FRONTALE DIARYフロンターレ日記

8/ 4 (土) 2018

カテゴリー:

車屋紳太郎選手が登場!!

text by

オフィシャルマッチデープログラムスタッフ

カテゴリー:

J1リーグ戦が再開し、幸先の良いスタートを切った川崎フロンターレ。まだまだ厳しい暑さが続きますが、この調子を維持し、首位を走るサンフレッチェ広島を追撃したいところです。そして今節は同じ神奈川県を本拠地とする横浜F・マリノスだけに白熱した試合が繰り広げられることでしょう。ぜひとも熱い声援で選手をサポートし、勝点3を目指したいところです。そんな横浜F・マリノス戦のマッチデープログラムには車屋紳太郎選手が登場します!!

シーズンは後半戦に入り、「リーグ戦は中断期間を挟んで連勝で勝点を積み上げて、天皇杯も勝ち上がっていますが、意識せずに目の前の1試合に集中することができています。中断明けから厳しい試合が続いていますが、勝つことでいい意味での余裕が生まれていますし、去年の終盤戦のように一戦一戦しっかり戦っていけばいい結果につながると思っています」とチームの現状を話してくれた車屋紳太郎選手。
今節の横浜F・マリノスについては「今年の横浜FMは本当にイメージが変わりました。今まではフロンターレがボールを持って、横浜FMが守ってカウンターという形が多かったですが、今年のアウェイの対戦では真っ向勝負の展開でした。これまでの横浜FMは僅差で試合をモノにするイメージが強かったですが、今年は取られても取り返すみたいな勢いがあります」と印象を語ってくれました。
そして最後には、「今年もここから上のチームとの勝点差を詰めていって、最終的には追い抜きたいです。最後まで諦めなければ逆転は可能というのは、僕らもサポーターの皆さんも身をもって経験しているので、今年もみんなでああいう雰囲気を作っていきたいです」と熱いメッセージを語ってくれました。ぜひとも横浜F・マリノス戦も車屋紳太郎選手に注目です!!

そして今回の選手対談企画では、前号に引き続き安藤駿介選手と齋藤学選手の同じ年対談。この二人の共通点がプロレスということで、今回はサッカーからかけ離れたプロレスの話で盛り上がりました!!マニアすぎる二人のプロレス話になかなかついていけませんが、どうぞお楽しみに!!

さらに購入者全員がもらえる選手ブロマイドでは、この試合から着用するリミテッドユニフォームバージョンの谷口彰悟選手、車屋紳太郎選手、小林悠選手が登場します!!どちらも数量限定ですので、お早めにお買い求めください!!

マッチデープログラム販売所は、等々力の場内外あわせて4ヶ所。
開場前は場外の「フロンパーク内マッチデープログラム販売所」。
そして場内については「ホームゴール裏付近のF階段横」と、「エンタの広場内」のマッチデープログラム販売所に加え、メインスタンドの「3階 場内総合案内所横」にもありますので、メインスタンドにお立ち寄りの際は、こちらが便利ですよ!
ぜひ試合前にはマッチデープログラムでお楽しみください!!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2018-08

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