CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 富士通エフサス
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • 株式会社PFU
  • プーマ

前節

SEASON2018

第17節

vs.V・ファーレン長崎

emblem

最新節

次節

HOME

日時:2018年07月22日(日)19:03キックオフ 会場:等々力陸上競技場

試合終了

ゲームトップ画像

試合終了

  • エンブレム

    川崎フロンターレ

  • 1

    00
    10

    0

  • V・ファーレン長崎

    エンブレム

2018 MEIJI-YASUDA SEIMEI J1 LEAGUE
vs.V-VAREN NAGASAKI

2018 明治安田生命J1リーグ 第17節 vs.V・ファーレン長崎:開催データ
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態
22,221人 晴、弱風 32.0℃ 65% 全面良芝、水含み
試合時間 コミッショナー 主審 副審 副審
90分 猿沢 茂 西村 雄一 唐紙 学志 勝又 弘樹
追加副審 追加副審 第4の審判員 記録員  
蒲澤 淳一 大高 常勝  
過去の対戦成績(J1) 過去の対戦成績(J2) 2018シーズン対戦記録
対戦無し 対戦無し

Jリーグ公式オンラインストアで、川崎フロンターレのユニフォームや応援グッズを今すぐ購入しよう

公式記録OFFICIAL MATCH RECORD

川崎フロンターレ[ホーム] チーム [アウェイ]V・ファーレン長崎
1

0 前半 0
1 後半 0

0
鬼木 達 監督 高木 琢也
30 > 33 勝点 17 > 17

小林 悠 67分

得点
選手/時間

選手名
シュート数 ポジ
ション
シュート数
選手名
45909045
チョン ソンリョン 1000 GK 000 30 徳重 健太
エウシーニョ 18022 DF 00032 徳永 悠平
奈良 竜樹 3000 0004 高杉 亮太
谷口 彰悟 5112 1105 田上 大地
車屋 紳太郎 7101
守田 英正 25000 MF 00010 黒木 聖仁
大島 僚太 10000 00015 島田 譲
中村 憲剛 14224 0003 飯尾 竜太朗
家長 昭博 41112 22028 翁長 聖
阿部 浩之 8303 11019 澤田 崇
小林 悠 11022 FW 202 11 鈴木 武蔵
101 9 ファンマ
 
GK/新井 章太 30     0 SUB 0     1 GK/増田 卓也
DF/登里 享平 2   0 0 0     24 DF/香川 勇気
DF/武岡 優斗 17     0 0     45 DF/ヨルディ バイス
MF/下田 北斗 22     0 0     6 MF/前田 悠佑
MF/長谷川 竜也 16     0 0     7 MF/幸野 志有人
MF/鈴木 雄斗 27   1 1 1 1   23 MF/米田 隼也
FW/知念 慶 20   0 0 0 0   37 FW/平松 宗
経過
得点選手 得点経過 得点選手
経過

中央 14 → 11 右足S 相手GK こぼれ球 11 左足S

11 小林 悠 67

[得点経過の記号の意味]〜:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート

OUT IN 交代選手 IN OUT
8 阿部 浩之 27 鈴木 雄斗 74 75 23 米田 隼也 9 ファンマ
14 中村 憲剛 2 登里 享平 85 81 37 平松 宗 3 飯尾 竜太朗
11 小林 悠 20 知念 慶 90    
警告・退場
選手名/理由
C5 20 知念 慶 90+3
  
  
  
  
  
45 90 データ 90 45
8 9 17 シュート 8 5 3
5 4 9 GK 12 7 5
4 2 6 CK 4 3 1
7 3 10 直接FK 13 10 3
0 0 0 間接FK 2 1 1
0 0 0 オフサイド 2 1 1
0 0 0 PK 0 0 0
警告・退場
選手名/理由
  
  
  
  
  
  

