CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

9/14 (月) 2020

カテゴリー:

富士通スタ初のプリンスリーグ開催!!

text by

富士通スタジアム川崎スタッフ

カテゴリー:

9月6日(日)に富士通スタジアム川崎では初となるプリンスリーグを開催いたしました!!

プリンスリーグの詳細
は下記をご確認ください。
※今年は例年と違い、1回戦総当たり方式となり、昇降格のないリーグ戦となります。

川崎フロンターレU-18のプリンスリーグと言えば、等々力陸上競技場、麻生グラウンド、等々力第一サッカー場をホームグラウンドとして例年行ってきましたが、今年、初めて富士通スタジアム川崎にて実施することができました。
富士通スタジアム川崎は例年この時期にXリーグ(アメリカンフットボール)の公式戦が行われており、使用できませんでしたが、今年は新型コロナウイルス影響もあり10月24日(土)に開幕となったこともあり、実現いたしました!!

新型コロナウイルスの影響で約5ヶ月遅れて開幕となったプリンスリーグ。
試合前には強い雨に見舞われピッチコンディションが懸念されましたが、選手等でピッチの水を抜き、キックオフ時には水溜りが気にならい程まで回復し、キックオフ!!
試合開始からフロンターレはなかなか持ち味のパスワークを発揮できない展開が続くなか、33分に自陣でボールを奪われ桐生第一高校が先制。続く38分にもサイドチェンジを狙われ桐生第一高校に追加点を許す。攻勢に出たいフロンターレだったが、なかなかチャンスを作り出せず0-2で前半終了。

後半開始からフロンターレはDF浅岡飛夢とMF徳久翔大を投入。フロンターレは立ち上がりから攻勢に出て46分、FW田中幹がシュートを打つもCKに。このCKからDF田鎖勇作がヘディングを放つも惜しくもゴール右に外れる。この後も相手ゴールに迫るがなかなかゴールを奪えない展開が続くが、82分、FKをDF吹田が蹴り、DF田鎖が合わせ1点を返す。DF吹田はファーストプレーがアシストとなった。最後はDF高井を前線にあげパワープレーに出るも試合はこのまま1-2で終了。富士通スタジアム川崎、初のプリンスリーグを勝利で終えることができなかった。

Twitterでは、動画にて当日の様子を配信しているのでこちらも合わせてご覧ください

富士通スタジアム川崎、初となるプリンスリーグは新型コロナウイルスの影響で無観客での実施となりました。プリンスリーグでの富士通スタジアム川崎での試合は今のところ予定されておりませんが、次回実施する際はサポーターの皆さんを迎えて実施できればと考えております!!

引き続き、富士通スタジアム川崎をよろしくお願いいたします!!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2020-09

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