CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

10/20 (日) 2019

カテゴリー:

今大会は一味違う!アンプティサッカー選手権大会

text by

集客プロモG

カテゴリー:

皆さん、こんにちは。富士通スタジアム川崎です。
10月も中旬に差し掛かり、朝夜は肌寒くなってきましたね。この時期、富士見公園のイチョウの葉は鮮やかな黄色に染まり、木の下には沢山の銀杏が落ち始めます。私たちスタッフは毎年この時期になると季節の移り変りを感じます。さて、そんな中、今年もあの大会がスタジアムにやってきます。11月2日(土)、3日(日)の2日間、富士通スタジアム川崎では「第9回日本アンプティサッカー選手権大会2019」が開催されるのです!

この日記を読んではじめて知った方、そして、すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが簡単にご紹介します。
アンプティサッカーは、主に上肢、下肢の切断障がいを持った選手がクラッチ(杖)を軸に片足でボールをコントロールする「サッカー」です。基本的なルールは通常のサッカーのルールに準じていますが、一部ルールが異なっている部分もあります。アンプティサッカーの選手たちは、クラッチを使いながら体のバランスを保ち、そこに「走る」「蹴る」といった動きを加えながらプレーするのです。
選手たちは実に簡単にプレーしているように見えますが、クラッチを使ったプレーを私たちが体験してみると体のバランスを取りながら立つのがやっとの状態です。スピード感あふれる試合展開では選手同士の競り合いも激しく、ガツガツとクラッチがぶつかり合う音は迫力満点です。

富士通スタジアム川崎での開催は今大会で5回目となり、毎年多くのドラマが生まれてきました。
近年ではアンプティサッカーの日本一を決める舞台として欠かすことができない会場となってきましたが、今年は一味違います! なんと今大会の第1日目は「フロンタウンさぎぬま」と「富士通スタジアム川崎」の2会場でグループリーグ戦が開催されるのです!
かつて(2014年:第4回大会)同大会が行われていた“フロンタウンさぎぬま”へ5年ぶりにアンプティサッカー選手権大会が帰ってくるのです!
こちらも大注目です。そして、第2日目の順位決定戦(優勝~第7位)は、富士通スタジアム川崎で開催されますが、今回は同時開催されている「http://kawasaki-fest.main.jp/」の中で順位決定戦が開催されるのです。実はここ数年、かわさき市民祭りではアンプティサッカーコーナーを設けて、多くの市民の皆さまにアンプティサッカーを体験いただきました。今年は実際に選手たちのプレーを間近で観戦いただけます。ぜひこの機会にアンプティサッカーをお祭りとともに余すことなくお楽しみください。

そして、最後にこちらを忘れてはいけません!
アンプティサッカー選手権大会PV動画です。毎年多くの皆さまにアンプティサッカーへ興味を持っていただき、スタジアムに足を運んでもらって試合をお楽しみいただけるよう「アンプティサッカー×川崎フロンターレ」によるPV動画を作成してきました。
過去には中村憲剛選手、小林悠選手、谷口彰悟選手、知念慶選手がPV動画に登場して、日本アンプティサッカー界が誇るトップ選手たちと様々な対決を行ってきました。これらのPV動画は川崎フロンターレ公式チャンネルよりご覧いただけます。
今年はフロンターレ選手たちの登場はありませんが、迫力ある素晴らしい大会PVに仕上がっています。ぜひこちらをチェックしていただきスタジアムへ足を運んでください。皆さまのご来場をお待ちしております。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2019-11

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