注1:オフサイド欄の数値は、間接FK数のうちオフサイドによるものを表している。
注2:*はハーフタイムなどのインターバル中、あるいはPK戦中を意味する。

警告理由
C1 = 反スポーツ的行為 C2 = ラフプレイ C3 = 異議 C4 = 繰り返しの違反 C5 = 遅延行為  C6 = 距離不足
C7 = 無許可入 C8 = 無許可去
退場理由
S1 = 著しく不正なプレイ S2 = 乱暴行為 S3 = つば吐き S4 = 得点機会阻止(手) S5 = 得点機会阻止(他)
S6 = 侮辱 CS = 警告2回

前節終了時の累積警告

  • 2枚 5/谷口 彰悟
  • 1枚 7/車屋 紳太郎
  • 1枚 8/阿部 浩之
  • 1枚 10/大島 僚太
  • 1枚 11/小林 悠
  • 1枚 14/中村 憲剛
  • 2枚 23/エドゥアルド
  • 2枚 25/守田 英正
  • 2枚 37/齋藤 学
  • 2枚 41/家長 昭博

今節の出場停止

  • なし

スターティングメンバーLINE-UP

川崎フロンターレ
V・ファーレン長崎

最近の結果と予定 RESULTS & SCHEDULE

最近の試合結果と予定
川崎   V・ファーレン長崎
2-1 柏(A) 3試合前 3-0 名古屋(H)
3-0 清水(H) 2試合前 2-5 横浜FM(A)
2-1 札幌(A) 前節 0-1 神戸(H)
湘南(A) 次節 FC東京(A)
浦和(A) 2試合後 札幌(H)

ホームゲームトピックスGAME TOPICS

川崎フロンターレ
マッチデープログラム
2018Vol.318

特集:
エウシーニョ選手インタビュー

神出鬼没の動きで攻守に貢献するエウシーニョ選手。インタビューでは中断期間中の取り組みとして「チームとして着実に成長できていると思います。ただ、より重要になってくるのは、ゴールが取れなかったときに失点しないことです。あとはボールを失ってしまったときに、どれだけ早く奪い返すことができるかが重要になってくると思います」と話してくれました。

あんたが大賞

photo

今節のあんたが大賞は、豪快なゴールでチームを勝利に導いた小林悠選手です!!

贈呈者
1.富士通マーケティング 代表取締役社長 藤田正美様
2.川崎市 市長 福田紀彦様
3.川崎市技能職団体連絡協議会 会長 山本知男様
賞品
1.arrows Tab Q508/SB
2.かわさき名産品「米彦」
3.川崎市食肉商業協同組合「お肉屋さんお手製こだわりのハム・ソーセージ詰め合わせ」

photo

スーパーセキュリティ賞

無失点での勝利に最も貢献した選手へ送られるこの賞。本日は、高い集中力で相手のチャンスを抑え続けた谷口彰悟選手です!

贈呈者
(株)カスペルスキー
賞品
カスペルスキー×フロンターレコラボQUOカード1万円分

photo

勝利のマーチ

ロッテ製品を来場者の皆さんにもおすそ分けし、全員で勝利の喜びを分かち合おうというセレモニーです!

贈呈者
(株)ロッテ
賞品
コアラのマーチ

他会場の結果 OTHER MATCHES

2018 明治安田生命J1リーグ / 第17節 >利用規約をご確認ください

日 程 対戦 キックオフ 会 場 入場者数 結果
2018年
7月22日(日)
名古屋 vs 広島 18:00 豊田ス 20,244 0 - 0
神戸 vs 湘南 18:00 ノエスタ 26,146 0 - 3
鹿島 vs 柏 18:30 カシマ 24,480 6 - 2
札幌 vs 磐田 19:00 札幌厚別 10,723 0 - 0
FC東京 vs 横浜FM 19:00 味スタ 34,126 5 - 2
G大阪 vs 清水 19:00 吹田S 17,542 1 - 2
C大阪 vs 浦和 19:00 ヤンマー 27,915 1 - 1
鳥栖 vs 仙台 19:00 ベアスタ 17,537 0 - 1

