前節

最新

次節

7official

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

託児室

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

メルマガ

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

公式Twitter

コーチのお仕事@ココログ 育成・普及編 チーム編

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

対戦内容

  • Jリーグディビジョン 1
  • 2007シーズン
  • 第1節
  • vs.鹿島アントラーズ

ホームゲーム

日時:2007年03月03日(土)15:000キックオフ 会場:等々力陸上競技場

ゲームトップ画像

この試合の開催データ

2007 Jリーグディビジョン 1 第1節 vs.鹿島アントラーズ:開催データ
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
20,295人 晴のち曇、中風 15.4℃ 60% 全面良芝、乾燥 90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
細谷 一郎 吉田 寿光 高橋 佳久 岡野 尚士 砂川 恵一 大高 常勝
過去の対戦成績(J1) 過去の対戦成績(J2) 2007シーズン対戦記録
3勝0分3敗/9得点12失点 対戦無し 第1節(ホーム)/第24節(アウェイ)

ゲーム公式記録

川崎フロンターレ[ホーム] チーム [アウェイ]鹿島アントラーズ
1

1 前半 0
- 後半 -

0
関塚 隆 監督 オリヴェイラ
0 > 3 勝点 0 > 0

マギヌン 21分

得点
選手/時間

選手名
シュート数 ポジ
ション
シュート数
選手名
45909045
川島 永嗣 1000 GK 000 21 曽ヶ端 準
箕輪 義信 5000 DF 0002 内田 篤人
寺田 周平 13000 0003 岩政 大樹
伊藤 宏樹 2000 0005 ファボン
0007 新井場 徹
森 勇介 19101 MF 00015 青木 剛
中村 憲剛 14011 00016 中後 雅喜
谷口 博之 29011 10110 本山 雅志
村上 和弘 26101 31211 ダニーロ
マギヌン 11303
我那覇 和樹 9011 FW 211 18 マルキーニョス
ジュニーニョ 10358 000 13 柳沢 敦
 
GK/相澤 貴志 21       SUB       1 GK/小澤 英明
DF/佐原 秀樹 3             4 DF/大岩 剛
MF/落合 正幸 17             22 DF/石神 直哉
MF/西山 貴永 31   0 0 1 1   14 MF/増田 誓志
MF/大橋 正博 24             32 MF/吉澤 佑哉
FW/黒津 勝 7       0 0   9 FW/田代 有三
FW/鄭 大世 16   0 0 0 0   17 FW/興梠 慎三
経過
得点選手 得点経過 得点選手
経過

中央 14 → 左 26 ↑ 中央 11 ヘディングS

11 マギヌン 21

[得点経過の記号の意味]〜:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート

OUT IN 交代選手 IN OUT
26 村上 和弘 31 西山 貴永 86 71 14 増田 誓志 10 本山 雅志
9 我那覇 和樹 16 鄭 大世 89 71 9 田代 有三 15 青木 剛
    88 17 興梠 慎三 2 内田 篤人
警告・退場
選手名/理由
C2 29 谷口 博之 19
C2 5 箕輪 義信 19
C2 10 ジュニーニョ 44
  
  
  
45 90 データ 90 45
8 8 16 シュート 7 3 4
8 4 12 GK 13 6 7
1 4 5 CK 5 2 3
5 9 14 直接FK 15 5 10
1 2 3 間接FK 1 1 0
0 2 2 オフサイド 1 1 0
0 0 0 PK 0 0 0
警告・退場
選手名/理由
12 C1 10 本山 雅志
14 C2 3 岩政 大樹
81 C1 3 岩政 大樹
81 CS 3 岩政 大樹
  
  

注1:オフサイド欄の数値は、間接FK数のうちオフサイドによるものを表している。
注2:*はハーフタイムなどのインターバル中、あるいはPK戦中を意味する。

警告理由
C1 = 反スポーツ的行為 C2 = ラフプレイ C3 = 異議 C4 = 繰り返しの違反 C5 = 遅延行為  C6 = 距離不足
C7 = 無許可入 C8 = 無許可去
退場理由
S1 = 著しく不正なプレイ S2 = 乱暴行為 S3 = つば吐き S4 = 得点機会阻止(手) S5 = 得点機会阻止(他)
S6 = 侮辱 CS = 警告2回

>ページのトップへ

他会場の開催結果

2007 Jリーグディビジョン 1 / 第1節 >利用規約をご確認ください

日 程 対戦 会 場 キックオフ 入場者数 結果
2007年
3月3日(土)
F東京 vs 広島 味スタ 14:00 25,257 2 - 4
横浜FM vs 甲府 日産ス 14:00 24,466 1 - 0
大分 vs 新潟 九石ド 14:00 20,039 1 - 1
清水 vs 神戸 日本平 15:00 18,333 1 - 0
浦和 vs 横浜FC 埼玉 16:00 57,188 2 - 1
G大阪 vs 大宮 万博 19:00 18,355 1 - 0
2007年
3月4日(日)
柏 vs 磐田 16:00 10,960 4 - 0
名古屋 vs 千葉 瑞穂陸 16:04 18,410 2 - 0

ゲームをとことん!

