CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

1/ 9 (木) 2020

カテゴリー:

2020必勝祈願・商店街挨拶回り・かわさき応援バナナ販促活動

text by

広報G

カテゴリー:

例年よりも少し早めに始動となった2020シーズン。チームは1/9(木)に始動。川崎大師での必勝祈願、そして市内商店街のご挨拶回りを実施しました。

毎年、選手達も昨年以来久しぶりに集まるということもあり、川崎大師の控室では「今年もよろしく!」と言葉を交わしあっています。特に帰国してしまい、オフの間は会うことが少ないジェジエウとダミアンには、みんな集まってハイタッチを交わしていましたよ。

例年同様、控室では、初めてクラブの公式イベントに臨む新加入選手や新スタッフの挨拶、クラブスタッフとの顔合わせ、その後には挨拶回りの担当ごとに分かれ、色紙にサインを書きながら1日のスケジュールを確認。その後、本堂に移動し、お護摩祈祷で1年の無事、そして必勝を祈願しました。
ソンリョン含む外国人選手3人はもうみんな初めてではないので、流れに乗ってお護摩祈祷にも参加。今年もチーム一同、川崎大師さんにあたたかく迎えていただきました。

ここからは各商店街の様子を報告していきます!!

■大師駅前商栄会 《ジェジエウ選手、レアンドロ ダミアン選手、鬼木達監督、コーチスタッフ陣》

川崎大師本堂での集合写真の撮影が終わり、仲見世通りに向かったのは、ブラジル人選手の2人と鬼木監督を始めとするコーチングスタッフ陣。2回目となる2人、初めてだった去年と比べると慣れた景色となった川崎の街を歩いていきます。
「二ホン、サムイネ」と、年末年始はブラジルで過ごした2人にとって日本の1月はかなり寒いようでした。それでも行く先々では笑顔で色紙を渡したり、写真撮影。2人とも1年間でかなり日本語が上達していて、歩きながらファンサポーターの皆さんとも日本語で話す様子も。今年が終わる頃にはペラペラになっているかも!?
今シーズンから再びトップチームのコーチに就任した寺田コーチも一緒に商店街巡り。鬼木監督と現役時代を懐かしんで、「俺達が現役の時からやっているけど、本当に多くの人が来てくれるようになったよね。俺らの時は、ほんと少なかったんだから」と、話していました。
最後の石渡燃料店さんでは、ルヴァンカップ初制覇の祝勝会と今シーズンの活躍を祈願する決起集会が行われました。鬼木監督は「毎年こうやって歓迎していただいて本当に感謝しています。ありがとうございます。ルヴァンカップ優勝のお祝いをしていただきましたが、やっぱり皆さんの期待はリーグ戦の優勝だと思います。今年は必ず優勝しますので、今年も応援よろしくお願いします!」と抱負を語りました。また、子ども達からの花束贈呈や歌のプレゼント、今年も温かいお汁粉もいただきました。
「今年もこのような素晴らしい会に参加できて良かったです。たくさんの人達とお会いできましたし、ピッチの外で皆さんから優しさを受け取ったので、私達がピッチの中で恩返しをしたいと思います!」とダミアン。
「サポーターの皆さんとお会いできて嬉しかったです! エネルギーをたくさんもらったので、今シーズン良い結果を出せるように全力で頑張ります!」と、ジェジエウ。

■桜本商店街・川崎西口商店街 《山村和也選手》

桜本商店街・川崎西口商店街には、ヤマこと山村和也選手が訪問。
「人々の活気あふれる商店街が好き!」というヤマ。最初に訪れた先は、毎年選手の似顔絵を描いてお出迎えしてくれる「ビューティサロン タカヤス」さん。今年もお店の前にはキリッとした美しい顔立ちの似顔絵が用意されていました! この歓迎ぶりに驚くヤマが続いて向かった先は、フロンターレサポーターには牛スジ煮込みでお馴染みの「カネダ食品」さん。ピリ辛スープでじっくりと柔らかく煮込んだ牛スジ煮込みを食べるヤマ。あまりの美味しさに2杯目をおかわりしていました! 写真撮影・握手会が終了すると、最後は桜本商店街で恒例となっている、商店街事務所のマイクをお借りして今シーズンの意気込みを語るヤマ。「今年もタイトルを獲れるよう頑張ります!」と力強く宣言してくれました。
そして、続いて向かった先は川崎西口商店街。到着すると商店街の皆さんがヤマのチャントを歌いながらお出迎え。今年も商店街をはじめとする多くの方々の声援にパワーをもらって商店街挨拶回りを終えました。

