FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2016年06月26日(日)の日記

tag: イベント

事故から身を守ろう!

text by 集客プロモG

皆さん、こんにちは!
先日幸区で開催された「自転車交通安全教室」に、ふろん太と参加してきましたのでご報告です!

フロンターレは幸区の提案型事業の一環で、自転車の交通安全啓発活動に取り組んでいます。
川崎市内は交通事故件数に占める自転車事故の割合が約3割と高く、特に川崎区、幸区、中原区、高津区、多摩区は“自転車交通事故”が多発している地域なんだそうです。
携帯電話・イヤホンを使用しながらの運転、自転車ルールの認知度不足、自転車が関係する重大事故の発生などを課題とし、幸区では交通安全キャンペーンの参加やポスターなどを配布して区民の方々に交通安全の意識を高めてもらおうと様々な活動を行ってきました。

今年度は「子ども達にも意識を高め、事故なく過ごしてもらいたい」ということから、区内の小学校で実施される交通安全教室に参加させていただくことになりました。

最初に訪問したのは古川小学校。
はじめに講話があったので、子どもたちが待っている体育館へふろん太が向かうと…。
「ふろん太くんだー!」「なんでここにいるのー!?」と元気いっぱい!!
ふろん太もみんなに声を掛けてもらえて、とても嬉しそうでしたね。

講話では、様々な標識や前輪と後輪のブレーキのかけ方、交差点での渡り方などを説明。
子ども達は興味津々に聞いていましたが、大人でも普段何気なく過ごしている中で「注意して行動しないといけないな」と感じることも多々ありました。
ふろん太は交通ルールが合っているかどうか、○×形式のクイズなどで一緒に勉強させてもらいました。

講話が終わると、次は校庭に出ていざ実技へ!
子ども達は実際に自転車に乗って、信号や交差点での2段階右折の渡り方などを警察の方々、保護者の方々にレクチャーを受けて体験。
フロンターレの車も、道路にはみ出している見晴らしの良くない位置に停車させて、少しだけ参加させていただきました(笑)
そしてふろん太は各ポイントに動きながら、みんながうまく自転車で走行できるように案内役としてお手伝い!

実技を終え、最後に子ども達からレクチャーをしていただいた区の職員の方、警察の方、保護者の方々、ふろん太へお礼の挨拶をしていただき交通安全教室は終了。

次に参加した幸町小学校、日吉小学校でも子ども達とハイタッチや触れ合う機会もあり、元気いっぱいな子ども達からふろん太もたくさん元気をもらいました!

今後も川崎市内の交通安全教室やイベントへ参加していきたいと思います!そして小学校だけでなく、保育園などにも訪問していければと考えています。

これからも交通安全の啓発活動を続けていきますので、皆さんも常日頃から「交通安全」を心がけていきましょう!
ふろん太もまた皆さんとお会いできることを楽しみにしています!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h