前節

最新

次節

7official

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

託児室

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

メルマガ

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

公式Twitter

コーチのお仕事@ココログ 育成・普及編 チーム編

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

対戦内容

  • Jリーグディビジョン 1
  • 2008シーズン
  • 第1節
  • vs.東京ヴェルディ

ホームゲーム

日時:2008年03月09日(日)14:000キックオフ 会場:等々力陸上競技場

ゲームトップ画像

この試合の開催データ

2008 Jリーグディビジョン 1 第1節 vs.東京ヴェルディ:開催データ
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
21,020人 晴、中風 16.3℃ 29% 全面良芝、乾燥 90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
難波 邦雄 西村 雄一 相樂 亨 二俣 敏明 飯田 淳平 大高 常勝
過去の対戦成績(J1) 過去の対戦成績(J2) 2008シーズン対戦記録
対戦無し 対戦無し

ゲーム公式記録

川崎フロンターレ[ホーム] チーム [アウェイ]東京ヴェルディ
1

1 前半 0
- 後半 -

1
関塚 隆 監督 柱谷 哲二
0 > 1 勝点 0 > 1

森 勇介 32分

得点
選手/時間

89分 ディエゴ

選手名
シュート数 ポジ
ション
シュート数
選手名
45909045
川島 永嗣 1000 GK 000 1 土肥 洋一
井川 祐輔 4101 DF 1014 和田 拓三
寺田 周平 13000 00017 土屋 征夫
伊藤 宏樹 2011 0005 那須 大亮
00022 服部 年宏
森 勇介 19101 MF 00023 福西 崇史
中村 憲剛 14000 00014 冨澤 清太郎
谷口 博之 29101 41320 廣山 望
山岸 智 8000 11010 ディエゴ
10116 飯尾 一慶
鄭 大世 16123 FW 000 7 レアンドロ
ジュニーニョ 10033
フッキ 113710
 
GK/植草 裕樹 22       SUB       21 GK/高木 義成
DF/菊地 光将 17             27 DF/飯田 真輝
MF/村上 和弘 26             6 MF/菅原 智
MF/養父 雄仁 20       0 0   11 MF/大野 敏隆
MF/大橋 正博 24       0 0   33 MF/河野 広貴
FW/黒津 勝 7 1 1 2       19 FW/船越 優蔵
FW/我那覇 和樹 9       1 1   25 FW/平本 一樹
経過
得点選手 得点経過 得点選手
経過

中央 直接FK 13 ↑ 19 相手DF こぼれ球 19 右足S

19 森 勇介 32 89 ディエゴ 10

PK 10 左足S

[得点経過の記号の意味]〜:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート

OUT IN 交代選手 IN OUT
16 鄭 大世 7 黒津 勝 69 60 33 河野 広貴 16 飯尾 一慶
    67 25 平本 一樹 20 廣山 望
    80 11 大野 敏隆 14 冨澤 清太郎
警告・退場
選手名/理由
C2 16 鄭 大世 44
  
  
  
  
  
45 90 データ 90 45
8 14 22 シュート 8 3 5
3 3 6 GK 14 12 2
1 1 2 CK 3 2 1
13 8 21 直接FK 13 6 7
3 0 3 間接FK 4 3 1
3 0 3 オフサイド 3 2 1
0 0 0 PK 1 1 0
警告・退場
選手名/理由
31 C1 10 ディエゴ
36 C1 16 飯尾 一慶
  
  
  
  

注1:オフサイド欄の数値は、間接FK数のうちオフサイドによるものを表している。
注2:*はハーフタイムなどのインターバル中、あるいはPK戦中を意味する。

警告理由
C1 = 反スポーツ的行為 C2 = ラフプレイ C3 = 異議 C4 = 繰り返しの違反 C5 = 遅延行為  C6 = 距離不足
C7 = 無許可入 C8 = 無許可去
退場理由
S1 = 著しく不正なプレイ S2 = 乱暴行為 S3 = つば吐き S4 = 得点機会阻止(手) S5 = 得点機会阻止(他)
S6 = 侮辱 CS = 警告2回