■川崎駅前 《家長昭博選手》

川崎駅周辺エリアには、アキこと家長昭博選手がお邪魔しました。
まずは店内に所狭しとフロンターレの選手のサインが飾られている「ホルモン劇場」さんへ。作り立てのタンメンチをいただきご満悦のアキ。さらに2件目の「THE CAMP」さんではチョコケーキも。チョコでふろん太の描かれたお皿に大興奮のアキ。続いてお邪魔した川崎ルフロン5階の「ファイテンショップ」さんでは、最新機器の体験に没頭していました。そのあとは「川崎ルフロン」さんにてスタッフ・サポーターの皆さんと交流し、川崎日航ホテルの「しゃぶ禅」さんへでおいしい抹茶のババロアをいただきました。その後は「HUB川崎店」さんへ。サインを入れたグラスは店内に飾られる予定ですので、ぜひ探してみてください!
「アゼリア」さんにお邪魔した後は、「東急ハンズ川崎ダイス店」にてサイン会を実施。100名を超えるサポーターの方にお集まりいただき、およそ1時間、サインや写真撮影を行いました。そしてサイン会終了後は、お店のスタッフさんとも記念撮影!
今年初めて川崎駅周辺エリアを担当したアキは「オフィシャルスポンサーの社長さんとお会いしたり、他のエリアとは違った雰囲気で面白い!!」と話してくれましたよ。

■南幸町エリア《脇坂泰斗選手》

南幸町エリアにはヤストこと脇坂泰斗選手が訪問しました。後にかわさき応援バナナ販促イベントにも参加するということで、限られた時間ではありましたが、たくさんの店舗様にご挨拶させていただきました。
「肉の不二家」さんではバルーンアートを体験し、お店の方が作った犬のバルーンをプレゼントいただきました。ヤストも犬を飼っているので、大変喜んでいました!! 続いて「おフロんた~れ」のイベントでもご一緒させていただいている「富士見湯」さんに。普段は上がることのない番台に上がらせていただき風呂桶と一緒に記念撮影!!
「新岩城菓子舗」さんでは大勢の方が出迎えてくれました。「ユニフォーム姿よりスーツ姿の方がカッコイイ!!」など、皆さんから黄色い声援が上がっていました。さすがヤスト!! 女性人気がすごかったです!
こうしてたくさんの方々に歓迎していただき大満足の挨拶回りでした。「今年はレギュラー定着!!」と一言いただき、ヤストはイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店へ向かいました。

■平間銀座商店街 《齋藤学選手》

川崎市出身のマナブが、昨年の地元・鹿島田に続き、今年はお隣の平間エリアを担当! 大師を出発する時から、暗くなって一番最後に訪問したお店まで「僕、●●(マナブの出身小・中・高校)で一緒でした!」や「私、●●で、先生してたんです!」「●●でも会ったことあるんだよ!」といったような地元トークがとにかく多いこと。(マナブの保育園の先生にも会いました!)会話を楽しみつつ、歩いているとマナブに声をかけてくれたおじいさんが、おもむろに背中を向け「ここにサインをしてほしい」と。「えっ、ここに!?」と一同驚きながらも洋服にデカデカとサインをすると、満足気に(自分では見えてなかったけど…)。まさに広告塔でした。今回再認識したのですが、マナブ、とにかくキッズ達からの人気が高く、歩いていると子どもが来る来る。それもそのはず。恥ずかしくて遠巻きに眺めているような子がいると、自ら率先して「サインいる? 写真撮る?」と声をかけていて、みんな嬉しそうに近寄ってくるんですよね。途中で実施したサイン会でもサービス精神満載で、スタッフが時間の都合もあり、悩んでいると「サインも写真も両方アリにしよう!」と言ってくれ、並んで待ってくださっていた皆さん大満足されて、みんな笑顔に。各店舗で手土産も多くもらい「こんなにいただけるとは!」と驚きつつ、お店を回る中で「これ買いたい!」と、自ら夕食のおかずをポケットマネーで買ったり、終始平間を満喫していました。「地元トークたくさんしたね! 地元出身で歓迎してもらったなー!」と楽しそうなマナブでした。

