FRONTALE DIARYフロンターレ日記

12/24 (日) 2017

カテゴリー:

2017ブルーサンタ(1弾)

text by

ホームタウン担当

カテゴリー:

メリークリスマス!
フロンターレのクリスマスといえば、そうブルーサンタですよね!

ブルーサンタとは、川崎フロンターレの選手が水色のサンタクロースに変身し、小児科病棟を慰問する事業です。これは川崎フロンターレにとって地域に貢献できる大切なホームタウン活動であり、病気と闘っている子ども達に少しでも元気をプレゼントできればと、1997年のチーム創設時から継続して行っています。今年も様々な病院の小児科病棟を慰問させていただきましたのでご報告いたします。

12/12(火)に訪れたのは昭和大学藤が丘病院。登場したのはルーキーの知念慶選手です。チネンサンタは「とても素晴らしい活動ですよね。」と、スタッフからブルーサンタの意義と21年間続けてきた歴史を聞いているときも真剣な眼差し。しかし、時間が迫るにつれて口数が少なくなり、「緊張してきました。子どもたちに何を話せばいいか…難しいですね。」と悩んでいる様子でした。

それでも、子どもたちが待つ部屋から聞こえてくる元気な歌声を聞き、持ち前のチネンスマイルが。本番に強いチネン。子どもたちの「チネンサンター!!」の呼びかけに応じて元気よく登場すると、部屋にいたみんなで元気に「赤鼻のトナカイ」と「あわてんぼうのサンタクロース」を歌いました。
みんながいい子にしてクリスマス会を楽しんでくれたので、チネンサンタからフロンターレグッズのクリスマスプレゼントを贈呈。プレゼントとサイン入りのトレカを1人ずつ話しかけながら丁寧に渡していましたよ。子どもたちがチネンサンタをキラキラした眼差しで見つめていたのが印象的でした。

以上でクリスマス会は終了…。と部屋を退出しようとした時、子どもたちからサプライズが! みんなを代表して女の子からとてもかわいいお手紙をいただきました。これにはチネンもとても喜んでいましたよ!

部屋から出た後は、クリスマス会に参加できなかった子ども達の病室へ。プレゼントを渡したり、写真を一緒に撮ったりして楽しい時間を過ごしました。

あっという間の時間でしたが、チネンサンタは「子どもたちの笑顔を見て、逆に僕の方が元気をもらいました。みんなに僕のプレーでパワーを与えていきたいので、来年も頑張ります!」とコメント。

昭和大学藤が丘病院の皆様、ご協力いただきありがとうございました。

12/12(火)はもうひとつ、川崎市立多摩病院にも訪れました。選手は高卒ルーキーコンビのタビナス ジェファーソン選手と田中碧選手。今シーズン加入した2人はもちろんブルーサンタは初めての経験でした。

先に小児科病棟に登場した「青鼻のトナカイ」ふろん太と「もみの木」から案内されて2人が登場すると、子ども達から「わー! 本物の選手だー!」と大きな拍手で迎えられました!
ここでもお馴染みの「あわてんぼうのサンタクロース」と「赤鼻のトナカイ」の2曲を歌いましたが、曲がかかると2人はノリノリな様子で大きな声で歌っていましたよ!
ジェフは音に合わせて踊りはじめ、子ども達だけでなく、看護師さん、子ども達のお母さん達も笑顔になっていました(笑)。

歌い終わると子ども達へふろん太のぬいぐるみとそれぞれのサイン入りトレカを直接プレゼント。最後に、「皆さんと等々力で会えるのを楽しみにしています!!」と伝えてクリスマス会は終了。

その後、クリスマス会に参加出来なかった子達の病室に訪問し、プレゼントを渡すのですが、後ろからヒョコッと現れるトナカイふろん太を見ると泣き出す子が何人か…。しかし、百戦錬磨のふろん太はものともせず、病室を出る時には子どもが青鼻をなでてくれて、ハイタッチでバイバイしていました。いいぞ、ふろん太!

病室を周り、最後には病院のスタッフの方々、看護師さん達と記念撮影。2人とも川崎の高校出身ということもあってか、皆さん凄く応援していただいていて、激励の言葉をたくさんいただきました。終始元気いっぱいだった2人。来年のさらなる飛躍が期待できます!!

川崎市立多摩病院の皆さま、参加してくれた子どもたち、ありがとうございました!

ブルーサンタの報告は、明日の後編に続きます! お楽しみに!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-12

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