モバフロだけ! 試合前の選手コメントPLAYERS’ COMMENTS BEFORE THE MATCH

POWERED BY モバフロ

川崎フロンターレ:チョン ソンリョン

中断期間から監督が求めているものを全員で意識して、100%の力で試合に臨んでいる。これから試合が続いていくが、優勝を狙う上でリーグ再開初戦で勝点3が取れたのはすごく重要なこと。ただ、その勝利をこれから先につなげていかなければならない。長崎はカウンターやクロスが特徴のひとつだが、自分たちに対してはいろいろな戦術や準備をしてくると思う。ただ、自分たちのホームゲームなので、何としてでも結果にこだわらな…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:谷口 彰悟

長崎は、前線のファンマ選手を生かしながら、攻撃のときは勢いを持って出てくるチーム。映像で特徴は掴んでいるが、実際に試合でやるとなると、また違う。相手のチームの雰囲気もそうだし、勢いやパワーなどは、実際にやってみないとわからない。ただ、それは向こうも同じだと思っている。暑さの中では、メリハリが大事になる。攻撃も守備も統一感をもってやる。チャンスのときは、リスクをかけて前に出て行く。中途半端にボー…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:阿部 浩之

長崎とは対戦するのは初めて。チームとしてのまとまりはあるし、攻守両面で良い部分がある。その良いところを出させないで戦えるようにしたい。札幌戦のようにボールをつなぐところはつなぐ。メリハリが大事になると思うし、相手を走らすことがポイントになる。暑さでしんどいゲームになるので、相手に攻めさせてカウンターさせるのも必要になる。状況によっては欲張って点を取りに行かないで、やれる範囲でできる仕事をきっき…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:大島 僚太

試合中はなるべくコンパクトにし続けること。そこさえできていればと思う。前から奪いに行くと、どこか開くので、そこのカバーを守田とはしっかりやっていければと思っている。90分ボールを保持すれば、それに越したことはない。ただ相手にボールを持たれたり、攻勢を受ける時間帯もある。コンパクトにしつつ、前目にコンパクトにするのか、後ろでコンパクトにするのか。そこはチーム全員で意思を合わせてやらないといけない。…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:小林 悠

札幌戦で勝ったことで元気もいい。強い時のフロンターレは、ああいう気持ちの入った試合ができていたし、そういう試合をこの後半戦で見せられればいい。去年もそうだったが、個人個人がそのポジションで役割を果たしてくれるので、変にポジションを崩さなくていい。ボランチがボールを運んで、前にアベちゃん(阿部浩之)とアキくん(家長昭博)とケンゴさん(中村憲剛)がいる。そのことで自分が点を取ることに専念出来れば、…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:エウシーニョ

キャンプからここまで充実したトレーニングができているし、リーグ再開初戦で勝利でき、いいイメージができている。前回の試合は内容、結果ともにいいものを出すことができた。次はホームゲームだが、同じようないいゲームをしたい。今回は連戦で暑さもあるが、相手も同じ条件で、こちらにはホームアドバンテージがあって、長崎さんは天候とアウェイの両方を感じながらプレーしなければいけない。個人的には前節リーグ戦初ゴー…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:守田 英正

この暑さの中では札幌戦と同じようにはプレーできない。賢く、メリハリつけて動けたらと思っている。守備では、相手は特にスリーバックでワイドにポジションを取って、蹴り込んでくる。相手の攻撃はシンプル。いろんなことは考えず、セカンドボールをうまく拾って、ボールを保持できていれば、後半に差が出来てくる。ボールを動かすことを徹底してやれればと思う。前でボールを奪えればいいが、圧をかければ簡単に蹴ってくると…

つづきは
モバフロで!