>ページのトップへ

他会場の開催結果

2008 Jリーグディビジョン 1 / 第1節 >利用規約をご確認ください

日 程 対戦 会 場 キックオフ 入場者数 結果
2008年
3月8日(土)
G大阪 vs 千葉 万博 13:02 18,093人 0 - 0
名古屋 vs 京都 豊田ス 14:04 26,102人 1 - 1
F東京 vs 神戸 味スタ 14:04 24,390人 1 - 1
横浜FM vs 浦和 日産ス 14:05 61,246人 1 - 0
清水 vs 大分 日本平 15:04 19,054人 1 - 2
鹿島 vs 札幌 カシマ 16:03 28,152人 4 - 0
2008年
3月9日(日)
柏 vs 磐田 14:04 11,210人 2 - 0
大宮 vs 新潟 NACK 16:00 14,380人 2 - 0

ゲームをとことん!

>ページのトップへ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL SPONSORS 富士通株式会社 日興コーディアル証券株式会社 株式会社富士通マーケティング 株式会社PFU プーマ

ゲームをとことん、モバフロで!

ゲームレポート

いよいよ2008年のJリーグがスタート。開幕戦の相手はJ1に戻ってきた東京V。新戦力が加わりパワーアップしたフロンターレ。満員のスタジアムを沸かせることができるか。晴れ渡った青空の等々力陸上競技場。14:04キックオフ。

前半[0分>45分]

スターティングメンバーはジュニーニョ、フッキ、テセの3トップ、右アウトサイドに森、左に山岸、ボランチは中村と谷口のコンビ、伊藤-寺田-井川の3バック、GK川島。風下のエンドからスタート。立ち上がりはお互いに相手の出方を伺う試合展開だったが、徐々に試合が動き始める。5分、東京Vに右サイド突破を許しクロスが上がるが、飯尾のシュートは寺田がブロック。9分、フロンターレの攻撃。中盤でボールを奪って左サイドへと展開。ジュニーニョのクロスのこぼれ球をフッキが狙うがシュートはブロックされる。10分、東京Vのカウンター。ゴール前にボールを運ばれ廣山にシュートを打たれるが、川島の好セーブでしのぐ。14分、フロンターレの攻撃。左サイド山岸の裏への抜け出しからパスをつなぎ、右サイドへ展開。森がミドルシュートを放つが、ここはDFにブロックされる。16分にもフッキのフリーキックのこぼれ球を井川が拾うが、ミドルシュートはブロックされる。18分には速い攻撃を見せ、山岸の左サイドからのクロスをジュニーニョが受け、ゴール前の混戦からフッキがシュートを放つがGKにキャッチされる。19分、東京Vの攻撃。シュートのこぼれ球を拾ったディエゴがゴール前に突進するが、これはオフサイド。



23分にも東京Vに右サイドのスペースを使われ、ゴール前の混戦から飯尾がシュート。こぼれ球に再びディエゴが詰めるが、これもオフサイド。ことなきを得る。24分にも速い攻撃から左サイドに流れたディエゴがサイドチェンジ。しかし、ここは山岸が戻りカバーリング。28分、フロンターレの攻撃をしのいだ東京Vが逆襲。カウンターから大ピンチを招くが、GK川島が気迫のセーブで連続シュートを止める。一進一退の攻防が続くなかで迎えた32分、自陣からのフリーキックの場面で、寺田が絶妙ロングパスを裏のスペースへ。ここに斜めに走り込んだのは森。マーカーにつかれながらもしぶとく押し込み、先制点を挙げる。(1-0) ここから試合の流れはフロンターレへ。39分、人数をかけた厚みのある攻撃から、左サイドの山岸がクロス。ゴール前の混戦のなか、テセが反転してシュート。しかしこれは惜しくもブロックされる。40分には中央やや右の角度からのフリーキックの場面で、フッキがカーブをかけて直接狙うが、シュートは惜しくもゴール右に外れる。東京Vの一瞬のスキを突いたリスタートからの攻撃で先制したフロンターレ。迫力のある攻撃の形も作れている。だが、東京Vもマイボールにした瞬間、カウンターを狙ってくる。フロンターレの1点リードで前半を折り返した。

