FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2016年06月03日(金)の日記

tag: 応援番組

応援番組

text by 高木聖佳&イルヴィン・コージ&栗原治久&木村朱美&阿井莉沙

本日は応援番組のご案内です!

まずは、FMサルースのパーソナリティ高木聖佳さんから!

こんにちは!高木聖佳です。

磐田戦の劇的勝利、嬉しかったですねー☆
1stステージ優勝に向けてひとつひとつ!と言いつつも、ついつい気持ちが盛り上がってしまっています…。

さて、今週のゲストは安藤駿介選手!!
我らがアンちゃんを迎え、久しぶりのスタメン出場を果たした先週のナビスコ仙台戦の話などなど伺いました~。

スタジオ登場も1年半ぶり。
ミューフロ登場回数は多めなのに、なんだかお久しぶりだったんですね。
その間にご結婚もされて、さらに落ち着きを増した安藤選手。
安定のトークも磨きがかかっていましたよ♪

チームのいじられキャラ(笑)としての役割を確立されてはいますが、26歳にしてすっかり頼れるお兄さんという雰囲気。
そして、真面目なお話はとっても深い。
今回は、たったひとつしかないポジションを争うGKとしての思いも語ってくれました。

奥様のお話もちょこちょこ出てきますよー!
普段、プライベートはあまり表に出さない安藤選手のリラックストーク、聞き逃したかたは、是非再放送でお楽しみください!

FMサルースは…
FMサルースのHPから「インターネットでFMサルースを聴こう!」のバナーからSimmlRadioをクリック!SimmlRadioトップページから「関東地区」を選び「FM Salus」の「アイコン」クリックしてください。

またFMサルースのHP「http://www.fm-salus.jp/」トップからUstream画面をクリック
 または直接 http://www.ustream.tv/channel/fmsalusへアクセスしていただくとスタジオ内の様子がご覧いただけます。

※金曜日(23:00-24:00)の再放送は、映像は配信しておりませんのでご注意ください。

「Music Frontier」パーソナリティ 高木聖佳

続いては、かわさきFMのIrving Koji「イルヴィン・コージ」さんから!

フロンターレ サポーターの皆さん、こんにちは!
Irving Koji「イルヴィン・コージ」です。

先日ホーム等々力で行われたジュビロ磐田との一戦は、ハラハラドキドキの展開となりましたが…最後は何とかゴールをこじ開けることに成功し、勝ち点3を獲得してくれました!
この勝利でまた一歩目標に近づくことが出来て、夢の続きが見られますね!
チーム、選手、サポーターの皆さんの頑張りに…感謝感謝です!!

また、試合開始前には先日退院をしリハビリを開始した、奈良竜樹選手がオーロラビジョンに映しだされると、初お披露目となる横断幕が掲げられ大きな声援が送られていましたよ!

写真は、奈良選手の横断幕をデザインされ、川崎フロンターレのビッグフラッグ、旗、ヨシメーターなど多くの横断幕を手がける「有限会社 染太郎」の影山 洋社長と。

今週の放送は、29日にホーム等々力陸上競技場で行われた、J1リーグ 1stステージ第14節 ジュビロ磐田戦の模様を中心に振り返るほか、「VAMOS!川崎フロンターレ応援メッセージ」、「ゴラッソ」などお馴染みのコーナーに加え、大久保嘉人選手・大久保嘉人選手の試合直後のインタビューと合わせて、風間八宏監督のコメントをお送りします!

どうぞお楽しみに!

■「Vamos!川崎フロンターレ」
毎週日曜日、10:00~11:00/再放送 毎週月曜日、22:00~23:00

番組へのリクエスト、応援メッセージを募集しています!
FAX(044-711-1400)または、Eメール(kcity@kawasakifm.co.jp)にてお送りください。沢山のお便りを、お待ちしております!!

また、PCやスマートフォンでも「かわさきFM」をお聴きいただけます。
詳細は、かわさきFM ホームページをご覧ください。

「Vamos!川崎フロンターレ」 パーソナリティ イルヴィン・コージ

続いては、FMヨコハマDJの栗原治久さん!

我らがフロンターレは首位のまま、1stステージもいよいよ残り3試合となり、キリンカップのブレイク期間に入りました。
ご案内の通り、3試合のうち残されたホームゲームは、1stステージ最終戦の6/25(土)大宮アルディージャ戦。

きっと、優勝を分かち合う歓喜の輪が広がることでしょう。

今週番組に出演していただいた後援会担当のクラブスタッフ・岡本健吾さんは「優勝のイメージを口にすると、逃げてしまいそうだから口にしないようにしている」とおっしゃっていました。
お気持ち、分かります。泣いても笑っても残り3試合、全力で応援ですね!