>ページのトップへ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL SPONSORS 富士通株式会社 日興コーディアル証券株式会社 株式会社富士通マーケティング 株式会社PFU プーマ

ゲームをとことん、モバフロで!

ゲームレポート

いよいよ開幕したフロンターレの2007シーズン。リーグ戦第1節の対戦相手は鹿島アントラーズ。今日の試合をものにして、翌週から続くACL予選、第2節のアウェイ神戸の連戦に向けて良い流れを作りたい。2万人の観客が詰めかけた等々力陸上競技場。15:00キックオフ。

前半[0分>45分]

ゴールマウスに川島、左アウトサイドのポジションには村上の新加入選手2人が入り、あとは昨シーズンのベストメンバーが揃ったフロンターレ。対する鹿島は柳沢、マルキーニョスの2トップにダニーロが絡み、MFや両サイドバックが果敢にオーバーラップをかけて積極的な攻撃を繰り出してくる。立ち上がりの時間帯は、前に重心を置いた鹿島が攻守の切り替えが速いサッカーでフロンターレ陣内に攻め込む。しかしGK川島、伊藤-寺田-箕輪の最終ライン、ボランチの谷口がしっかりと組織を作ってディフェンス。鹿島の攻撃をはね返していく。15分、川島のロングキックを我那覇がヘッドで競り勝ち、こぼれ球を拾った森が右サイドからミドルシュートを放つが、このボールはゴール左へと外れる。18分には鹿島陣内でボールを奪い返してぶ厚い連続攻撃を繰り出すが、フィニッシュまであと一歩届かず。鹿島の攻撃をしのいだフロンターレが徐々に本来のリズムを取り戻す。迎えた21分、鹿島のカウンターアタックを止めた直後のプレー。右サイドから中村を経由して左へ素早いサイドチェンジ。村上のピンポイントクロスに合わせたのはマギヌン。ヘッドで狙い済ましたシュートはGKの腕を抜けてゴールネットへ吸い込まれた。(1−0) すぐさま鹿島も反撃を試みるが決定打までには至らない。先制点を奪ったフロンターレが試合の主導権を握る。29分、中盤から中村が勝負しかけて中央のジュニーニョへ。ジュニーニョは強烈なミドルシュートを放つが、ここはGKにはじかれる。31分にはジュニーニョのパスを受けた伊藤が左サイドをオーバーラップ。中村のクロスにジュニーニョがダイレクトボレーを放つが、ゴール上へ外れる。鹿島もロングボールで反撃。32分、ロングパス1本にマルキーニョスが走り込むが、GK川島が飛び出しコースを消し、こぼれ球も伊藤がカバー。35分にはミスを拾われ4対4という危険な場面を作られるが、ここは鹿島の拙攻に助けられる。37分には鹿島陣内でボールを奪われカウンターを浴びるが、寺田が冷静にインターセプト。ピンチをしのぐ。全体的にはフロンターレが押す展開だが、攻守の切り替えが速い鹿島はカウンターからゴールを狙ってくる。39分、川島のロングボールのリフレクションに村上が積極的に飛び込み、強烈なミドルシュート。しかし、ここもGKの好セーブに阻まれゴールならず。41分には箕輪の強引な突破から谷口→右サイドの森へとつながり、折り返しを受けたマギヌンがミドルシュート。GKの弾いたボールにマギヌン自身が詰めるが、シュートはゴール上へと外れる。立ち上がりは試合のペースを作るのに苦しんだがフロンターレだが、先制点を奪ってからは落ち着いてボールを回しながらバランスの良い形で試合を進め、1−0のスコアで前半を折り返した。

ハーフタイムコメント

川崎フロンターレ:関塚 隆 監督

いいバランスでやっている。自信を持って続けていこう。各自、ポジショニングの意識をしっかり持って。ボールに対して厳しく。


鹿島アントラーズ:オリヴェイラ 監督

気持ち、メンタルはすばらしい。あとは落ち着いて戦うこと。

後半[45分>90分]

