フロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2013年12月14日(土)の日記

tag: 下部組織

いよいよ

text by 広報部

いよいよ来週Jユースカップ準決勝が行われます。11月17日に行われた準々決勝、浦和レッズユース戦では、前半に2点をリードされる苦しい展開となりましたが、失点直後に2年生FW岡田優希選手の強烈なミドルシュートが決まり、1点を返すと、後半に入り残り15分で途中出場のFW梶田航平選手が値千金の同点ゴール!!そして、2-2のまま延長戦突入かと思われたアディショナルタイムに、右サイドから崩して最後は岡田優希選手が決め、劇的な逆転勝利で見事クラブ史上初のベスト4進出を決めました!!

今年のU-18は昨年までトップチームのコーチを務めていた今野章監督がチームを率いて、トップチーム同様、パスをつないで相手を崩すサッカーを目指してきました。年間を通して戦うプリンスリーグでは、開幕戦の國學院久我山高校戦を1-3で落とすと、開幕4試合で2勝2敗となかなか波に乗れませんでしたが、第5節の佐野日大高校戦から最終節のジェフ千葉U-18戦まで14連勝と圧倒的な強さを見せつけ、優勝と来シーズンのプリンスリーグ関東(来年度から1部制)への昇格を決めました。今野監督も「開幕戦からなかなか波に乗れず、苦しい試合の連続でしたが、選手達は着実に力をつけ、毎試合最後までタフに戦いぬき、目標であった優勝、昇格を達成することが出来ました」とチームとして成長を感じられるリーグ戦となりました。

プリンスリーグの勢いそのままに臨んだJユースカップでもその強さを見せつけました。予選リーグでは、ヴァンフォーレ甲府U-18とプリンスリーグの上位リーグにあたるプレミアリーグに所属する清水エスパルスユース、セレッソ大阪U-18と同じグループになりましたが、見事1位で決勝トーナメントへ。決勝トーナメントでも1回戦で愛知FC U-18、2回戦でプレミアリーグ所属の京都サンガF.C.U-18に4-1と逆転勝利をおさめるなど選手たちも自信をつけ、先ほどお伝えした準々決勝の浦和レッズユース戦に見事勝利しました。

そして12月21日(土)には準決勝を迎えます。対戦相手はサンフレッチェ広島F.Cユース。今年はプレミアリーグでの優勝を逃しましたが、昨年、一昨年と優勝し、東西のプレミアリーグのチャンピオンが激突する高円宮杯U-18サッカーリーグ2013 チャンピオンシップに出場するなど、U-18年代屈指の強豪チームです。しかし、そんなことは関係ありません!今年のチームは並みいる強豪チーム相手に、常に自分たちのサッカーを見せつけ勝利を重ねてきました。きっと、今度の準決勝でもこの1年間積み重ねてきたサッカーで勝利を掴みとってくれることでしょう!!

その準決勝は大阪・キンチョウスタジアムでの開催となりますが、ぜひ川崎フロンターレU-18を後押ししようと、こちらもクラブ史上初めてU-18のアウェイツアーを開催します!!
前日深夜に川崎を出発し、翌朝大阪着→試合観戦後に再び川崎に向けて出発するという行程ですが、ぜひたくさんのサポーターの方に後押ししていただければと思います。ツアーの申し込みは明日15日(日)までです!!お見逃しなく!!

12月21日(土)はJユースカップ準決勝、そして翌22日(日)はトップチームの天皇杯vsサガン鳥栖戦、さらに23日(月・祝)にはJユースカップ決勝とまさにフロンターレ三昧になる予定ですので、トップチーム同様、川崎フロンターレU-18にも熱いご声援をよろしくお願いします!!

< 2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

過去の日記

過去の日記

サイトマップ

閉じる

このページのトップへ