試合レポートMATCH REPORT

リーグ第17節、等々力に長崎を迎えての一戦。リーグ再開初戦の札幌戦から中3日。猛暑の中でのゲームだが、しぶとく勝点をつかみ取りたい。日が落ちてきた等々力陸上競技場。19:03キックオフ。

前半THE FIRST HALF

フロンターレのスターティングメンバーは、トップに小林、その下に中村、左ワイドに阿部、右に家長、ボランチは大島と守田のコンビ、最終ラインは車屋-谷口-奈良-エウシーニョ、GKソンリョン。立ち上がり1分、長崎の攻撃。右サイドから崩しを狙われるが守備陣が対応。4分、フロンターレの攻撃。自陣からパスをつないでペナルティエリア前に迫るが、シュートに持ち込めず。5分、長崎の攻撃。中盤でボールを奪われ右サイドに展開されるが、鈴木武には車屋が対応。6分、セカンドボールを拾われ右サイドから崩しを狙われるが。守備陣がしのぐ。7分、中盤から長いボールを入れられるが、走り込んだファンマには奈良が対応。8分、フロンターレの攻撃。右サイドから崩しをかけ中村のスルーパスに家長が抜け出すが、クロスはクリアされる。9分、右コーナーキックの場面。中村のボールはクリアされる。こぼれ球を阿部がダイレクトで狙うが、シュートはゴール上に外れる。10分、長崎の攻撃。中盤でダイレクトにパスをつながれ前線にボールを出されるが、走り込んだ澤田には谷口と奈良で対応。11分、フロンターレの攻撃。パスをつなぎ大島の縦パスを受けた家長が反転してシュートを放つが、GK正面。12分、長崎の攻撃。ボールを奪い返され右サイド、左サイドと連続してクロスを入れられるが、守備陣が対応。12分、左コーナーキックの場面。島田のボールを鈴木にヘッドで合わせられるが、小林がクリア。危ない場面だった。13分、フロンターレの攻撃。直後にカウンターから大島がドリブル突破を狙うが、DFに止められる。14分、パスをつなぎ、左サイドに展開。車屋がクロスを狙うがブロックされる。さらにゴール前に攻勢をかけ、小林のヒールパスに反応した阿部がシュート。GKがはじいたボールを小林が左サイドから戻すが、クリアされる。惜しい場面だった。15分、右コーナーキックの流れからセカンドボールを拾い、右サイド小林の速いボールを谷口が右足で合わせるがシュートは惜しくもゴール左に外れる。17分、パスをつないで押し込むが、ラストパスにつながらず。18分、細かくパスをつなぎ、右サイドから抜け出した中村が速いボールを入れるがクリアされる。20分、ペナルティエリアやや左前からのフリーキックの場面。中村が直接シュートを狙うが、ゴール左上に外れる。惜しい場面だった。21分、長崎の攻撃。中盤やや左からのフリーキックの場面。島田のボールをファンマにヘッドで合わせられるが、シュートはゴール上に外れる。危ない場面だった。22分、フロンターレの攻撃。GKソンリョンのロングキックを競り合い、前線で小林が収めるがシュートに持ち込めず。

