FRONTALE DIARYフロンターレ日記

12/26 (火) 2017

カテゴリー:

絶対に忘れない2017年☆

text by

カブレラ

カテゴリー:

毎年恒例ぼく達の仕事納めの日記の枠、いただいたから今年を振り返るよ~っ!!(実際は年末まで仕事おさまらないけどねっ☆)

今年は去年の年末から引き続き天皇杯を戦ってたから、いつもに増してフロンターレな年末年始を過ごしたなぁ。元日の決勝戦、ぼくは現地には行けず、こっちでみんなと見守ってた。選手達が崩れ落ちて、泣いてて…そんな姿を元日から見るのは、つらかった(>_<)きっとサポーターのみんなもそうだったはず。トーナメントだからね、寒い中でもPK戦までいって勝ち抜いたりして、1つ1つ進んで行っただけに、あの決勝戦は悔しかったのをすごく覚えてる。

それでも数日後には新しい仲間を出迎えて、例年のようにバナナをかぶってもらって、川崎大師で「今年こそっ!」って必勝祈願して、商店街にご挨拶に行って、キャンプに行って、あっという間に2017シーズンが始まったな。(その間ぼくはマスコット総選挙に初出馬したりした~☆)
鬼木監督くんになって、今まで以上にパワーアップしていくんじゃないかなって、ぼく、割と早々からワクワクしてたんだよねっ!! 元々コーチの時から選手達に信頼されてるって様子も見てたし(*^^*)スタッフくん達は、鬼木監督くんが選手時代に可愛がってもらってた人もまだいて、みんな「オニさんのために」って団結してた。

開幕したら、日程的には選手達は大変だったと思うけど、おかげでSNSのネタには困らなかったなぁ。フロンターレのサッカーが週に1回以上観れて、その移動の様子とかも写真をたくさん送ってもらったりしたから、試合にまつわる選手達の様子が見れて、インスタを見返すと懐かしくなる♪最初はプレー面でも連携面とか難しさを感じることもあったけど、試行錯誤しながら深めてきたんだよねっ。

そうそう、開幕する頃に通称「ふろん太本」ってやつが発売されたよねっ(-ω-)あれ、スタッフくん達がふろん太のツイートと共に、これまでのクラブの歴史を振り返ったり、当時居たスタッフに「こんなことあったね~」とかって、懐かし話をしながら形にしてたな☆親交のある他クラブのマスコットのみんなにメッセージもらったりして、いざ完成したらかなり内容の濃い本に仕上がってた\(^0^)/今もまだ売ってるから、読んでみてねっ☆
読むには今のオフ期間がうってつけだよ~♪購入はこちら
もちろん、ぼくも出てくるよ~♪

たくさんある試合をこなしながら、誰かの誕生日や子どもの誕生を祝ったり、勝利した時には思いっきりフロンターレらしく何かかぶったりとか、オフの日でもSNSで選手がコメントくれたりとか、日々の中にもいっつもフロンターレがあったなぁ☆

ちなみにぼくの誕生を祝ってくれる、ぼくが主役になれる「カブの日」は今年も白星どころか丸顔仲間のユウくんとあべちゃんくんが2点ずつ決めてくれて大勝だったなぁ☆試合前の場外でのイベントも“カブ”尽くしで、中でも「カブレラ短冊」は、ぼくが縦に伸ばされた短冊がズラッと並んでて面白かった~(^^)♪
今年もオリジナリティ溢れる、フロンターレらしく色んな企画やってたっ。もうね、企画色々ありすぎっ、至るところまで抜かりなさすぎ、なんだよねっ! ここは来年も引き続き、こだわってやってほしい。ぼく達も役に立てるならって常に思ってるから、使えるところには使ってもらいたいし、何より選手達にぼく達に興味をもっと持ってもらわねばなんだよね…。
インスタもジワジワと浸透してるのかな~って思うから、コツコツ継続かなっ☆

シーズンも夏過ぎから徐々に各大会で上の方まで残り始めて、天皇杯、ACLって敗退して…残るはルヴァンとリーグ!! ってなった。ルヴァンカップ決勝を控える頃には、割と誰が出ても同じように戦える自信もついてたし、流れも良かったからこそ、あの試合の悔しさがすごくすごく強く残った…。元日に続いて、またも“準優勝”で、ぼく、「選手達は試合が終わってから、明日から…どんな気持ちで練習するんだろう…」って考えたら、インスタ更新したくても言葉が見つからなかったな…(>_<)。でも、あの時、幸なことに地域イベントが多い週末をはさんでのリーグ戦だったから、改めて地域のみんなと一緒になって戦おうって気持ちになれたんだっ(^^*)
そこからというもの、悔しさを力に変え続けたフロンターレの強さをサッカーの神様はしっかり見てくれてたのか、負けられない試合が続く中、粘り強く勝ち続けたね。ぼく達も念を送りすぎて、ほぼ何も動いてないのに90分が終わったらグッタリしちゃうことも多々あった。

去年は年末までシーズンが続いてたけど、今年は天皇杯敗退してるから、リーグ最終節が今季の最後の試合って分かってたからこそ、いつも通りめいいっぱい楽しみながら、「みんなと等々力で最後も笑いたい!」って思って、あの大宮戦に臨んだぼく。
試合終了後、あんなに最高な等々力の様子、選手達の喜び、泣く姿を間近で見れたこと、ぼく、絶対に忘れないし、忘れられないっっ!! フロンターレのクラブの歴史に大きくおおっきく残る「初優勝」の日。ぼくの中にも濃く残ってる。

優勝が決まってからは、色んなテレビ番組や雑誌の特集で、「今季のフロンターレが初優勝に輝くまでの道のり」みたいな企画をしてもらって振り返ってるけど、本当に1試合1試合を思い出せるくらい、濃かった…! 選手それぞれによって、ターニングポイントになったって感じる試合は違うと思うけど、ぼくにとっては、そんな試合がすごくたくさんあって、思い出す度に嬉しい気持ちになる。もちろん既に書いたとおり、思い出すのがつらいくらい悔しい試合もあったけど、それも全てはリーグ戦の初優勝に繋がったんじゃないかと思うと、ねっ!!

この優勝に誰がどれだけ貢献したかなんて、比べる必要がなくて、フロンターレに関わるみんながしっかり貢献してて、力になってるから、みんなが喜んでいいと、ぼく思ってる。それくらい、ぼくにとってはみんな大切。選手もそう、スポンサーの皆さんや地域の皆さんとかとかねっ(^^)!
優勝パレードでは、いつも一緒に戦ってくれた福田市長もずーっとニッコニコしてて、ぼくも嬉しかったし、あんなすごい景色の川崎駅周辺は見たことがないよ…!! 今まではテレビで眺める側だった優勝パレードもできて、優勝特番に出演したり☆優勝記念号なんて雑誌が発売されて、手に入れるのが困難になるくらい川崎市内では品薄になってたり…!! 待ちに待ってたからこそ、1つ1つがすごく嬉しく感じるのは、ぼくだけじゃないはずっ。

来年もまた、選手達の笑顔が少しでもたっくさん見られますように。それを見て笑顔になってるサポーターのみんなに会えますように☆
(書き出したら長くなっちゃったから、ふろん太はほぼ省略で…。ごめんねっ。)

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2018-01

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新の日記

過去の日記

2018

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h