■鹿島田駅前通商店街 《下田北斗選手・馬渡洋樹選手》

今回は下田北斗選手、馬渡洋樹選手の2名が鹿島田駅周辺のサポショを中心にご挨拶へ!!
横断幕を持ってお出迎えをしていただき、とても幸先の良いスタートに。鹿島田エリアはサポートショップを中心に、60店舗近くのお店を順番に回りました。
ホクト、ヒロキの2人は店舗数を聞いてビックリしていましたが、いざ、始まると自ら商店街の方々に声を掛け、積極的に挨拶回りをしていましたよ!
商店街の方のご協力もあり、スムーズに挨拶回りが進み、予定していた時間より早く終了したため、即席のサイン会を「笠原不動産」さんにて実施。鹿島田駅周辺の多くの皆さんに挨拶をし、鹿島田の商店街挨拶回りが終了!
最後にホクト、ヒロキからのコメントです。
ホクト「今年は初めて鹿島田の商店街に挨拶をさせていただき、沢山の人に歓迎してもらい、『今年も始まるな』という気持ちになりましたし、この皆さんのあたたかい声援をパワーに変えて、今年も頑張りたいと思います! 今シーズンもよろしくお願いいたします!!」
ヒロキ「初めて商店街挨拶回りに参加しましたが、本当にあたたかく迎えていただき、パワーをもらいました! 今年は複数タイトルをとれるように頑張りますので、ご声援よろしくお願いいたします!!」

■向河原エリア≪中村憲剛選手≫

今年の向河原商栄会では、リハビリ中のケンゴを気遣っていただき、挨拶回りは実施せずにサイン会を実施しました。
到着すると盛大にお出迎えしてくれたのは商店街の皆さん。普段なら選手がご挨拶に行くところなのですが、皆さんお仕事中にもかかわらずケンゴのために来てくれたんです! そしてサイン会場にはすでに100人を超えるサポーターの皆さんが! わずかな時間ながら一人一人ときちんとコミュニケーションをとるケンゴ。「たくさんの方に『待ってます!』と言ってもらえたので頑張らないと!」とパワーをもらえたようでした。
またケンゴの商店街挨拶回りといえば、毎年恒例となってきた「車にサイン」です。数年前、初めてサインを入れたときは驚いていたケンゴも、タイトルを獲るたびに星を付け足し、今回も昨年のルヴァンカップ優勝の分の星を付け加え、「増えるもんだね~」と慣れた様子でした。今回はさらに「復活!!」と力強いメッセージも添えられていましたよ!
最後の写真はご協力いただいた商店会の皆さんと談笑し、リラックスモードのケンゴです(笑)

■新丸子商店街連合会(車屋紳太郎選手・長谷川竜也選手)

新丸子駅を中心として4つの商店街からなる「新丸子商店街連合会」には、シンタロウこと車屋紳太郎選手とタツヤこと長谷川竜也選手がお邪魔しました。
シンタロウは新丸子駅東口の東栄会と西口のウィズモールへご挨拶。クラブ創設時からずっと応援してくれている「小島屋さん」にご案内していただき、まずは「ねこのしっぽ」さんへ。ここではなんと、特注の川崎まるこ7番バージョンキーホルダーをいただきました!
オフィシャルスポンサーの「大山組」さんでは、ユニ持参のシンタロウの大ファンの方や、中には某クラブのホームタウン生まれのサポーターの方も居ましたが、一緒に写真撮影もしたので、これを機に乗り換えてくれる日も近いのでは!?
その後「SHIBACOFFE」さんでは美味しいカフェオレを、地域活動支援センター夢屋さんでは皆さんからの気持ちの詰まった寄せ書きとタオルを頂きました。
新丸子エリアはサポショの数も多いのですが、時間と共にシンタロウが引き連れて歩くサポーターの皆さんの数が増える増える。シンタロウ本人も、「今までで一番多いと思います」とビックリ。シンタロウも「これだけ皆さんに応援していただけると、今シーズンも益々頑張ろうという気持ちが高まります!」と話してくれました。
一方、タツヤは新丸子駅西口のイダイモールと西口通新栄会へご挨拶。挨拶回りのお手伝いをしていただいている桔梗屋(和菓子屋)さんでは名物の「みかぼ焼き」をご馳走に。お店の外には沢山のサポーターがタツヤを撮影。「こんなに食べているところを撮られるのは恥ずかしい」と照れながらも、最高の笑顔を見せてくれました。
挨拶回りの最中、子ども達に絶大な人気があったタツヤ。移動する度に子ども達が「タツヤー!」と大きな声を上げながらタツヤの後を追っていました。そして先月、第一子が誕生したタツヤ。サポーターの方から「おめでとう!」の声も。「沢山の方に応援していただき、嬉しいです。今シーズンも頑張ります!」と話してくれたタツヤでした。
最後に両選手が新丸子駅前にて合流した頃にはサポーターの皆さんが凄い人数に。最後に皆さんと集合写真を撮影し、終了!