23分、エウシーニョがドリブルで右サイドから切れ込み、縦パスを受けた阿部がシュートに持ち込むがDFに当たり外れる。24分、左コーナーキックの場面。中村のマイナスのボールは阿部に合わず。24分、長崎の攻撃。左サイドでファンマに粘られるが、守備陣がしぶとく対応。25分、フロンターレの攻撃。中盤から守田が裏のスペースを狙うが、小林はシュートに持ち込めず。26分、長崎の攻撃。直後にカウンターを狙われ、右サイド澤田に突破を狙われるが谷口が対応。ピンチを未然に防ぐ。27分、中盤でボールを動かされるが、ブロックを作り対応。28分、右サイドから崩しを狙われるが、飯尾には車屋が対応。29分、フロンターレの攻撃。中盤でパスをつなぎ守田が縦パスを狙うが、カットされる。30分、細かくパスをつなぎ、右サイドから崩しを狙うがクリアされる。33分、パスをつないで押し込み、大島がゴール前にボールを入れるがGKにキャッチされる。34分、エウシーニョが右サイドから切れ込みながら縦パスを入れるが、小林には惜しくも合わず。さらにボールを奪い返し。右サイドから中村がクロス。ファーサイドから飛び込んだ車屋が折り返すが、ゴール前に合わず。35分、さらに攻勢をかけ、右サイド中村のクロスを小林がオーバヘッドで狙うがタイミングが合わず。惜しい場面が続いた。37分、長崎の攻撃。右サイドから崩しを狙われるが、奈良が対応。38分、長崎の攻撃。前線への長いボールに反応した鈴木武に遠目からシュートを打たれるが、枠を外れる。39分、フロンターレの攻撃。長崎のカウンターをしのぎ、逆にカウンターへ。中村のスルーパスに反応した小林が左サイドから切れ込みながらシュートを狙うがブロックされる。40分、フロンターレの攻撃。中盤やや左からのフリーキックの場面。中村が直接シュートを狙うが、ゴール上に外れる。41分、長崎の攻撃。中盤でボールを奪われカウンターを浴び、右サイド澤田にクロスを入れられるが奈良がクリア。42分、リスタートの流れからボールを奪い返され、右サイドからのクロスをファンマにヘッドで合わせられるが守備陣が対応。GKソンリョンがキャッチ。43分、フロンターレの攻撃。中盤でパスをつなぎ左サイドから抜け出した車屋が低いボールを送るが、惜しくもクリアされる。44分、左コーナーキックの場面。中村のボールはクリアされる。アディショナルタイム0分。長崎の圧力をかわしながらフロンターレがボールを動かしながらチャンスを伺う展開となるが、チャンスを得点につなげず。長崎のセットプレーとカウンターをしのぎ、0-0で前半を折り返した。

ハーフタイムコメントHALF TIME COMMENTS

エンブレム

川崎フロンターレ:鬼木 達 監督

球際、切り替え、意識してやり続けよう。クロス、ロングボール、簡単にやらせない。攻撃は我慢強く、丁寧にやり続けよう。

エンブレム

V・ファーレン長崎:高木 琢也 監督

距離感を保ってテンポよくいこう。頑張って少しでも追い出していこう。あと半分、集中していこう。

後半the 2ND half

47分、長崎の攻撃。左サイドから崩しを狙われクロスが入るが、守備陣がクリア。47分、スローインの流れから澤田に左サイド深い位置に入られるが、守備陣が対応。GKソンリョンがキャッチ。48分、フロンターレの攻撃。自陣からパスをつなぎ、右サイドエウシーニョが中央に切れ込みながら左足でシュートを狙うが枠を外れる。50分。細かくパスをつなぎ中央突破を狙うが、タイミングが合わず。51分、パスをつなぎ、左サイドから右サイドに展開。エウシーニョがダイレクトで低いボールを入れるが、GKにキャッチされる。52分、パスをつないで右サイドで粘り、小林のボールを受けた中村が角度のないところからシュート性のボールを入れるが、GKにセーブされる。惜しい場面だった。53分、左コーナーキックの場面。ショートコーナーから中村がシュートを狙うが、枠に飛ばず。54分、長崎の攻撃。右サイドから崩しをかけられ田上のクロスをファーサイド翁長にダイレクトで合わせられるが、シュートは左に外れる。危ない場面だった。56分、右サイドから崩しを狙われるが、守田がカット。57分、セカンドボールを拾われ押し込まれ、翁長にミドルシュートを打たれるが大きく外れる。58分、縦パスを入れられ鈴木武のワンタッチパスに抜け出した澤田にシュートを打たれるが、GKソンリョンがキャッチ。危ない場面だった。58分、左サイドから崩しをかけられクロスが入るが、守備陣がクリア。60分、右サイドから崩しをかけられ、飯尾にクロスを入れられるが谷口がクリア。62分、フロンターレの攻撃。パスをつないで押し込み、左サイド家長のアーリークロスにファーサイドエウシーニョが走り込むが、ヘディングシュートはサイドネット。惜しい場面だった。64分、相手陣内でボールを奪い返し、家長が左サイドからクロスを入れるがGKに触られる。66分、パスをつなぎ守田の縦パスを大島がダイレクトで前線に送るが、小林は惜しくもオフサイドの判定。迎えた67分、フロンターレの攻撃。相手の一瞬のスキを突き、中盤でのルーズボールに反応した中村がスルーパス。フリーで前線に抜け出した小林が一度はシュートを防がれるものの、こぼれ球に詰めて左足でシュートを決める。(1-0)