ハーフタイムコメント

川崎フロンターレ:関塚 隆 監督

風が強い。ピッチコンディションを意識して。前の3人はバランスを取りながらプレーしていこう。


東京ヴェルディ:柱谷 哲二 監督

前半通り、攻撃を仕掛け続けよう。サイドの選手はしっかりサポートするように。

後半[45分>90分]

ハーフタイムのロッカールーム。「しっかり続けていこう。勝ちで終わるぞ!」と中村が選手に気合いを入れる。後半は前半と打って変わり、立ち上がりからテンポアップ。49分、素早いリスタートからジュニーニョが裏のスペースに抜け出すが、フィニッシュに持ち込めず。さらに攻勢をかけて右サイド深い位置に切れ込んだ谷口の折り返しから、ゴール前でフッキ、ジュニーニョが豪快な連続シュートを放つが、いずれもブロックされる。51分、フッキのドリブル突破から、パスを受けたジュニーニョがDFのタイミングを外してシュートを放つがゴール上に外れる。さらに52分にも東京Vの攻撃をしのいでジュニーニョが単独でドリブル突破。シュートを放つが、DFにブロックされる。57分、中盤で井川がインターセプト。中村→山岸→テセ→ジュニーニョと流れるようにパスがつながるが、ジュニーニョのシュートは惜しくもゴール上に外れる。東京Vもディエゴを中心に交代選手を投入して反撃。61分、コーナーキックの流れからゴール前で混戦となるが、DF陣とGK川島でピンチをしのぐ。68分、フロンターレの攻撃。ジュニーニョのスルーパスを受けた森が右サイドからクロスボール。このボールを受けたテセがシュートを放つが、これはうまくフィットせず。さらにジュニーニョがチャンスを作り、再びテセがシュートを放つが惜しくもゴール上に外れる。69分、テセに代えて黒津がピッチへ。70分、その黒津の粘りからボールを受けたフッキがミドルシュートを放つが、ゴール上に外れる。



71分にも中村からパスを受けたフッキが抜け出すが、このシュートも枠をとらえきれず。73分、ジュニーニョが巧みなボールキープから左サイドに抜け出し、ゴール前に走り込んだ黒津がダイレクトで合わせるが、惜しくもゴール左に外れる。74分には中盤でボールを拾ったフッキがスルーパス。ジュニーニョが裏に抜けるが、あと一歩というところでDFに止められる。チャンスは作るものの決めきれないじりじりとした展開が続く。77分、東京Vの反撃。コーナーキックからゴール前で大混戦となるが、DF陣が踏ん張りライン際でクリア。大ピンチをしのぐ。81分、山岸のスローインをフッキが競り勝ち、左サイドからゴール前に切れ込み右足でシュート。しかし、ここもGKにセーブされてしまう。終盤に入り、東京Vもリスクをかけて攻撃。セカンドボールを拾われ、押し込まれる展開が続く。ラインを押し下げられながらも必死のディフェンスでしのぐDF陣。88分、カウンターからジュニーニョーフッキとつながり、フッキが強引にゴール前に持ち込み強烈な左足。しかし、このシュートは惜しくもポスト直撃。すると89分、一瞬のスキを突かれて平本がドリブルでペナルティーエリアに侵入。伊藤が止めに入りもつれ合うが、このプレーがファールに取られてPKを与えてしまう。ロスタイム、このPKをディエゴに決められ、あと少しのところで同点に追いつかれてタイムアップ。(1-1)



フロンターレらしい迫力のある攻撃を展開できたものの、フィニッシュの精度とコンビネーションを欠いて追加点を奪えず。FWと中盤以降が間延びしたところを東京Vに押し込まれ、終了間際に追いつかれてしまった。攻撃と守備のバランス。今年のテーマが浮き彫りになる開幕戦となった。

>ページのトップへ

試合終了後 監督コメント

hc

[公式記者会見 総評]

ありがとうございました。非常に残念な結果になりましたけど、初戦でこういう戦いになる可能性を含んでいたのではないかと思います。前の3人と後ろの3人の関係、風の影響もだいぶあったと思いますが、1試合を通じてチームのバランスが作れなかったと思います。いつもの中村を中心としたパスの展開力も乏しかったですし、そのへんがうちのこれからの課題になるかなと思います。1週間後にまた試合がありますので、そこに向けてしっかりと修正していきたいと思います。