■武蔵新城《藤嶋栄介選手・山根視来選手》

武蔵新城エリアには、藤嶋栄介選手と山根視来選手がお邪魔しました。
最初に到着した季節料理おばらさんのお店の前には、たくさんの方が集まっており、早速即席のサイン会を実施しました。藤嶋選手にはサポーターから「早く完全復活してください!」の激励の言葉に対し、「頑張ります!!」と力強い言葉で返していたり、山根選手へは「湘南から来てくれてありがとうございます。応援しています。」の言葉に対し、「ありがとうございます。精一杯頑張ります!」とこちらも力強い言葉でサポーターに返していました。
武蔵新城エリアは全部で約25店舗の挨拶回りを実施。お店によっては、ユニフォームを着用して待ってくれていたり、お土産を用意して待ってくれていたりと本当に皆さんの温かいお気持ちが伝わってくる時間でした。
藤嶋選手は「たくさんの方々が来てくれていて、本当に驚きました。皆さんの期待に応えられるようトレーニングして完全復活を目指します!」山根選手は「湘南ではこういったイベントはなかったのでとても新鮮でした。皆さんからの激励の言葉を力に変えて、早くチームの力になれるように頑張ります!」と話してくれましたよ!

■武蔵小杉エリア 《大島僚太選手》

武蔵小杉エリアはリョウタこと大島僚太選手が回りました。
最初に向かった川崎信用金庫武蔵小杉支店様では、毎年恒例のフラッグにサインをして支店長をはじめ職員の方と記念撮影。次の法政通り商店街では、沢山の方が出迎えてくれ、大人気のサイン会の応募券も即、配布終了! やっぱり人気者! サイン会終了後は、横浜サンド様でサンドウィッチをいただき、「フルーツサンドは好きです。」と美味しくいただいていたリョウタ。
その後は、駅周辺のお店へ。しゃぶしゃぶくりりん様ではお店の前に着くと「ここ来たことある!」とリョウタが話していて「多分ここの席に座った!」と教えてくれました。
小杉らぁめん夢番地様では鶏白湯らぁめんをいただき「とても美味しい。実はメンマが苦手なのですが、美味しくて食べられました!」と完食! その後はなんと「券売機にサインをするなんて初めて!」と言いながら、お店の券売機に星を入れたサインをしていましたよ。(券売機のサインを見に是非食べに行ってみてください!)
その後はかわさきFM様で収録をし、商店街挨拶回りの様子や2020年の抱負を話してくれました。ぜひラジオもチェックしてくださいね。
多くのメディアの方が集まり、囲み取材の際には、初夢の話になり「ボールを蹴っている夢で、自分でもびっくりした。」と話してくれました。ずっと歩きっぱなしのリョウタでしたが、疲れた表情も見せず、信号待ちでも笑顔でサインや写真撮影に応じていましたよ。「最後に皆さんと集合写真を撮って終わりにしましょうか。」とリョウタが言ってくれ、集まったサポーターの皆さんと記念撮影で武蔵小杉エリアの商店街挨拶回りは終了となりました!

■元住吉エリア《守田英正選手》

今年の元住吉エリアはサポショを中心に守田英正選手がお邪魔しました! 商店街のマスコット「オズっちょ」がお出迎えし、オズ通り商店街からスタート。加入して3年目で挨拶回りも慣れた様子のヒデ。一人一人丁寧に対応していました。横浜ラーメンてっぺん家さんではラーメンを食べたそうなヒデでしたが、まだ準備中のため我慢。
ブレーメン通り商店街では、たくさんのサポーターがお出迎えしてくれました。「ついに来たか!!」というタイミングで富士見庵さんからおそばの差し入れが。お茶までいただいて「至れり尽くせり」の一言。そこでヒデのユニフォームを着た女の子に出会い、嬉しい表情のヒデでした。
井田中ノ町商店街では受験勉強真っ只中の井田個別指導塾さんにお邪魔した際には「みんな勉強ガンバってね!」と熱い激励を送ったヒデ。
実は元住吉は、宮城天選手の地元であり、複数のサポーターから激励をいただきました。
最後にヒデからのコメントです。「個人的にはスタメン奪取、代表に選ばれること、チーム的には複数タイトル獲れるように頑張ります!!」と抱負を語ってくれました。

