CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通Japan
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

12/30 (日) 2007

カテゴリー:

解散式

text by

広報部

カテゴリー:

本日、麻生グラウンドで2007年シーズンの解散式を行いました。

関塚監督が「過密日程の中で戦ってきて、残念ながらタイトルには手が届かなかったが、キャプテンの宏樹のもと、ひとつになって戦ってくれた。中身のあるシーズンだった。」「J2時代からみんなで頑張ってきて、今ではタイトルを期待されるクラブへ成長してきている。それもすべてみんなの努力のおかげ。」「家族、サポーター、スポンサー…支えてくれた、すべての方への感謝を忘れずに」「リラックスして、リフレッシュして欲しいが、きちんとした生活をするように」「新たなシーズン、また一丸となって戦おう」と笑顔で挨拶。

最後は、なぜかユニフォーム姿だったトクとマサの2人も含め、グラウンドに出て全員で記念撮影会をし、約1ヶ月間のオフに入りました。

さて、その後のクラブハウス内は大混乱。
年に一度の大掃除ということで、全員がお世辞にも綺麗だとは言えないロッカールームを整理。「うわー、こんなの出てきた!!」なんて声が聞こえる中、「甥っ子が喜ぶなぁ」と言って憲剛にサインをもらっていた周平。「憲剛さん、スパイクください!!」と言って群がっていたソノ、リキ、恭平ら若手組。自分のユニフォームを広げ、全員からサインをもらおうと動き回っていたタニ…

そんな騒ぎの中で、ロッカールーム中央に置かれた「処分」と書かれたいわゆるゴミ箱代わりのダンボール箱に「これ、いらない」とポイポイ捨てていたイガら複数の選手たち。次から次へとモノが入っていきます。

ゴミなんてとんでもない。「いらないの?じゃ、ちょうだい」「サイン書いて」とあわてて拾い集めました。時には「何かちょうだい」と多少強引にお願いもしました。正直、自分が持って帰りたいという衝動を必死に抑え、本気でかき集めました!!いやぁ、すごい数です。今年は。ということで、こちらのフロンターレ日記と、モバイルフロンターレの中でお年玉プレゼントとして登場しちゃいます!!

チームはしばらくOFFに入りますが、公式サイトは熱いですよ。
気付いたら申し込み期限が過ぎていた… なんてことにならないように、ご注意を!!

最後に…
飛行機の関係で解散式に出ずに、朝早く麻生に来て飛んで帰ったジュニ。昨日の敗戦のあと、飛行機の調整をしたところ何とかなったらしく、急いで家族のところに帰っていきました。

「今年1年応援してくれてありがとう。ホントにサポーターのみんなには感謝している。ホームゲームだけじゃなくて、最初はACLで遠くインドネシアまで来てくれたことにはホントに驚いたし、力になった。ありがとう。
今日、一足先にブラジルに帰ります。ブラジルに戻って、なかなか会えない家族や友達に会って、力を蓄えてきます。またゆっくり体を休めて来季、100%の力で戦えるようにコンディションを整えてきます。
来季は、フロンターレにとって難しいシーズンになると思う。僕達も全力で頑張るし、サポーターのみんなも今年以上にたくさん応援して欲しい。みんなの力が一つになれば、きっと来年はタイトルを取れる。
しばらくオフに入ります。みんな、また来年会いましょう。」とのメッセージを残した数分後、グラウンドにつながる坂の下で別のスタッフが車でジュニと鉢合わせしたそう。スタッフは「あ、ジュニの車だ」とパッと見て気付いたそうですが、その瞬間。車は急停止。運転席側の窓が開いたと思ったら、「オツカレサマー、マタ、ライネンネー、バイバーイ!!」と満面の笑顔と流暢な日本語で挨拶してくれたとのこと。再来日の予定はまたお知らせしますね。

バタバタしましたが、サポーターの皆さんへのお年玉プレゼントがたくさんGETできたので、実りある一日でした。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