[公式記者会見 質疑応答]
── 3トップについて。監督がおっしゃったように中村選手からの展開ができなかったと思いますが、前の3人の個人の勝負ばかりではなくて、組織プレーを意識していたということですよね?
もっと組織的ボールを動かすことはやってきたし、それをやっていかないとうちの各選手の個性は出てこないと思います。

東京ヴェルディ 監督
柱谷 哲二

[公式記者会見 総評]

[公式記者会見 質疑応答]

試合終了後 川崎選手コメント

川崎フロンターレ:川島 永嗣

── 試合を振り返って
終了間際で失点してしまったので、気持ちの部分で後味は悪い。90分間を通して、最後を除けばチームとしてやることはできていた。これから試合でやっていけば、出せていけるようになると思う。前の3人の連携については、僕はストレス無く見ていたが、2点目を取れなかった。その中でもう一つ取れていれば、というのはある。守備だけでなく、攻撃でも連携をあげていかないと。ただ、点を取りたい気持ち自体は悪いことではないと思う。そこで点を取れるようになればいいと思う。ファインセーブの場面は、ポストに当たった後のこぼれに行こうとしたが、行けず、その後のシュートに反応できた感じ。開幕戦で結果を残したかったが、タイトルを取りに行くというところでは、チームが厳しい時に仕事をしたい。自分自身だけでも毎試合いいパフォーマンスをだしてこだわってやっていきたいと思う。

川崎フロンターレ:伊藤 宏樹

── 試合を振り返って
PKの場面は自分ではわからないが、ファールをしたという意識もない。内容が良くなかった。その中でも勝点3を取らないとダメ。次に向けて切り替えるしかない。まだまだ可能性は残っているし、自分たちでわかったこともある。とにかく切り替えます。

川崎フロンターレ:井川 祐輔

── 試合を振り返って
去年の悪いときの流れのような試合だった。2点目が取れていればまた違った展開になったと思う。内容は良くなかったが、あと少し我慢できれば勝点3を取れる試合だった。後味は良くない。最後はもっとシンプルにプレーしても良かったかもしれない。終了間際の失点という課題は、昨年から引き続いてきた部分。内容は苦しいながら、試合運び自体はできていたと思う。ただ、89分よくても、あと1分ダメだったらダメになる。修正しないと。ただ、修正がきく部分だと思うので、またしっかり詰めて次の試合に臨みたい。最後は集中力という事になるのかもしれないですが、最後まで気持ちを切らさずにプレーをしていきたい。個人的には開幕スタメンはプロに入って初だったので、気分良くプレーすることができた。でも課題もたくさんあるので、気を引き締めていきたい。

川崎フロンターレ:山岸 智

── 試合を振り返って
チャンスはたくさんあったが、ゴール前で1人1人のプレーになっていた。コンビネーションが出てこないと単発の攻撃になるし、後半疲れて今日のような展開になってしまう。周りを使いながら攻撃していくことも必要だと思う。攻撃の時にいいところに走る選手もいるので、そこを使いながらやっていかないとと思う。前半はうまくディフェンスができたが、後半は前と後ろの距離が空いてセカンドボールを多く拾われる苦しい展開になり、押し込まれてしまった。ラインの押し上げやクリアの仕方をもう少し考えても良かったんじゃないかと思う。みんな技術がある選手なので、もう少しパスをつないでいっても良かったのかなと。個人的には相手の逆をついてタイミングよく攻撃に出てチャンスを作ることもできた。チームとしても今日はできたところもあるし、多少相手に押し込まれるところもあったが、もう少しできたと思った。全体を通してみれば納得できるものではなかった。初戦の難しさを感じた試合だった。でも、チーム全体でしっかり見直していけば修正できる部分だと思う。次の試合に向けて切り替えてやっていきたい。

川崎フロンターレ:ジュニーニョ

── 試合を振り返って
開幕戦は難しい。最後の最後で失点してしまった。でも、シーズンはまだスタートしたばかり。また火曜日から練習が始まる。監督が修正してくれるので、細かい部分を突き詰めていきたい。攻撃のときは3人のコンビネーションで崩して、守備のときはしっかりとポジションをとるのが今年のやり方。今日も監督を信じて3人で攻撃の時は前を向いて守備の時はしっかりポジションを取った。これから徐々に形になっていくと思う。