■溝の口・高津 ≪三笘薫選手≫

筑波大学を卒業して今シーズン新加入のカオルこと三笘薫選手が、サポショを中心に約20店舗に伺いました。振り返ると、溝の口・高津エリアは16年にシンタロウ、17年はケンタロウ(森谷賢太郎)、19年はショウゴと、毎年のように筑波大学出身の選手が挨拶回りをしており、ひっそりと「筑波大学卒業生ルート」になっています。
行く前は「1人で大丈夫かな…」と不安な顔をしていたカオルも、さすが小学4年生からフロンターレの一員なだけあって、挨拶回りが始まると「川崎出身なんだよね!」と声を掛けていただき地元トークで盛り上がったり、店員さんに元気よく自己紹介をしたり、終始堂々としていました。最後は「capanna」さんでご飯をいただき、お店の前で待っていたサポーターの皆さんに即席のサイン・写真撮影会も実施しました。
挨拶回りを終えて「楽しかったです。こんなに多くの人に来てもらえると思ってなかった。改めて頑張らないとなという気持ちになりました」とファン・サポーターの皆さんに感謝していました。また、プロ1年目の抱負を聞いたところ「まずはチームの勝利のために戦うこと。そして自分自身も、人一倍努力して成長して大きな選手になりたい」と話していました。

■鷺沼エリア ≪チョン ソンリョン選手・金 明豪通訳≫

今年のさぎ沼商店会を担当したのは、チョン ソンリョン選手と金 明豪通訳のおふたり。
ぱっと見恐そうな(?)大柄のおふたりにもかかわらず、お子さんからの人気が爆発していました。中には開始から終了まで付き添ってくれた子も。常に子ども達に目線を合わせてお話をするソンリョンがとても印象的でした!
毎年ご挨拶に伺わせていただいている保育園では、恒例の質問タイムが。園児からの「どうすればボールが上手に蹴れますか?」という質問に「牛乳をたくさん飲んでたくさん寝て、サッカーを楽しめば次第にうまくなれるよ。いつか一緒にサッカーをしようね。」と力強いコメント。隣で聞いていたスタッフの私も、今年は牛乳をたくさん飲もうと思いました。最後は「パパとサッカーが好きです!!」という質問(告白)に満面の笑みがこぼれたソンリョンでした。
フロンタウンさぎぬまに帰ってきたソンリョンは、フロンタウン名物の焼きいもと共にパシャリと1枚。挨拶を終え、「いつも応援してくれる皆さんに会えて楽しかった。今年はタイトルすべて獲ります!」と今年の抱負を語ってくれました!

■梶が谷駅前通り振興会(通称:エルカジ通り商店街) 《宮代大聖選手・丹野研太選手》

梶が谷エリアには、宮代大聖選手と丹野研太選手がお邪魔しました。
車の中では、キャンプの話やお互いの知り合いの話など色んな話題が。エルカジ通り商店街に到着すると、たくさんの子ども達が待っていてくれました。商店街会長のダンダン・スポーツへお伺いし打ち合わせをした後、店舗の一角を借り、サイン会を実施! 子ども達は、サインをもらって大はしゃぎしていましたよ。
歩いている途中ではサポーターの方達と触れ合うこともでき、また訪問したサポショではあたたかく出迎えていただき応援の言葉もたくさんもらいました。
丹野選手からは、「フロンターレの地域密着というものを身をもって感じることができて良かったです!」と。宮代選手からは「昔から挨拶回りをやっていることで今のフロンターレがあると思いました。」と感想を話してくれました。