写真は、今週プレゼントしたポンチョ。
大人サイズと子どもサイズをセットにしましたので、これからの梅雨の時期、このポンチョを着て等々力でフロンターレを応援してくださいね!

栗原治久(FMヨコハマDJ / 個人公式サイト
FMヨコハマ「おはよう!フロンターレ」は毎週火曜日、朝8:15からOA中!
周波数:横浜 84.7MHz / 小田原 80.4MHz / 磯子 87.0MHz
PC・スマホでもラジオを聞くことができます⇒radiko

FMヨコハマMORNING STEPS ブログ

FMヨコハマDJ 栗原治久

続いては、ファイフロMCの木村朱美さんから!

こんにちは!木村朱美です。
6月に入り、初夏の訪れを感じる季節となりましたが、皆さんいかがお過ごしですか?☆今夜放送のファイフロではリーグ戦第14節vsジュビロ磐田のダイジェストを中心にお届けします。

この日のフロンパークでも、恒例のホームゲームイベントが開催されました。
昨年に引続き大盛況だった「Fサーキットin等々力」沢山あったブースの中でも、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を見てからこのイベントに参加した私は、特に劇中に登場した「デロリアン」を間近で見て大興奮!
その他、どのブースも沢山の人で溢れ返っていたフロンパークでの取材を一通り終えたところでこの日はある出来事が…。

実は、フロンパーク内でこの日の観戦チケットを落としてしまった小学生の男の子がいたようで、そのチケットを拾ってくれた方が偶然クラブスタッフさんのご家族でした。
「これ今日のチケットだから…」とすぐに届けてくださったので、私もその足で場外総合案内所に向かい、そこで保管していただくことに。
その後スタジアム内に戻り、アップ前の時間帯にスタンドで応援の呼び掛けをしていると「朱美ちゃん、ありがとう!」と駆け寄ってきてくれた一人の男の子がいたんです。
私がきょとんとしていると、その男の子は「チケット、落としちゃって…拾ってくれてありがとう!」と話してくれました。話しを聞いてみると案内所の方が「朱美ちゃんが届けてくれたよ」と伝えてくださっていたようで…。
わざわざお礼を伝えに来てくれた男の子の行動がとても嬉しく、なんだかほっこりした気持ちになれました(*^^*)

実際拾ったのは私ではなかったんですが…(汗)
フロンパーク内でスピーカーを使って呼び掛けてくださったスタッフさんもいたり、みなさんのおかげで無事に男の子の手元へチケットが戻り、試合を観てもらうことが出来て本当に良かったです☆

試合の方は、攻め続けながらも一点が遠かったゲーム展開でしたが、最後の最後で劇的な勝利!!
後半、中村選手のCKをきっかけに一段と大きくなった声援は試合終了まで続き、「何か起こりそう」な空気が流れるスタジアムの雰囲気に不思議な力を感じました。
最後まで諦めず戦い続けた選手のみなさんや、駆けつけてくれた2万人を超すサポーターのみなさんの声援、フロンターレに関わる全ての方の勝ちたい気持ちが勝利に繋がったのではないでしょうか☆

試合後のインタビューでは、小林選手と谷口選手にお話しを伺っています。
この日の貴重な一点を演出した小林選手。ゴール直後、小林選手の喜ぶ姿を見た多くの方が小林選手のゴールだと思ったのではないかと思いますが…とお伝えすると、満面の笑みを浮かべながら「触っていないのはわかっていたけど、ボールがゴールに入ったことがとにかく嬉しかった」とお話ししてくださいました。

また、リーグ戦では2試合連続CBとして先発出場し、惜しいヘディングシュートもあるなど攻守に渡って存在感を放っていた谷口選手は「いつも体を張って守り、気持ちを見せ戦ってくれていた奈良選手の分まで頑張りたい気持ちでプレーしています」と、開幕直後CBコンビを組んでいた奈良選手への思いをお話してくださいました。

この日の試合前には、サポーターのみなさんから奈良選手へのフラッグも掲出されましたが、その時ピッチサイドにはフラッグから目をそらすことなく、じっと見つめていた奈良選手の姿がとても印象的でした。
ピッチであの闘志溢れるプレー姿を見せてもらえる日を楽しみに…奈良選手の一日でも早い復帰をみんなで願い、応援していきたいですね☆

