FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2015年12月12日(土)の日記

tag: 富士通スタジアム川崎

第5回日本アンプティサッカー選手権大会2015

text by 指定管理プロジェクト

皆さんこんにちは。先月、11月22日(日)、23日(月・祝)川崎区の富士通スタジアム川崎にて、「第5回日本アンプティサッカー選手権大会2015」が開催されました。

「アンプティサッカー」とは、主に上肢、下肢の切断障害を持った選手がプレーするサッカーで、フィールドプレーヤー6名とゴールキーパー1名の計7名でチームを組んでプレーします。「クラッチ」と呼ばれる杖を用いてプレーする選手たちは、攻守の入れ替わりが激しいスピーディーなゲームを展開していきます。

昨年まではフロンタウンさぎぬまで開催されていた同大会ですが、今年は富士通スタジアム川崎へと場所を移しての開催。観客席付きスタジアムでの初開催ということもあり、事前のメディア露出も多く、2日間を通して多くの観客が訪れました。

22日のグループステージでは、FC九州バイラオールが力を発揮。2試合で15得点という圧倒的な攻撃力を見せつけました。なかでも、萱島比呂選手は圧巻のパフォーマンスを披露。2試合で8得点を挙げ、まさに「別格」と呼べる働きでした。

最終日となる23日は、決勝トーナメントが行われました。 この日は、川崎市・福田市長、川崎フロンターレ・武田会長、そして日本アンプティサッカー協会最高顧問・セルジオ越後さんもご来場。注目度の高さが伺えますね。

そんななか行われた準決勝。第1戦はディフェンディングチャンピオンの「FCアウボラーダ川崎」が登場しました。川崎は、エンヒッキ・松茂良・ジアスの先制点を皮切りに、攻撃陣が爆発。4-0と相手を寄せ寄せ付けない強さを見せ、決勝進出を決めました。
2試合目にはFC九州バイラオールが登場。前日の様子を見る限り、「準決勝も圧勝するのでは?」と思いましたが、関西セッチエストレーラスの堅い守備の前になかなかゴールを奪えません。それでも、萱島比呂選手が挙げた1点を守りきり、決勝進出となりました。

【準決勝 第1試合】
アウボラーダ川崎 4 – 0 TSAFC
 << 得点者 >>
川崎 エンヒッキ
川崎 岩崎
川崎 西条 × 2

【準決勝 第2試合】
FC九州バイラオール 1 – 0 関西セッチエストレーラス
<< 得点者 >>
九州 萱島

決勝戦のカードは「FCアウボラーダ川崎vsFC九州バイラオール」。2年連続で同カードの対決となりました。序盤から一進一退の攻防が続き、両チーム無得点で折り返すと、後半、ついにFC九州バイラオールが先制点を奪います。ゴール前の混戦から星川誠選手のシュートが見事に決まりました。その後は追う展開となったFCアウボラーダ川崎が猛攻。それでも、九州はGK東幸弘選手を中心に耐えしのぎます。終盤には、ゴールポストに当たる場面やゴールライン上でのクリアなど、まさに「神がかり的」なディフェンスを見せた九州。そして試合はこのまま1-0で終了。FC九州バイラオールが見事に第4回大会のリベンジを成し遂げ、優勝を果たしました。
得点王は9得点を挙げた萱島選手。そして大会MVPには、GK東幸弘選手が選出されました。東幸弘選手は決勝戦でのファインセーブ連発をはじめ、全4試合を無失点。文句なしのMVPとなりました。

【決勝】
アウボラーダ川崎 0 – 1 FC九州バイラオール
<< 得点者 >>
九州 星川

迫力あるプレーと、最後まで目が離せない試合展開に、遊びに来たふろん太も大興奮。
また、ふろん太は場外で行われていた車いすラグビー体験のイベントにも参加し、子どもたちと触れ合っていましたよ。

閉会式の後には、アウボラーダ川崎のエンヒッキ・松茂良・ジアス選手と、FC九州バイラオールの萱島比呂選手が話し込んでいました。実はこの2人、ともにチームの絶対的エースであり、普段はライバル。ですが、日本代表として戦うときは「Wエース」として活躍している間柄。アンプティサッカー界のスーパースターは、一体何を話していたのでしょうか。

競技人口も増え、プレーのレベルも高まっているアンプティサッカー。日本アンプティサッカー協会最高顧問のセルジオ越後さんからは、「年々試合のレベルが上がってきているね。観ていて本当に楽しかったよ」「今年は大会の規模やレベルも上がったし、これからが楽しみ」「来年も富士通スタジアム川崎で開催したいね」と嬉しい言葉をもらいました!

大会に参加された選手、スタッフの皆さんお疲れ様でした
来年もまた、富士通スタジアム川崎でお会いできることを楽しみにしています!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h