■宿河原エリア《谷口彰悟選手・イサカ ゼイン選手》

藤子・F・不二雄ミュージアムがある宿河原駅!! 谷口彰悟選手・イサカ ゼイン選手が初めて、宿河原駅の商店街の皆様へご挨拶周りをしました。
車の中でスタッフからレクチャーを受けながら、少し緊張気味の2人。特にゼインは初めての商店街回りだったので、「どんなことをやるんですか?」など質問・疑問がたくさんあり心臓バクバクだったようです。宿河原駅商店街が近くに来ると、人がいっぱい!! 商店街の道がふさがるくらいの人がショウゴとゼインを出迎えてくれました。
ショウゴとゼインは車を降り、商店街挨拶回りを始めると、「ルヴァンカップ優勝おめでとう」「2020シーズンも期待してるよ!」などあたたかい言葉をたくさんいただきました。各商店街の皆様に色紙を渡し、「今シーズンもよろしくお願いします!」とショウゴとゼインがご挨拶をすると、「ホント応援してるからね」「また一緒に頑張ろうね」と声をかけてくれました。皆様のおかげで戦えているんだなと改めて感じました。
また中華料理の盛華園では、美味しい餃子を、ケーキ屋さんのPatisserie ANNEAUでは美味しいスイーツを御馳走になりました。2人とも「マジうまいわ!」と言いながら、食べていました!
最後に急遽、川崎信用金庫の前で握手会と写真撮影タイムを設け、お越しいただいたサポーターの皆様や商店街の皆様にショウゴとゼインが感謝の言葉を伝えました。今回の挨拶回りを通して2人とも期待の大きさを改めて感じたと思います。

■中野島商店会 ≪登里享平選手・神谷凱士選手≫

中野島商店会には、登里享平選手と神谷凱士選手の2人がお邪魔しました。
川崎大師から中野島へ向かう道中では、ノボリ先生による挨拶回りのレクチャーを開催。「サポートショップっていうのがね、フロンターレを応援してくれてる店舗のことでね…」「さっき書いたサイン色紙を渡してね、写真を一緒に撮って…」とちょっと緊張している様子のカイトに丁寧に教えてくれました。さすがノボリ!!
さぁ、いざ実践!!「まだ緊張してて、写真撮る時うまく笑えてますかね…」と話していたカイトでしたが、ノボリのサポートもあり、しっかりと各店舗の皆さんにご挨拶させていただきました。それに加えて、2人は和菓子のほし乃さんで「好きなお菓子どうぞ~」と言われルンルンでお菓子を選んだり、他の店舗でも差し入れをいただきました。ありがとうございました。そして何よりも、皆さんが笑顔で温かく迎えてくださるのが、嬉しくパワーになります!!
そうそう、実はノボリ、2012年に中野島にお邪魔していたので、「久しぶりに来れてうれしいな、自分が前来たこと覚えているかな?」とソワソワしていたのですが、「久しぶりだねー」と迎えられとても喜んでいました。
挨拶回りの後は、サイン会を実施。短い時間の中でしたが、サインや写真を撮りながら「応援してるよ」「今年も頑張ってね」とたくさんの温かい声をいただきました。
サイン会終了後は、香華飯店にお邪魔して美味しい餃子とチャーハンをご馳走になりました。ふたりとも「これで明日からの練習、がんばれそう!!」と。そして美味しさのあまり、2人はレバニラなど追加オーダー(笑)ご馳走様でした!!

■新ゆりグリーンプラザ商店会 《小林悠選手》

今回新百合ヶ丘の、新ゆりグリーンプラザ商店会には、我らがキャプテン! ユウこと小林悠選手がご挨拶に伺いました!
川崎大師からこのバナナポーズのやる気満々で出発! 毎年お世話になっているこの商店会は、近隣住民の方を中心に、多くの麻生区民に親しまれている商店会です。商店会に集まってくださった皆さんに向けてサイン会を実施しました。
サイン会場には選手到着の1時間以上前から、学校終わりの子ども達や、仕事をわざわざ早く切り上げ、フロンターレグッズを身に着けた皆さんが長い列を作り、選手を歓迎してくれました。
長年ご協力いただいている商店街の方から、「この数は過去最多だよ!」と言われるほどの多くの方々が来てくださいました。さすがユウ。
「得点王目指して頑張って!」「今年もゴール期待しているよ!」とたくさんのあたたかいお言葉を頂き、ユウもそれに一つ一つ答えていました。
皆さんにお見送りをしていただき、商店街を後にしたユウは、イオン新百合ヶ丘店に向かいました。

