FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2016年05月07日(土)の日記

tag: その他

カブトムシ飼育日記

text by 集客プロモG

3/16の日記で報告した、6/25カブの日イベントのカブトムシ採集の仕込み作業を、先日、タサこと田坂祐介選手と行いました。
モリこと森本貴幸選手もカブトムシ飼育を一緒にやっていますが、今回入院中だったので田坂選手が森本選手の分まで頑張ってくれました!

この日実施したのは、幼虫の仕分け作業。
通常だとこんな作業は必要ないのですが、これをやったのには訳があるんです。

この作業をやる2週間前に、カブトムシ飼育のやりとりをタサとモリとしていると、タサから「自分の幼虫の様子がどうもおかしい」と。
見てみると幼虫が大きく何か部屋的なものを作っている!あきらかに「蛹室(ようしつ)」を作り始めているではありませんか!!
例年だと5月中旬から蛹室を作り始めることを、前回選手たちに飼育講座をしてくれた三谷さんから教えられていたので、これにはびっくり。
この調子なら6/25カブの日イベントの前に、成虫に孵化してくれそう!と喜んでいました。

ところが。育てるカブトムシの数が多いことから家に持ち帰ることができず、麻生グラウンドで育てている幼虫は、まだ蛹室を作る素振りすら見せていないとのこと…。
ちなみに、カブの日の当日、カブトムシの成虫になっていない場合に限り、オスとメスの蛹(さなぎ)が入った飼育箱を渡す予定にしています。
そう、今の大きな飼育箱に入っている幼虫たちが蛹室を作られてしまうと、飼育箱から動かせなくなり、当日皆さんにお渡しできなくなってしまうんです。

これは早めにメスとオスのつがいにして飼育箱にいれないといけない!ということで今回の作業をすることになりました。
少々説明が長くなりましたが、タサと予定を合わせて早速作業を開始。

2匹入るちょうどいい飼育箱を用意して、まずは黙々とマットを入れていきます。
モリの育てている幼虫は今回なかったので、全体の半分ちょっとの数の飼育箱でしたが、地味な作業が多いため「タサは飽きちゃうかな?」と思っていましたが、「最近、愛着が湧いてきて!」と嬉しいコメントとともに、積極的に作業を進めてくれました。

この日、もう蛹室を作って蛹になりそうな幼虫が入っている飼育箱を持ってきて嬉しそうにスタッフに見せてくれていましたよ。
スタッフは飼育箱を見た瞬間「デカっ!」と、幼虫の大きさにびっくり。
マットの中の糞をこまめに取り除き、幼虫が大きく育つようにとエサ木をマットに入れたりと、手を掛けてきた成果が幼虫の大きさに出ています!

逆に、麻生グラウンドで育てている幼虫は少しまだ小ぶり。
何でこんなに差が出るんだろうと思い、三谷さんに連絡を入れると「気温の差ですよ」と教えてくれました。
麻生グラウンドのカブトムシは、倉庫の中。タサが家に持って帰っている幼虫は温かい家の中で育てています。これだけでもかなり差が出るそうです。

タサの奥さんが、最近飼育箱から「ガサガサ」と音がすることをよく話題にしているとのこと。
室内犬ではなく“室内カブト”なるペットを育てているような感じになるぐらい愛情込めて育てているタサ。皆さん、カブの日を楽しみにしていてくださいね。

ちなみに、三谷さんが育てているカブトムシたちは細かい温度調整ができる室内で育てています。
なんと!成虫になるタイミングを1日単位でコントロールできるという、驚異の昆虫博士っぷり。
こちらも、皆さんが興奮するビックサイズのカブトムシを用意できるように、三谷さんは毎日欠かさずチェックをしているとのことなので、採集体験を楽しみに待っていてくださいね!

本題に戻りまして…タサの作業は、マットを入れ終わると大きな飼育箱から一匹ずつ幼虫を取り出し、オスとメスのセットにして小さな飼育箱に入れて無事終了。
あとは成虫になるのを待つだけになりました。この後は、成虫になったカブトムシのための飼育箱作りだけ。

うまく孵化できてカブトムシなったら、また皆さんに報告しますね。
それと、この日作業に参加できなかったモリからも「早く作業をしましょう!」と連絡が来ているので、どこかで報告できればと思っています。

タサもモリも、早く成虫になったカブトムシを見るのが待ち遠しいようです。
夏の始まりを感じられる体験を、6/25のフロンパークイベント「カブの日」で、皆さんも是非体験してくださいね。

またの「カブトムシ飼育日記」も、お楽しみに!!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h