CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通Japan
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

3/27 (火) 2007

カテゴリー:

代表2選手

text by

広報部

カテゴリー:

スポーツ報知の三宅記者より代表レポが届きましたので、お知らせします!!

『日本代表の今年初戦、ペルー戦にフロンターレからGK川島永嗣とMF中村憲剛の2選手が臨んだ。
集合は21日の夜に横浜市内のホテルで。ACLのバンコク・ユニバーシティ大学に引き分けた試合から6時間後だった。ホームで勝点3を奪えず悔しい思いをした同試合だけに、気持ちの切り替えは難しかったのではないだろうか。

憲剛が到着し2階でチェックインしたとき、1階でちょうど中村俊輔選手(セルティック)が大勢の記者に囲まれていた。中央大学時代から横浜F・マリノスでの俊輔選手のプレーを見ており「見ていて楽しい」と話していた憲剛。一緒にピッチに立つのを楽しみにしていた。
2月の練習だけの代表合宿で初招集された川島にとっては、Jリーグの活躍が認められて選ばれた形。川島は「毎回呼ばれることは簡単じゃない。クラブでの練習とか1つ1つのプレーを大切にしなければいけない」と話していた。

翌日の練習は午前は横浜市内で軽めに。午後はなんと千葉県まで高速道路1時間半バスで移動し練習した。フロンターレとともにACLに出場している浦和の選手がオーストラリアから成田空港に帰国しすぐ合流させるためだった。試合形式の練習で憲剛は高原直泰選手や俊輔選手らと同じチームでプレー。俊輔選手とはホテルの部屋の前で偶然会い「フロンターレの試合を見ている」と言われたという。練習も初合流とは思えないほど息の合ったプレーができた様子で「(プレーを)見てくれているという感じがするのでこっちも(パスを)出しやすい」と手ごたえを得ていた。

試合前日の練習で目立ったのは川島だった。どんな練習でもいつも通りの抜群の反応でシュートを止め、試合形式の練習では大きな声を出してDFラインをまとめた。ユース時代から代表経験があったことと親しみやすい性格もあり、すっかり代表のメンバーに溶け込んでいた。

ペルー戦は憲剛も川島もベンチスタート。憲剛は後半15分にオシム監督が一番最初に切った交代のカードだった。憲剛が入ると中盤のパステンポが上がり、前へ前へと行くリズムが明らかに良くなった。俊輔が落としたパスを左足のミドルシュートを放つなど、先発出場はしなかったが、代表には不可欠な選手であることを改めて証明した。

代表の初戦は2-0の白星スタート。川島は出番こそなかったが、3日間という短い時間で、多くの収穫はあったようだ。(文=三宅篤)』

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