■長沢商店会・柿生中央商店会 《安藤駿介選手、原田虹輝選手》

長沢商店会・柿生中央商店会では安藤駿介選手と原田虹輝選手が訪問しました。
サイン会の前にまずは川崎信用金庫長沢支店の皆さんにご挨拶。いつも応援ありがとうございます! 長沢商店会のサイン会はここ数年ASA南生田で行っており、「選手が寒くないように」とお仕事を中断して室内にサイン会場を設けてくださっています。
「孫がフロンターレ好きでね!」と終了間際に駆け付けてくれた方、お孫さん喜んでくれましたでしょうか。
そして、長沢のサイン会を後にして、次は柿生にやってきました。柿生中央商店会のサイン会でも多くの皆さんが待っていてくれましたよ。今年の目標は、「隣町からのリーグタイトル奪還!」とアンちゃん。コウキは「複数タイトルの獲得!」と力強く宣言してくれました。最後に柿生駅前の大平屋さんでご褒美にみたらし団子を頂きました!「美味しい!」と、2人とも自分と家族用に購入していました。

長くなりましたが、今年の商店街挨拶回りの報告は以上です!

ここからは、応援バナナの販促活動のご報告です!

■フレルさぎ沼 《チョン ソンリョン選手》

フレルさぎ沼では、ソンリョンが応援バナナ販促のイベントに初登場!
珍しいフィールドユニフォーム姿に、皆さんから「初めて見た!」との声もあがっていました。無心でシャッターを撮る皆さんを前にして、少し恥ずかしそうな笑顔を見せながらもイベントスタート!
子どもから大人まで沢山の方々にご参加いただき、途中小さなお子様を抱っこした途端大号泣されてしまうハプニングもありましたが(笑)、無事に終了いたしました!!
最後に、応援バナナに今年の目標を書いて発表もらったものを発表しましたが、「3冠」という力強い文字に、大きな拍手が湧きおこりました!!
最後にフレルさぎ沼さんにテナントとして入っているオリヒカさんにご挨拶させていただき、イベント終了いたしました!!

■イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店 《脇坂泰斗選手》

イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店で行われた応援バナナ販促活動には、南幸町での挨拶回りを終えたヤストが登場!
前日からヤスト横断幕やステージの設置などの準備を行い、仕上げに必勝だるまを置いて準備完了! フロンターレ一色の装飾で歓迎していただきました! 開店前には30人以上が並んでくれ、ヤストのへの期待の大きさを感じさせてくれました。
17時過ぎに大勢のサポーターに迎えられ、ヤストが登場!「明けましておめでとうございます。多くのタイトルが獲れるように頑張りますので、皆さんも一緒に頑張りましょう!」と力強い一言と共にイベントスタート!
バナナを購入していただいた方に、握手や記念写真撮影などのファンサービス。途中、「バナナを被ってください」とのリクエストにも笑顔で応えるさすがのヤスト! この神対応ぶりに、3周もしていただいた方や、自らバナナを被る方も!
最後は「たくさん集まってくれてありがとうございます。バナナも残っているみたいなのでぜひ買っていってください!」と、しっかりかわさき応援バナナの宣伝も忘れません。こうして大盛況のうちにイベントは終了!
イベント後、ヤストがバナペンで書いた目標は「10ゴール、10アシスト」! 今年もヤストの活躍を期待せずにはいられません!

■イオンスタイル新百合ヶ丘店 《小林悠選手》

しんゆりグリーンプラザでのサイン会を終えた小林悠選手は、そのあと足早に新百合ヶ丘駅前に直行。イオンスタイル新百合ヶ丘駅前店にて、初めて「かわさき応援バナナ」の販売促進活動を実施させていただきました。日頃からかわさき応援バナナを店頭で販売して頂いいただいていますが、今回もお店の方々に多大にご協力いただきました。
朝の販売開始のタイミングに立ち会うことは出来なかったのですが、9:00のバナナ販売開始のタイミングでは、信じられない程の人々が売り場に詰めかけたとのことでした。
キャプテンの到着を待たずして、既に写真撮影券は終了。握手券も残りわずか! と、飛ぶようにバナナが売れていました。到着後、ユウは約300人近くのお客様一人一人にファンサービスを行い、時には産まれたての赤ちゃんを抱っこも…! これにはさすがのキャプテンも緊張しておりました。
最後にバナペンで書いた2020シーズンの目標は「得点王!!」。力強く、自分をたぎらせるようにサポーターの皆さんへ発表してくれました。

寒い中、迎えていただいた商店街の皆さん、サポートショップの皆さん、足を運んで会いにきてくださったサポーターの皆さん、お店の装飾やかわさき応援バナナのイベントを調整してくださった店舗の皆さん、Doleさん、今年も本当にありがとうございました!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2020-01

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新の日記

過去の日記

2020

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