暫定とはいえ、チームは首位をキープ。
鹿島、浦和と上位陣は大混戦ですが、残り3戦まずはしっかり勝って最後にみんなで笑っていたいですね(*^^*)

今週末フロンターレは公式戦がありませんが、先月は試合が続いていたので、この期間にしっかりエネルギーを溜め、来週末に再開するリーグ戦からまたみんなで一丸となって戦っていきましょう☆

明日の後援会サンクスデーに参加されるみなさんは、ぜひ選手のみなさんとの交流もお楽しみくださいね♪
今夜のファイフロもぜひご覧ください(*^^*)

ファイト!川崎フロンターレはtvk(テレビ神奈川)で毎週金曜日午後22時30分から放送です!
番組公式HP「http://www.tvk-yokohama.com/frontale/」・Twitter「@tvk_frontale」もよろしくね!

告知VTRはこちら

「ファイト!川崎フロンターレ」MC 木村朱美

最後は、スキフロMCの阿井莉沙さんから!

みなさん、こんにちは!阿井莉沙です!

今回のスキフロは、明治安田生命J1リーグ1stステージ第14節 ジュビロ磐田戦の模様と、森本貴幸選手の「スキスキQ&A」のコーナーをお届けします。

5月の連戦最後となったジュビロ磐田戦。
ナビスコ杯のグループステージ仙台戦での勝利から中3日での、過密日程の中行われました。

この日のホームゲームイベントは「Fサーキットin等々力」。
フロンパークには、たくさんの乗り物が集まりサポーターの皆さんで盛り上がっていました!
その中でも注目を集めていたのが、映画「バック•トゥ•ザ•フューチャー」に出てくる本物の「デロリアン」の展示!私もデロリアンに乗せていただきました!!

車内にはたくさんの装置が搭載されていたり、サインが書かれていたりと、きっと映画のファンの方にはたまらない空間になっていたのではないでしょうか?
そして、ハーフタイムにはデロリアンが「等々力のトラックを走る!」という、またなんともフロンターレらしいイベントでしたね!!

そんな中、試合前には奈良選手へ向けてサポーターのみなさんから大きな横断幕が掲出されました。
「俺たちと最高峰の舞台へ行こう!」という、力強いメッセージ。その横断幕を見つめる、奈良選手。きっとサポーターの皆さんの熱く・温かい想いが届いたのではないでしょうか。
苦しい時期ではあると思いますが、こんなに最高なサポーターの皆さんに支えられている奈良選手。きっと次にピッツへ立つ日には、さらに素敵なプレーを魅せてくれることでしょう!!

試合の方は、難しい時間帯が続きましたが、迎えた88分。
得点を獲得することができました!オウンゴールという判定でしたが、小林選手のゴールだと会場の皆さんも思われていたと思います。私もそう思っていました(笑)
何度もチャンスシーンが訪れる度に会場の声援が熱く盛り上がり、一体となった等々力。みんなで勝ち取った大きな勝利でした!

そして、「スキスキQ&A」には森本選手に登場していただき、サポーターの皆さんからの質問に答えていただきました。

森本選手の地元である川崎について、プロサッカー選手を目指す子ども達へ向けてのアドバイス、ご自身の幼い頃のお話。さらに、プライベートに関するトークでは森本選手の意外な素顔も見ることができました!

さて。チームは5月の締めくくりとなる、リーグ戦、ナビスコ杯グループステージとホームで勝利することができました!
リーグ戦では、暫定ながら首位を守ることができています。1stステージも残すところあと3試合。

ここからが、さらに勝負になってきます。一つ一つの試合を大切に、タイトルへ向けてみんなで気持ちを一つに闘っていきましょう!!

○iTSCOM(金曜日更新)
◆11ch
金 16:00~(更新回)、22:00~
土 10:30~、15:00~
日 9:00~、21:30~
月 13:00~、
火 20:30~、22:30~
水 8:00~、16:00~
木 22:00~

○YOUTV
月~木 18:30~(月曜日更新)

○ジェイコムイースト(日曜日更新)
日曜 9:00~/月曜 24:30~/火曜 11:00~

○YCV(月曜日更新)※放送日時が変わりました
月曜 16:30~/水曜 21:30~

スキフロはツイッターもやってます! フォローお願いします。「@sukifro
スキフロHP http://www.itscom.net/526

「Suki Sukiフロンターレ」MC 阿井莉沙

選手の素顔見てみない? フロンターレのレアなトピックも満載!!応援番組のご紹介

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h