ハーフタイムのロッカールーム。「良いバランスでサッカーがやれている。このまま自信を持ってやっていこう!後半も立ちが上がりから攻守のバランスを意識するように」と関塚監督が選手たちに指示。新加入の村上も「もっともっと走って絶対に足を止めるな!1対1で絶対に負けないようにいこう」と声を上げる。気持ちを引き締めてピッチへと出て行く選手たち。後半立ち上がり、先に仕掛けたのは鹿島。中盤より前に人数を置いて積極的な攻撃をしかけて連続でコーナーキックを得るが、ここはディフェンス陣が集中を切らさず守り抜く。49分、フロンターレの攻撃。森のスローインを谷口がダイレクトでスルーパス。スペースに抜け出したマギヌンが右サイドからクロスを入れるが、我那覇には届かず惜しくもクリアされる。53分には中村の絶妙のスルーパスに我那覇が反応。ゴール前に走り込みシュートを放つが、GKの飛び出しに阻まれゴールならず。さらに55分、中村とジュニーニョの細かいコンビネーションプレーからGKの目の前まで迫るが、中村のラストパスはゴール前で鹿島DFがクリア。56分、この試合最大のピンチの場面。鹿島の左サイドからのフリーキックにゴール前のダニーロがヘッドで合わせるが、ボールは左ポストを直撃し、こぼれ球は谷口が懸命にクリア。鹿島の攻勢をしのぎ切る。58分、フロンターレの攻撃。ジュニーニョが単独で突破を仕掛けてDFをごぼう抜き。一気にシュートまで持ち込むが、ここもGKの好守に阻まれてしまう。シンプルかつ速いサッカーでお互いのゴール前を行き来する激しい攻防が繰り広げられる。63分、中村のスルーパスにジュニーニョが走り込み、右サイドからシュート。しかし、ここもGKが好セーブ。攻め込みながら、どうしても追加点を奪うことができない。64分、鹿島のカウンター。コーナーキックのクリアボールを拾われ、一気にフロンターレ陣内へと迫られる。しかし、ここは伊藤がゴール前でラストパスに足を出してクリア。66分にもコーナーキックのルーズボールを拾われてカウンターを招くが、いち早く戻った谷口が自陣でクリア。ピンチをしのぐ。メンバーを同時に2人入れ替え、3トップ気味の布陣でさらにプレッシャーをかける鹿島。だがフロンターレがボールを奪うことができれば、即チャンスにつながる。73分、76分と、カウンターアタックで自陣から一気に鹿島陣内へと迫るが、GKの好守に阻まれ追加点ならず。迎えた81分、ジュニーニョの突破に耐え切れずに岩政がこの試合2枚目のイエローを受け、退場処分に。数的不利ながら最後の総攻撃を仕掛ける鹿島だが、11人が連動して粘り強く守り抜くフロンターレ。終了間際には西山とテセが投入される。ロスタイムも危なげないサッカーでしのぎ、1-0のままタイムアップ。

試合全体を通してみれば、チームの連動性に勝るフロンターレがゲームを支配。昨シーズンのスタイルをベースに、攻守のバランスのとれたサッカーで開幕戦を白星で飾った。だが、チームは勝利の余韻にひたる間もなく、そのまま成田に直行。ACL一次予選、アジアの舞台へと乗り込む。

>ページのトップへ

試合終了後 監督コメント

hc

[公式記者会見 総評]

いよいよ今日が開幕と言うことで、ホームで鹿島さんに1-0という事で、勝てたことが素直にいいスタートが切れたなと。フロンターレを応援して、期待してくださるみなさんに応えられる、いいスタートが切れたんじゃないかと思います。内容の方ですが、立ち上がりは相手のロングパスに対するこぼれ球を拾われて何度か危ない場面がありましたが、その辺で非常に落ち着いてサッカーできるようになって、我々の攻撃の特徴であるサイドを使いながらの攻撃が何度かうまく展開できるようになったんじゃないかと思います。そこから先制点を奪えたのが非常に大きかったと思います。後半に関してはチャンスもありましたが、鹿島さんがフォーメーション、システムを変えても選手たちがよく順応して最後まで戦ってくれたなと思います。次、水曜日、ACL。そして第二戦へと続きますが、しっかりと一戦一戦戦って行きたいと思います。以上です。