川崎フロンターレ:フッキ

── 試合を振り返って
開幕戦で、完璧なプレーもできなかった。今日は難しい試合だった。チャンスを多く作れたし、コンビネーションも悪くなかったが、1点しかゴールを奪うことができなかった。監督の指示どおりにやれたが、残念ながら追加点を取ることができなかった。相手が東京Vということは意識していない。どんな相手でも初戦は難しい。でも、頭を下げていてもしょうがない。実戦で出てきた細かな部分は監督が修正してくれると思うので、次の試合に向けてしっかり切り替えていきたい。我々は試合を一つもムダにはできない。優勝のためには勝ち続けないとダメ。

川崎フロンターレ:中村 憲剛

── 試合を振り返って
やはり最後をしっかり締めないと勝点3は取れない。前半は前から守備ができていたが、後半相手が前がかりになったので、FWが前に残ればカウンターのチャンスができた。そこでバランスを取るのが難しかった。前と後ろの距離が空いている状態でも、前の3人が強力なのでボールを持てばそのままフィニッシュにつなげることができる。でも、前の選手がボールを持ったときにタメを作ってくれれば、最終ラインを押し上げて相手を引かせることができる。どちらを取るのかは難しいところ。監督が修正してくれるだろうし、選手同士でも話し合って要求していきたいと思う。

川崎フロンターレ:鄭 大世

── 試合を振り返って
残念。前半からかみ合わず、あまり前の3人の連携が良くなくて1点しか取れなかった。ただ、それは時間が解決してくれると思う。一つ一つ解決できればいいと思う。どこにスペースを作るのか、それをどう使うのか、というところ。 交代直前のチャンスで決めていればよかったが。ただ、今日引き分けてこれで優勝できないわけではないので、切り替えたい。

川崎フロンターレ:谷口 博之

── 試合を振り返って
今日はダメだった。これだとやばい。サッカーだから1点は取られる。前のせいにするのは簡単だけど、責任はみんなにあると思うし、切り替えて頑張ります。

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL SPONSORS 富士通株式会社 日興コーディアル証券株式会社 株式会社富士通マーケティング 株式会社PFU プーマ

ゲームフォト・ギャラリー

  • 今年の始球式は川崎市宮前区在住・ルー大柴さん。ブライトなパフォーマンスで会場がトゥギャザーしました。
  • Gゾーン前でサポーターへ挨拶するルー大柴さん。
  • 阿部孝夫川崎市長挨拶
  • ペルー民族舞踊グループの「Asi es mi Tierra」「Grupo Misti」のみなさん
  • 集合写真
  • MF19/森勇介選手
  • MF14/中村憲剛選手
  • DF13/寺田周平選手
  • GK1/川島永嗣選手
  • DF4/井川祐輔選手
  • MF29/谷口博之選手
  • MF8/山岸智選手
  • DF2/伊藤宏樹選手
  • FW16/鄭 大世選手
  • FW10/ジュニーニョ選手
  • FW7/黒津 勝選手
  • FW11/フッキ選手
  • 試合終了後サポーターの前で。

今年の始球式は川崎市宮前区在住・ルー大柴さん。ブライトなパフォーマンスで会場がトゥギャザーしました。

frontales

対戦内容

  • J1リーグ
  • 2008シーズン
  • 第2節
  • vs.ヴィッセル神戸

アウェイゲーム

日時:2008年03月15日(土)15:00キックオフ 会場:ホームズスタジアム神戸

現在の試合状況:

試合終了

更新:14/02/26 18:05

この試合の開催情報

この試合の開催情報

この試合のTVオンエア情報

前節終了時の累積警告

なし

今節の出場停止

なし

応援店舗検索サイト「フロンターレシティ」

中村憲剛 初のパーソナルDVD発売!

あなたが考える「一体感」大募集!!

スカパー!応援クラブアンケート

サイン会

ハイタッチキッズ

K-city かわさきFM 79.1MHz

サイトマップ

閉じる

このページのトップへ