CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

イベント盛りだくさんXリーグ開催!!

text by

富士通スタジアム川崎スタッフ

カテゴリー:

皆さん、こんにちは! 富士通スタジアム川崎です。
富士通スタジアム川崎では10/7日(日)社会人アメリカンフットボール秋季リーグ戦第5節が開催されました。川崎フロンターレのアウェイ鹿島戦と同日だったこともあり、行きたかったけど行けなかった、という方が多かったと思います。そんな皆様の為に、今回は当日行われた試合、そしてイベントの様子をご紹介します。

まず第1試合。
アサヒビールシルバースター VSアズワンブラックイーグルスが対戦しました。

一進一退の攻防が続きましたが、終始試合をリードしたアサヒビールシルバースターがアズワンブラックイーグルスの追撃をかわし「28-22」で勝利を飾りました。勝利したアサヒビールシルバースターは7位、8位のチームが進出できるワイルドカードプレーオフ進出圏内に浮上。
10/21(日)に富士通スタジアム川崎で行われる、9位LIXILディアーズとの対戦は、お互いプレーオフ進出をかけた大事な一戦です。この試合で負けたチームは他会場の結果次第では9位となり今シーズン終了の可能性があります!
9位となった場合は8位までに与えられる来期の「X1 Super」(※来期より大会形式が変更になります。)への参加資格が与えられません。
ですので、この試合は「X1 Super」への参加資格を得るために非常に大事な一戦と言えます!ぜひ皆さん注目してください。

そして第2試合は富士通フロンティアーズVSオービックシーガルズの一戦。現チャンピオンと、かつての絶対王者。Xリーグを牽引してきた2チームの対戦とあって大勢の観客が詰めかけました。

試合開始前には両チームの応援団の声の大きさで勝敗を決める「応援合戦」を開催。応援団同士の絶対に負けられない戦いが行われました。
先行は富士通フロンティアーズの応援席から。まずは92デシベルを記録。後攻のバックスタンドに陣取ったオービックシーガルズ応援団は98デシベルを記録。この記録を超えなければ負けてしまうフロンティアーズ応援団は、2回目で102デシベルを記録。100デシベル超えでプレッシャーを与えます。
しかしオービックシーガルズ応援団は、それをも上回る104デシベルを記録。前哨戦は僅差でオービックシーガルズ応援団が勝利しました。この応援合戦の影響か、普段よりも緊張感が増した気がします。試合前のコイントス時に静寂が広がったのです。選手達にもこの雰囲気は伝わっていたはず。

そしていよいよ本番、試合開始。先制したのはオービックシーガルズ。その後、第3Qまで「28対24」とリードを続けます。しかし最終第4Qに富士通フロンティアーズがついに逆転に成功!
最終スコア「31-28」で富士通フロンティアーズが見事勝利を収めました。頂上対決に相応しい劇的な展開に場内は沸きに沸きました。
全勝をキープした富士通フロンティアーズの次節は、こちらも未だ負けなしのパナソニックインパルスとの全勝対決。お見逃しなく!

また10/7(土)は試合を盛り上げるべく様々なイベントを開催しました。

まずはスタジアムの入口でヘルメットゲートとルフ子エアートランポリンがお出迎え!どちらも圧倒的な存在感で、特にヘルメットゲートの前では沢山の方が写真を撮っていました。

このヘルメットゲートをくぐると、そこにはアメリカンフットボールの試合ではお馴染みの「川崎アメフト屋台村」の光景が広がっています。地元「川崎駅前仲見世通商店街」の人気店を中心に8店舗が出店しました。どれも美味しそうなメニューばかり。
川崎クラフトビールやハンバーガー、本格タイ料理など、どこも長蛇の列が出来て大盛況でした。富士通スタジアム川崎は「試合観戦」だけでなく「食」でも楽めるのです。試合を観なくても「川崎アメフト屋台村」には入場可能です(もちろん試合も観て欲しいですが…)。
まだ体験していない皆様、是非ご来場ください。

そして更に試合を盛り上げるべくハーフタイムには川崎フロンターレオフィシャルスポンサーでもある「川崎ルフロン」様にご協力いただき「川崎ルフロンpresents第2回マスコットダービー」を開催。
出走する5体のマスコットの中から1着を予想し、見事的中すると各レース抽選で25名様に「川崎ルフロン」で使える「2,000円分のお買い物券」がプレゼントされます。沢山の方に参加していただきました。

まず第1レースは川崎ルフロンのマスコット「ルフ子」「ルフゴン」、川崎フロンターレのマスコット「ふろん太」、川崎競輪場のマスコット「九ちゃん」、アズワンブラックイーグルスのマスコット「ブラッキー」の5体によるレース。会場からは投票したマスコットへの大きな声援が上がりました。マスコット達も期待に応えようと必死で走りレースを盛り上げてくれました。

第1レースはの結果は「ブラッキー」が見事1着でゴール。ちなみに「ブラッキー」は関西の試合でも、見かけることがあまりないレアマスコットらしいです(笑)

第2レースは、川崎ルフロンから「ルフ子」「ルフゴン」、川崎フロンターレから「ふろん太」、富士通フロンティアーズからは「フロンティー」、オービックシーガルズからは「しーがるくん」が出走。一番人気は「第1回マスコットダービー」で見事1着でゴールした「しーがるくん」。果たしてレースはどうなったのか。

結果は…。観客の予想を裏切り川崎ルフロンのマスコット「ルフゴン」が見事1着でゴール。意外な結末でしたが観客席は暖かい笑いに包まれました。

盛り上げたのはマスコット達だけではありません。ハーフタイムにはもう一つのイベント、富士通スタジアム川崎で毎週火曜日に練習をしているフロンティアレッツ・キッズチア「フェアリーズ」によるハーフタイムショーが行われました。

この日のために練習を重ねてきました。当日までは良い演技が出来るか不安もありましたが見事、全員で練習よりも素晴らしい演技を披露してくれました。先日のフロンターレのホームゲームへの出演経験を活かせたようです。

なんと試合終了後にも、イベントが!
「アメフト行こうぜ!!抽選会」が川崎ルフロンで行われました。観戦チケットの半券持参で1回抽選できるこのイベントはすっかり定着した感があります。大勢の方が試合の帰りに川崎ルフロンへ立ち寄り抽選会に参加していましたよ。

この用にアメフトに興味、関心のない方に、少しでも興味を持っていただけるように富士通スタジアム川崎ではフィールドの中にも、外にも、多くのイベントを開催しています。

この先も富士通スタジアム川崎ではたくさんの楽しいイベントや大会を開催していきますのでぜひ、遊びに来てください。皆様のご来場をお待ちしております。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2018-10

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