69分、フロンターレの攻撃。長崎の攻勢をしのぎ、大島のロングパスからカウンターへ。小林がシュートに持ち込むが、惜しくもブロックされる。70分、長崎の攻撃。右サイド裏のスペースを狙われ、飯尾に右サイドからクロスを入れられるが谷口がクリア。71分、中盤右サイドからのフリーキックの場面。島田のボールからゴール前で混戦となるが、車屋がクリア。73分、細かくボールを動かし中央突破。大島が抜け出しこぼれ球に小林が反応するがブロックされる。惜しい場面だった。74分、阿部に代わり鈴木が入り、右ワイド。家長が左ワイドへ。74分、フロンターレの攻撃。右コーナーキックの場面。中村のボールをニアサイドで谷口がヘッドで合わせるが、ゴール上に外れる。76分、長崎の攻撃。中盤左からのフリーキックの場面。島田のボールは守田がクリア。78分、左サイドからのフリーキックの場面。島田のボールは奈良がクリア。こぼれ球を米田に詰められるが、シュートは大きく外れる。79分、フロンターレの攻撃。大島が左サイドに展開。車屋がクロスを入れるが、そのままラインを割る。80分、速攻をしかけて家長が抜け出し、左サイドからクロス。鈴木がダイレクトでシュートを狙うがブロックされる。惜しい場面だった。82分、長崎の攻撃。島田の右コーナーキックは中村がクリア。83分、左コーナーキックの場面。島田のボールを遠いサイドの翁長に拾われ、右サイドからクロスを入れられるがGKソンリョンがセーブ。ピンチをしのぐ。84分、右コーナーキックの場面。島田のボールは鈴木がクリア。85分、中村に代わり登里が入り、左ワイド。家長が中央へ。86分、フロンターレの攻撃。カウンターからパスをつなぎ、左サイド車屋がクロスを入れるがそのままラインを割る。87分、長崎の攻撃。左サイドから崩しをかけられ折り返されるが、守備陣がしのぐ。クリア。90分、小林に代わり知念がピッチへ。アディショナルタイム4分。90+2分、フロンターレの攻撃。ルーズボールを拾った鈴木が左サイド遠目からシュートを放つが、大きく外れる。90+5分、長崎の攻撃。中盤やや右からのフリーキックの場面。島田のボールからセカンドボールを拾われ、左サイドからクロスが入るがゴール前を通過。試合は1-0でタイムアップ。

後半やや足が止まったところで長崎に攻勢をかけられるが、逆に相手の一瞬のスキを突いてカウンターから小林がシュートを決めて先制。その後は暑さのなか苦しい時間が続くが、長崎の反撃をしのぎ切り1-0で勝利を挙げた。

試合終了後 監督コメントCOMMENTS AFTER THE MATCH

エンブレム

川崎フロンターレ
鬼木 達 監督ONIKI, TORU

[公式記者会見 総評]

毎年、川崎市制記念試合には西城さんに来ていただいていたんですが、今年は残念ながら来てもらえない形になりましたけど、ただそのゲームでしっかり勝てたことは本当に嬉しく思っています。そして自分たちとしては久々のホームゲームという中で、苦しい展開でしたけど、しっかりとホームで勝つ姿を見せられたこと、それが一番良かったと思っています。

