FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2014年09月23日(火)の日記

tag: イベント

川崎新田ボクシングジム興行

text by 集客プロモG

9/17(水)川崎新田ボクシングジム主催の「ホープフルファイトvol.16」が後楽園ホールで開催されました。フロンターレと川崎新田ボクシングジムは、スポーツの力で川崎を盛り上げようと、ともに協力して様々な活動を行っています。ファン感やフロンタウンのお祭りにも参加してもらっているので、選手を知っている方も多いのではないのでしょうか?今回もスタッフ、サポーター総勢約20人で応援に行ってきました!

この日のメインイベントは、東洋太平洋フェザー級4位、日本フェザー級11位の片桐秋彦選手VS小泉雄大選手の一戦。片桐選手にはフロンタウンさぎぬまで行われている「ボクシングエクササイズ」の指導者としてもお世話になっていて、フロンターレと関わりが深い選手の一人です。

興行は18時にスタート。メインイベントの前には、桜井昌幸選手、郷司利也子選手、三好喜美佳選手など、川崎新田ボクシングジム所属選手の試合が行われているので、応援する私たちも初めからエンジン全開です。選手たちの白熱した試合を観ていると、ついこちらも力が入ってしまいます。
その中でも特に注目度が高かったのが、この日がプロデビューとなったライトフライ級の柏野晃平選手。柏野選手は、東京大学卒で公認会計士・税理士の資格を持つプロボクサー。異色の経歴を持つ柏野選手のデビュー戦に多くのメディアが集まっていました。序盤から相手を圧倒した柏野選手は、2Rに入ると猛攻を見せ、最後は豪快な左カウンターでダウンを奪取。見事にデビュー戦をKO勝ちで飾りました!

続いて登場した三好喜美佳選手は、攻められながらも後半巻き返しを見せる試合展開に。しかし、結果は惜しくも判定で敗れてしまいました。その後はセミファイナル。登場したのはフライ級の黒田雅之選手です。相手を一切寄せ付けずに試合を組み立て、2R TKOで勝利!さすがは黒田選手、圧巻の試合運びでした。そんな黒田選手から、コメントを頂きましたのでご紹介します。
【黒田選手コメント】
「17日の試合を応援してくださり、ありがとうございます!まだまだ精神的、技術的にも未熟ですが、頂点目指してこれからも勝ち続けていきます!共に川崎を盛り上げていきましょう!」

いよいよ最後はメインイベント。大声援に迎えられた片桐選手の登場です! フロンターレカラーのボクサーパンツを着用していることもあり、応援もより一層盛り上がります! 海外での経験を生かし、落ち着いて試合を進める片桐選手。有効なパンチを多くヒットさせ、素人目にもリードしていることが分かる展開でした。しかし、5Rで一瞬のすきを突かれて相手のパンチを受け、ダウンを奪われてしまいます。スタンドの我々もヒヤッとしましたが、すぐに立ち上がって難をしのぐと、ここから反撃開始。終盤、相手に猛攻を仕掛け7R TKO勝利を収めました! 熱い試合を見せてくれた片桐選手からもコメントを頂いたので紹介します。
【片桐選手コメント】
「応援ありがとうございました。5Rのダウンでヒヤヒヤさせてしまったかもしれませんが、正直あまり効いてなくて、その後立て直し、結果TKOで勝つことが出来てホッとしています。今回の内容ではタイトルマッチなんて厳しいかもしれませんが、アウェイで戦って来た事や、今回の試合をバネにして更に精進して行きます。これからも応援宜しくお願いします。」

今回も応援に駆けつけてくれた皆さん、ありがとうございました。そして、川崎新田ボクシングジムの皆さん、本当にお疲れさまでした。今後も一緒にさらなる高みを目指しながら、スポーツで川崎を盛り上げていきましょう!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h