FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2016年11月09日(水)の日記

tag: アウェイツアー

10/29鹿島アントラーズ アウェイツアー!

text by 営業G

みなさん、こんにちは。
今日は、先日行われました2016Jリーグ2ndステージ第16節、鹿島アントラーズ戦アウェイツアーの様子をご報告します。

リーグ戦も残すところ2試合となり、重要な一戦となったアントラーズ戦。川崎からも3000人を超すサポーターが県立カシマサッカースタジアムまで駆けつけてくれました。
そんな中、JTBアウェイツアーにもだくさんの方にご参加いただき、なんと、バス16台、650名が集まりました。

バス16台が並んだ様子はまさに圧巻! 選手たちの大きな後押しになること間違いなしです。

集合場所の武蔵新城駅近辺には、朝早くからフロンターレサポーターが集まり出し、待ちきれなかった方も大勢いたのか、我々スタッフの集合時間に既に来られている方もかなりいらっしゃいました。
早達便5台、通常便11台、バスが到着すると次から次へと鹿島へ向けて乗り込みます。

鹿島までの道のりは約3時間。とはいえ、意外と時間が無いのが鹿島アウェイツアーあるある。バス車内での恒例ビンゴ大会、選手からのビデオメッセージ、広報裏話コメントなどなど、盛りだくさんのアウェイツアー特典を実施していると結構あっという間に着いてしまうのです。

という事で、バスが出発すると、ご挨拶やチケットの配布など簡単な事務連絡などを済ませると、早々にビンゴ大会に突入。今回もサイン入りの非売品Tシャツやレアグッズなど盛りだくさん。中には高田スマイルフェスで選手が着用したスタッフTシャツも!

ルールは単純明快、ビンゴした人から好きな商品を選んでいけます。他の人とカブらない限りは最初にビンゴしなくてもお好みの商品をゲットできるわけです。毎回みなさんそれぞれ好みや事情が違うので、最初にビンゴした人がどれを選ぶのかというのもなかなか楽しみの一つです。

今回、とあるバスでは、ビンゴが始まって間もない、まだ5個目の数字出たくらいの段階でとある親子が早々にリーチ宣言。
一同、「え、もう?」とびっくりして、待ち番号をお聞きすると、13番。そして、まさかとは思いましたが、次に出た番号はなんと見事「13」。斜めに一直線の見事ストレートでのビンゴに、一同かなりびっくりで鳥肌が立ちました。

そして希望の商品をお聞きすると、数あるサイン入りTシャツや非売品レア賞品等を押さえ、「気象衛星ひまわり」のプラモデル。お子さんの希望とのことで、それはそれで車内がほのぼのとした瞬間でした。

そしてビンゴで盛り上がっている最中でしたが、時計の針は10時に近づいてきました。そうです、この日は天皇杯4回戦浦和戦のチケット発売日。10時販売開始なのでした。
お聞きするとけっこうみなさんスマホから予約をしようとされているとのことで、一旦ビンゴは休憩。みんなでチケット予約大会となりました。せっかく等々力での試合なので青く染めたいですね。無事みなさんチケットがとれたところでちょうどサービスエリアに到着。
サービスエリアでバスを降りるとこれまたフロンターレサポーターがたくさんで本当に心強くなります。

サービスエリア休憩が終わって出発したらビンゴ大会の再開です。たまたまバスで一緒になった40人のメンバーですが、そこはもう同じフロンターレサポーターですし一日道中を共にする仲間。他の方がビンゴで当たっても自然と拍手が発生するいい雰囲気で盛り上がります。

ビンゴが終わるとこのツアーの為に撮影された選手のビデオメッセージを放映。今日の決戦に向けたテンションも自然と高まります。
そしてツアー参加者の中にはそのファンもかなりいるという広報コメント。
いつものことながら内容については参加されたみなさんだけのお楽しみですが、選手の身近にいる広報ならではの今回も面白い裏話が聞けました。ちなみに、その後の試合で見事決勝点決めることになるモリこと森本選手のネタもありましたね。

そうこうしているうちにバスは順調にカシマスタジアムに到着。みなさんそれぞれにカシマスタジアムのグルメを堪能。決戦に向けてエネルギーを蓄えます。

そして試合はご存じのとおり、内容には苦しみながらも見事1-0で勝利。ゴール裏全開放となったビジター席いっぱいに入ったサポーターは歓喜の渦に。

バスに戻ってくるサポーターの皆さんは満面の笑み、ハイタッチで迎えさせていただきました。

帰路に着く前に、皆で「やったぞー!」の記念撮影をして出発。帰り道は渋滞もしましたが、やはり勝ち点3が一番の特効薬、帰りのバス車内では高田スマイルフェスのビデオも見つつ、それほど渋滞のストレスも感じずにバス16台無事川崎まで帰りつきました。

参加された650名のみなさん、一緒に素敵な旅をありがとうございました。
ぜひまたのご参加お待ちしております。

まだアウェイツアーに参加したことの無い方も、ぜひ一度いろいろなアウェイツアーならではの楽しみがいーっぱいありますので、お待ちしています。

お一人での参加も毎回かなりいらっしゃいますが、フロサポの一体感ですぐに仲良くなれますのでご心配なく!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h