[公式記者会見 質疑応答]
── 得点シーンもそうですが、状況によって縦に怖さを持って入っていく部分とポゼッションの部分と上手い使い分けが出来ていた気がしますが、キャンプの成果というか狙いどころをメリハリ持ってやるというところの手応えはいかがですか?
やはりそこのところはチームとして狙っているところでもありますし、本当に攻撃もそうですし、守備のところもメリハリを付ける中で言うと、そういうシーンが増えてきているので、あとは最後の精度を増していくことが一番大事だと思っています。
── 後半の途中から家長選手と阿部選手のポジションが逆になっていたかなと感じたのですが、あれは監督さんが指示をしたのか、選手が決めたのか。監督さんが決めたのならば意図を教えてください。
自分の方で指示を出しました。一つは相手のWB、左の方からかなり高い位置で入ってきていたので、そこのところの守備で阿部にポジションに取ってもらうこと。プラス、アキ(家長昭博)を左に出すことで推進力が増すことはわかっていたので、そこのところのゲームの状況を見ながら一番いい時間帯でポジションを変えようかなと思っていて、という形です。

エンブレム

V・ファーレン長崎 監督
高木 琢也

[公式記者会見 総評]

中断もありましたが、前半戦の終わりの最後のゲームになりました。敗れてしまったのは残念だったと思います。今日のゲームの展開ですが、我々がボールを持ってフロンターレさんが守備の時間が長いという展開には間違いなくならないので、ある程度の想定の中で、前線からプレッシャーをかけながら、もちろん危ないシーンもありましたが、最終的にはGKも含めて10対11で守れて、狙いとしてはある程度はやれたかなと思います。ただ点を取れないと、引き分けだったり、敗れてしまう事になるので、チームとしては守っている時間の中で相手の隙を突けるような、リスタートでの得点というものも力を入れていかないといけないと思います。今日も非常にポジティブなゲームをしてくれたと思います。以上です。

[公式記者会見 質疑応答]
── 今日のゲームですが、川崎の攻撃に対して中をしっかり固めて前半を0-0でした。監督としては意図した通りのゲーム展開だったと思いますが、その中でチャンスも作ったのですが、得点を決めきれなかったこと、失点をしてしまったこと、あえて言うのであればどちらの方がより改善をしていきたいでしょうか?
失点のところはズルズルいってしまうと色々な問題があるので、失点をするチームはなかなか勝てない、勝点を取れないということがあります。今日のゲームに関して言えばそこまで失点というよりも、得点が取れなかった方が、今日の内容からすればそちらの方かなと思います。先ほどもインタビューで話しましたが、レフェリーのジャッジに関してはモノ申したいことは誰でもありますし、基本的にはレフェリーは邪魔になっても石なので、それは良いジャッジだったか、悪いジャッジだったかに関わらず、ただ止まらない事は。あのシーンで隙を見せてしまったことは良くないと思います。

試合終了後 選手コメントPLAYERS’ COMMENTS AFTER THE MATCH

川崎フロンターレ:谷口 彰悟

── 試合を振り返って
崩しきれない時間が続いたが、焦れずに勝ちに持っていくことができた。長崎は前線に特徴があるチームで、後ろはしっかりバトルして抑えることを心がけた。戦えた部分もあったが、もっとやれたんじゃないかというところもある。攻撃面では相手が戻ってブロックを組んできて、そこをどう崩すかというところ。セットプレーを含めて、うまく合わせることができれば2点、3点取れたかなと。そこは反省点なので次に生かしていきたい。暑さでかなりタフなゲームになったが、たくさんのサポーターが来てくれてみんなも気合いが入っているのを感じた。その期待に応えられるよう最後まで戦った。

