しのトレーニングでは延々と鬼をやってます」とタツキ。
リキは「U-23の大会がひとつ終わってコンディションは100%ではないですけど、シーズン開幕までまだ時間があるので、焦りすぎず自分のペースで上げていくことを考えながら、チームに慣れていきたいと思います」と、それぞれ話してくれました。

U-23日本代表は夏にリオ五輪の大舞台が控えていますが、このキャンプでコンディションを整え、リョウタとともにフロンターレでも存在感を示してもらいたいと思います。

2次キャンプでは3チームとの練習試合が組まれていましたが、2月11日はひと区切りとなる3戦目の水戸ホーリーホックとの練習試合です。

追い込んだトレーニングが続き、心身ともに疲れがきていると思いますが、実戦練習を交えながらチーム全体、そして個々のテーマをさらに突き詰めてもらいたいですね。

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h