[公式記者会見 質疑応答]
── 攻撃と守りにおける狙いと成果はいかがでしたか?
まだスタートなので、相手の多くの形というのは見られないので、とにかく我々の昨年までの対鹿島さんというイメージから、何をしなければいけないのかと。やはり鹿島さんは個々の技術非常に高いので、しっかりと一人一人がまず捕まえる事が守備では大事ですし、あとはチャレンジ・アンド・カバーでしっかりと一人が付いたらカバーに入る。そういうポジショニングを常に心がけてディフェンスの方には指示はしました。攻撃面では局面で人数をかけてくるので、そこをいかに速い球捌きで広い方に持って行くかと。この辺をテーマに1週間準備してきました。
── ここから厳しい日程になりますが、どのように戦われる予定なんでしょうか?
スタートは行けるところまで行きたいと思っているので、その辺のきつさというか選手の表情を見ながら総力戦になれば、そうやって行きたいなと思います。まずはスタートしたばかりですしチームの流れ、リズムというのをまず念頭に置いて試合をすすめていきたいと思っています。
── 昨季は無失点試合が少なかったんですが、今日の1-0での勝利は守備面でどういう意味があったんでしょうか?
これは11人がよく意識して戦ってくれた。やはりこれからインドネシアに向かいますが、そういう中で今度は負けないでアウェイから帰ってくるというのは非常に大切なので、そういう意識は今日は選手みんなに見えていた。これはキャンプのスタートから言ってきたんですが、全て勝ちきることはできないので、どういうふうにそのリーグ戦のトップで。ACLの中で勝ち抜くのか。この辺も頭に入れた試合運びを話していたんですが選手がよくやってくれたと思います。
── 村上選手が得点の起点になったことについて監督の評価は?
いいパフォーマンスを見せてくれたと。そしてアシストで点が入ったということは彼も、フロンターレに入ったという、加わっていいリズムでスタートできたんじゃないかと大変喜んでいます。

鹿島アントラーズ 監督
オリヴェイラ

[公式記者会見 総評]

[公式記者会見 質疑応答]

試合終了後 川崎選手コメント

川崎フロンターレ:川島 永嗣

── 試合を振り返って
開幕戦は難しい試合になると思っていたが、勝てて良かった。個人的に落ち着いてプレーすることができたし、チームとしても勝てたことが大きい。11人全員の守備の意識が高かったので、仕事自体は少なかった。今までやってきたなかで失敗したことを経験にして、無難にプレーできたと思う。今日は連戦の初戦ということで、結果が大事だった。ハードスケジュールは逆に考えれば良い経験になる。やっぱり勝つのと負けるのでは、試合が終わった後の気持ちが違う。これで気持ち良くインドネシアへ行けます。

川崎フロンターレ:伊藤 宏樹

── 試合を振り返って
後ろだけでなくFWも守備をしてくれる。そういう意味ではキャンプの成果は出ていたと思う。開幕戦だから、手堅くやった。前半に点を取れたので、リスクを冒さずやった。鹿島が3トップになった後も3枚で対応していたし、特に形は変えていない。ただ、ラインが下がっていたから押し込まれたというところはあった。最初はきつかったが、FWを含めてコンパクトにできたと思う。今日は結果が出たので良かった。ただ、内容は良くなかった。ミスが多かったので。WBのポジショニングが難しくなると思います。攻撃の時は開けばいいが。今日はお客さんも入っていたし、アップの時から気持ちが良かった。1-0での勝利は去年の6-0よりも気持ちが良かった。ACLは未知の所なので、楽しんで来ようと思う。

川崎フロンターレ:箕輪 義信

── 試合を振り返って
今日は観てる人も気持ちよく観てもらえたんじゃないかと思います。今日は守備が注目を集めた。いつもは攻撃陣が注目されるから、たまにはいいと思う。今日勝てたのは、ACLへの移動中の盛り上がりが違うと思いますし良かったです。

川崎フロンターレ:寺田 周平

── 試合を振り返って
今日の試合は結果を出すということがすべてだった。前半はダニーロにゴール前へ入られる場面が多くて問題だったが、後半はタニとマークを受け渡しながらうまく守れたと思う。ロングボールのセカンドボールを拾えない時間帯があったのも、今後の課題になる。失点ゼロで抑えることができたのは収穫だが、もっと精度を上げていきたい。