川崎フロンターレ:車屋 紳太郎

── 試合を振り返って
1試合を通してもっとボールを保持したいと思ったが、久しぶりの暑さのなかでのゲームということもあり、とくに後半は相手に持たれる時間が長くなった。縦に速い攻撃が多くて、ゆっくり回す時間が少なかったかなと。守備に関してはみんな声を出していたし、無失点で終われたのはよかったが、この暑さを考えるともう少し自分たちがボールを持って主導権を握らないと厳しいかなと思う。システム的に僕とエウソン(エウシーニョ)が空くというのはわかっていたが、中、中に人数をかける攻撃が多かった。縦に速いぶんミスも多くて、そこでつぶされてカウンターというシーンが多かった。サイドのスペースを使われて、体力的にはいつもよりもきつかった。ただ試合の終わらせ方としては、最後セットプレーが多かったのは反省だが、最後までゴールを割らせなかったのはよかった。

川崎フロンターレ:阿部 浩之

── 試合を振り返って
暑かった。相手は後ろに人数をかけていた。前半は、相手を走らす意味では良かった。ただ自分を含めて、もっと決定機の数を増やしていきたいと思っている。途中でオニさん(鬼木達監督)の指示で左右のポジションが変わったが、どっちがいいというのはないし、結果的に勝てて良かった。

川崎フロンターレ:小林 悠

── 試合を振り返って
厳しい試合だったが、集中して勝つことができた。得点場面は、1本目のシュートは思ったところに行かなくてビックリした。2本目をきっちり決めることができた。あとちょっと、というのが何回かあった。個人的にも、ドリブルで持って行く場面があったので、そこで決めることができれば、自分ももっと上に行けると思っている。夏は毎年決められるので、自分でもそういう風になっている。相手も疲れてくる中で、一瞬の隙を逃さないようにしている。抜け出した場面も、相手が止まったので、そういうのを見逃さないように心がけている。もちろん、みんながチャンスも作ってくれるので、チームメートのおかげ。夏場は結果を求めて、7月と8月でどれだけ勝点を積み重ねることができるか。どんな内容でも、泥臭くても勝つことが大事だと思っている。

川崎フロンターレ:中村 憲剛

── 試合を振り返って
今日ぐらい攻めることができると、攻め疲れも出てしまう。ちょっと向こうのボールのときに休むことができなかった。だから点を決めて、2点目、3点目と、やっていかないといけない。ただそれは、欲を言えばの話。そういう展開に持ち込めないこともある。繰り返しになるが、自分たちがボールを握って攻めというところまで行ったら、点は取らないといけない。我慢して点を取って逃げ切るということができているのも、去年からの成長でもある。今日はやられそうな雰囲気はなかった。守ってしまえばいい、というところはあったし、それをちゃんとやれているのは大きい。勝っているから前に進めると思っている。

川崎フロンターレ:守田 英正

── 試合を振り返って
きつい試合だった。ボールを持てているようで、持てていない。こっちのペースでサッカーはできなかった。ブロックを作られていて、無理をして前にはいかないで、ズラしてワイドに、というのをやっていた。相手はブロックを組んでる割には、脇が開いたり、降りてきた選手にはあまりついてこないところはあった。うまく目線を逸らしながらやっていた。何回かチャレンジして、相手にひっかかる部分はあった。

川崎フロンターレ:家長 昭博

── 試合を振り返って
我慢しながらできたと思うし、こういうじれる試合はこれからも続いていくと思っている。今日のように我慢強くやれれば、自ずと勝てると思っている。前線は、去年もずっとやっているメンバー。さらに良くしていかないといけないと思っているし、得点がもうちょっと早い時間帯で取れれば楽になったと思う。そういうゲームをしないと疲れてくるので、もうちょっと前線が頑張らないといけない。終盤は、交代で出てくる選手が、自分の役割を理解してくれている。フィジカル的にも強い選手がいるし、彼らが頑張ってくれるので僕らは楽になっている。

OFFICIAL SPONSORS

  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 富士通エフサス
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • 株式会社PFU
  • プーマ
NEXT MATCH

次の試合も熱い声援を! 合言葉はPaint it Blue!!

SEASON2018

第18節

vs.湘南ベルマーレ

emblem

AWAY日時:2018年07月28日(土)19:00キックオフ 会場:Shonan BMWスタジアム平塚

試合スケジュールへ

PAGE TOP

サイトマップ