FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2016年05月28日(土)の日記

tag: マッチデー

5月もラストゲーム

text by オフィシャルマッチデープログラムスタッフ

5月の過密日程も次節のジュビロ磐田戦で一段落。
水曜日に行われたヤマザキナビスコカップ グループステージのベガルタ仙台戦では、普段出ているメンバーから総入れ替えをして、見事に勝利しました。
5月はここまで3勝3分と無敗できているだけに、次節のジュビロ磐田戦を勝利で飾り、勝負の6月へ弾みをつけたいところです!

そのジュビロ磐田戦のマッチデープログラムでは、田坂祐介選手が登場します。

フロンターレでキャリアをスタートさせ、ドイツでの経験を経て一回り成長した田坂祐介選手。しかし本人は「よく聞かれるんですけど、そこまで大きく変わったことはないんですよね。しいて言うなら年齢が変わったぐらいで」と笑いながら答えていました。

それでも「内容に課題があるとしても、しぶとく勝点を拾えていることと、ゴール数を奪えているところは自信を持っていいんじゃないかなと。あと、しんどい時にはみんなで声を出せている感じはありますね。まとまりがあるというか一体感があるという。対戦相手からすれば“嫌なチーム”になってきていると思います」と冷静にチームの分析をしてくれました。
そして、1stステージの終盤に向けて「僕らが頂点を目指すためには勝ち続けるしかないので、みんなで一体になってどんどん勝ちを取っていければいいと思います」と話してくれた田坂祐介選手に、ジュビロ磐田戦も注目してみてください。

続いて、選手対談企画では、前回に引き続き谷口彰悟選手と車屋紳太郎選手の「熊本特別対談」の後編をお届けします。
今回の対談では、実際に二人が熊本を訪れた時の印象について、多くを語ってもらいました。そのほかにも熊本の良いところをたくさん語っているので、ぜひマッチデープログラムでお楽しみください!!

さらには、チョン ソンリョン選手の連載企画「川崎サランヘヨ」。
日頃から積極的に日本語を使いながらコミュニケーションをとっている、チョン ソンリョン選手。どんどん日本語を習得しているそうですよ。
そんなチョン ソンリョン選手が、過密日程が続く中で普段から心がけていることとは…!?
こちらの連載企画も必見です!

毎回、マッチデープログラム購入者全員についてくる選手オリジナルブロマイド。
今回は韓国代表にも選出されたチョン ソンリョン選手のほかに、エウシーニョ選手と車屋紳太郎選手の両サイドコンビが登場。
各ブロマイドとも数量限定ですので、お早めにお買い求めください!!

最後にマッチデープログラム販売所は、等々力の場内外あわせて6ヶ所。
場内は、「ホームゴール裏付近のF階段横、G階段横」の2ヶ所。
また、ビジターのサポーターの皆さんにもお買い求めいただけるよう、「ビジター側のL階段横」でも販売しています。
そして、新メインスタンドの販売所は「3階 場内総合案内所内」と「メインスタンドA階段横」となります。メインスタンドにお立ち寄りの際は、こちらが便利ですよ!
場外は「等々力プール前広場 フロンパーク内」にありますので、開場前はこちらでお買い求めください!!

皆様のご来場、お待ちしております!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h