川崎フロンターレ:中村 憲剛

── 試合を振り返って
開幕戦という大事な試合を勝利で終われて良かった。立ち上がりは動きがやや硬くてミスもあった。自分たちでチャンスを潰してしまった面もあったと思う。鹿島がものすごいプレッシャーをかけてきた。でもその厳しい状況のなかで1点をうまく取れたのでそこからFWのラインを下げた。攻めあぐねて鹿島が蹴ってきたらカウンターで行けるし、1点を取ってからどっしりとやった。それでチャンスは作れていたし、そこで取れていれば点はもう少し取れて、楽な展開になったかもしれない。バランスを崩さないようにキャンプでやろうとしたことができていた。攻守のバランスがとれたサッカーができていた。

川崎フロンターレ:村上 和弘

── 試合を振り返って
開幕戦を勝利で飾れて良かった。J2でフロンターレとやった時は強かったのでイメージはあった。これが仙台で鹿島と試合する場合はまずはどうやって相手の良さを消すのか、という事になるが、このチームは勝ちにいける。それができたのが気持ちよかった。右サイドはマークが厳しかったが、左サイドはフリーになることが多かったので、そのスペースを突くというチームの共通理解ができていたと思う。僕ができるのは攻撃も守備も体を張って頑張ること。最後まで走れなかったことがふがいない。試合前日は気分の高まりがあったが、当日になってうまくゲームに入れた。良いスタートを切れたのは自信になったし、自分の良さは出せたと思う。ただ、これからが勝負。チームからもらったチャンスを次に生かすために、次のACLもしっかりプレーして楽しみたい。

川崎フロンターレ:谷口 博之

── 試合を振り返って
まずは無失点で終われたことに満足です。そういう気持ちでやっていましたから。自分たちのサッカーをやりつつケンゴさんとのバランスを意識しました。今日は正直な話、前に行くのをガマンしてました。0に抑えるのが一番大事でしたので。試合の状況によって戦い方は変えていきたいですね。去年は前へ行きすぎたところがあったんですが、今年は守備的になるのかまだ分からないです。村上さんとは日本語で話せるので、言えばその瞬間に分かってくれるのでもっとコンビネーションを上げていきたい。ケンゴさんとはタテの関係が多かったですね。挟む形は今の所の狙いです。

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL SPONSORS 富士通株式会社 日興コーディアル証券株式会社 株式会社富士通マーケティング 株式会社PFU プーマ

ゲームフォト・ギャラリー

  • 始球式でボールを蹴る格闘家の山本“KID”徳郁選手(川崎市宮前区生まれ)
  • 笑顔でガッツポーズ
  • 北京五輪日本代表を目指すKID選手へ、サポーターからメッセージ入りの日の丸が渡された
  • 試合前の集合写真。ふろん太くんの手にはフランシスマール選手へのメッセージが。
  • FW10/ジュニーニョ選手
  • MF26/村上和弘選手
  • FW9/我那覇和樹選手
  • MF19/森勇介選手
  • MF11/マギヌン選手
  • DF2/伊藤宏樹選手
  • GK1/川島永嗣選手
  • 選手入場時のサポーター
  • DF13/寺田周平選手
  • MF14/中村憲剛選手
  • MF29/谷口博之選手
  • FW16/鄭大世選手
  • サポーターへ感謝
  • 得点を決めたマギヌン選手とゲームキャプテンを務めた中村憲剛選手

始球式でボールを蹴る格闘家の山本“KID”徳郁選手(川崎市宮前区生まれ)

frontales

対戦内容

  • ACL
  • 2007シーズン
  • 第1節
  • vs.アレマ・マラン

アウェイゲーム

日時:2007年03月07日(水)17:30キックオフ 会場:Gajayana Stadium(インドネシア)

現在の試合状況:

試合終了

更新:14/02/26 17:55

この試合の開催情報

この試合の開催情報

この試合のTVオンエア情報

前節終了時の累積警告

なし

今節の出場停止

なし

2007 J1リーグ順位表
(本節終了時)

順位 チーム 勝点 得失数
1 3 4
2 広島 3 2
3 名古屋 3 2
4 浦和 3 1
5 川崎 3 1
6 横浜FM 3 1
7 清水 3 1
8 G大阪 3 1
9 新潟 1 0
10 大分 1 0
11 横浜FC 0 -1
12 鹿島 0 -1
13 大宮 0 -1
14 甲府 0 -1
15 神戸 0 -1
16 F東京 0 -2
17 千葉 0 -2
18 磐田 0 -4

応援店舗検索サイト「フロンターレシティ」

中村憲剛 初のパーソナルDVD発売!

あなたが考える「一体感」大募集!!

スカパー!応援クラブアンケート

サイン会

ハイタッチキッズ

K-city かわさきFM 79.1MHz

サイトマップ

閉じる

このページのトップへ