CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

9/ 8 (土) 2012

カテゴリー:

Mind-1ニッポンプロジェクトツアー

text by

JTB法人営業川崎支店 高橋寛

カテゴリー:

こんにちは!JTBアウェイツアー担当のタカハシです!いつもJTBアウェイツアーのご利用ありがとうございます。さて今回は、9月1日に行なわれたベガルタ仙台戦Awayツアーのご報告をします。
今回はナイトゲームのため、仙台市内ホテル宿泊の1泊2日プランとなります。参加者168名の皆様は東京駅に集合すると、早速新幹線で仙台へ。駅到着後は自由行動となり、それぞれユアテックスタジアムへ向かいました。

試合は首位争いをしている仙台戦だけあって、非常にタフなゲームとなりました。完全アウェイの環境の中、登里選手の先制点のときにはみんなでタオルを振って歓喜しましたが、後半に2点を失っての残念な敗戦に、皆さんもガックリと肩を落としていましたが、せっかく杜の都仙台に来たのですから、名物牛タンなどそれぞれ仙台の夜を満喫されたようでした。

そして2日目は自由行動の方と、陸前高田市など被災地をバスで巡り視察をする「Mind-1ニッポンプロジェクトツアー」ご参加の方とで分かれました。「Mind-1ニッポンプロジェクトツアー」はフロンターレの掲げる「Mind-1ニッポンプロジェクト」の精神をサポーターの皆様にもより深く浸透できるよう、JTBとしてお手伝いをさせていただくべく設定させていただいたオプショナルツアーです。今回、Mind-1ニッポンプロジェクトツアーはバス3台、125名様のご参加をいただきました。「このMind-1ニッポンプロジェクトのツアーがあったから今回初めてJTBアウェイツアーに申し込んだ」というサポーターの方もいらっしゃったりして、サポーターの皆様の意識の高さに頭が下がります。

宿泊ホテルを出発した一行は、道中バス車内ではバスガイドさんから地震・津波にまつわる当時のお話をいただきながら、休憩地点である岩手県一関市にある「道の駅 かわさき」に到着しました。こちらは「川崎市」ではなく「川崎町」ですが、岩手県にも「川崎」があるのを知ったサポーターの皆様は驚かれていました。

岩手の「川崎」を後にし、バス車内では1本のDVDを放映しました。その内容は、まさに3/11に地震が発生した直後、津波が街を飲み込んでいく様子や震災前後で一変してしまった街の様子を収めた記録映像でした。こちらのDVDは岩手県大船渡市にあり銘菓「かもめの玉子」などを生産している、さいとう製菓株式会社の専務取締役である齊藤賢次様が主に撮影・編集をしたもので、今回ツアーご参加者様のために齊藤様から特別にご提供いただいたものでした。津波が街を襲う映像は目を覆いそうになりましたが、それでも皆様は真剣に映像をご覧いただいておりました。

そしてバスは陸前高田市立小友小学校へ到着。小友小学校はフロンターレが復興支援で算数ドリルを最初に届けた小学校で、とても縁のある場所です。こちらの体育館をお借りして、多忙の合間を縫って、今回DVDをご提供いただいた齊藤専務取締役自らにお越しいただき、当時のお話や今日に至るまでのお話を約30分ご講演いただきました。齊藤専務は富士通に勤めていたこともあり、サポーターの皆様とも距離を近く感じられたようでした。講演後は、「かもめの玉子」など、さいとう製菓がお取り扱いしているお菓子の販売タイムも設け、皆様お買い求めいただいておりました。

そうして小友小学校を後にしたバスは15分ほどで次なる目的地、高田小学校へ到着。バスの号車ごとにビデオを見ながら浜口先生より震災当時の状況の説明を受け、選手によるサッカー教室の見学をしました。滞在時間は1時間程度でしたが、先生のお話を聞き、子どもたちの姿を見て、感じる部分も多かったと思います。最後に選手を代表して杉山力裕選手会長よりご挨拶をいただき、高田小学校を後にしました。

その後は陸前高田の「奇跡の一本松」や南三陸町の防災センター、石巻市の門脇小学校など、未だ傷跡の残っている被災地をバスガイドさんの解説を添えながら実際に目にして巡り、夕方5時過ぎに仙台駅に到着、19時過ぎの新幹線にて東京へ戻ってきました。

今回の「Mind-1ニッポンプロジェクトツアー」、被災地を実際に自分の目で見て、また当時のお話を体験された方々から聞くことができ、ご参加の皆様一人ひとりが何かを感じ、考えることができたのではないかと思っております。是非、ご参加いただいた方は周りの方へもご自身が感じたことをお伝えしていただき、「Mind-1ニッポンプロジェクト」の精神、復興支援の輪を広げていただきたいと思います。JTBとしても今回だけでなく今後も引き続き、「Mind-1ニッポンプロジェクト」にご協力をしていきたいと思っております。

いつものJTBアウェイツアーとは雰囲気が違ったとは思いますが、企画趣旨に賛同いただきご参加いただいたサポーターの皆様、そして今回多大なるご協力をいただきました。さいとう製菓をはじめ小友小学校、高田小学校、スタッフ、選手の皆様、誠にありがとうございました。

そして最後に今後のツアーのご案内です。
現在、10/6(土)に行なわれる柏レイソル戦のバスツアーを受付中です。合わせてフロンターレ側ゴール裏立見席付きチケットプランもあと数枚限りとなっています。早めに往復バス代とチケットを確保しておけば、間際になっても慌てることもございません!ぜひお早目にお申込み下さい!

詳細・申込はこちらから。15日鹿島戦、29日札幌戦のJTBブースでもお申込み頂けます。柏のゴール裏をフロンターレブルーで埋め尽くしましょう!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