FRONTALE DIARYフロンターレ日記

1/ 8 (水) 2014

カテゴリー:

ハンマープライス2013⑦

text by

集客プロモG

カテゴリー:

「杉山力裕選手とNEW ERAキャップを一緒にデザインできる権利」編

12月某日、ついにこの企画が動き出す時がきました。ハンマープライス第4弾企画の1つ、「杉山力裕選手とNEW ERAキャップを一緒にデザインできる権利」です!もう説明不要の方も多いと思いますが、Mind-1ニッポンプロジェクト活動の一環として、フロンターレ選手、クラブから提供する『権利』『サービス』など様々な商品をオークションにかけ、最高金額を提示した方がその品(権利)を購入(獲得)できる企画です。もちろん落札価格から必要経費を抜いたお金を東日本大震災の復興支援に充てます。

今回の企画はNEW ERAの帽子をよくかぶっているリキ(杉山力裕)と、これまたNEW ERAの帽子が大好きというショータ(新井章太)の2名が参加。都内の駅でリキとショータと待ち合わせ、NEW ERAさんの事務所が入っているビルに向かいました。まずリキもショータもNEW ERAさんのオフィス兼展示室の空間にびっくり。とてもスタイリッシュでポップなデザインにわくわく感が高まります。今回の企画に協力をしてくださるNEW ERAのスタッフの方と顔合わせをした後、様々なブランドや企業とのコラボレーションをしている帽子を見せてもらい2人はすっかり満足。色々なデザインの構想が頭に浮かびます。

ここで落札者の方がNEW ERAさんの事務所に到着し、リキとショータと初顔合わせ。今回落札してくださった方は大学生で、現在就職活動中。フロンターレのボランティア活動に興味があり、ホームページを見ているときに今回の企画を発見。帽子好きなこともあり、今回の落札に至ったということです。就職活動中もあってこの日はスーツだったのですが、リキも偶然に選手会の活動がありスーツで登場。1人だけ私服のショータがなぜか浮いてしまう事態となりました(笑)。そんなくだりもあり、はじめは少し緊張気味だった落札者の方も、少し時間がたつと緊張はほぐれて和やかなムードに。早速本題の帽子のデザインにとりかかります。

もちろん帽子のデザインは初めての3人。NEW ERAのスタッフの方にリードしてもらい、手探りのデザイン作業の開始です。展示室にある今までに発売されている様々な帽子をサンプルにしながら帽子の形、色、素材、ロゴの形と位置など様々なことを一つ一つ丁寧に話合っていく3人でしたが、帽子好きということもあり、あまり意見が別れることもなく、大筋のデザインは意外と早く決定していきました。今回3人が話し合って決めたデザイン案をもとにNEW ERAさんが実際にデザインを興してサンプルを作成していきます。その後修正や追加デザインをしていき、完成を目指すのですが、ここでこの日記をご覧のNEW ERAファンに朗報です。2014シーズンの春頃になんとこの3人がデザインした帽子が実際に発売されます!隣で聞いていたスタッフも、今までにないデザインのコラボ商品として多いに期待をしています。その販売に関しての情報や、デザインの進捗状況は追ってまた皆さんにはご報告いたします。

NEW ERAさんを出て帰り道にリキに話を聞くと、「自分が好きなことを落札者の方と協力して行い、それが復興支援の為になるこのフロンターレらしい企画を今後も続けて行きたい。今日選手会の集まりに顔を出したが、チャリティーマッチなどの復興支援の話をしている中で、自分が復興支援の意識が高いクラブに所属しているとはっきりとわかる」と話してくれました。川崎フロンターレでは、2014シーズンも、「支援はブームじゃない。」を合言葉に、東日本大震災復興支援活動、「Mind-1ニッポンプロジェクト」を続けていきます。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h