CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU
  • ホーム
  • お知らせ
  • 川崎フロンターレ「2020シーズン クラブキャッチフレーズ」について

FRONTALE INFORMATIONお知らせ

1/11 (土) 1 2020

カテゴリー:

川崎フロンターレ「2020シーズン クラブキャッチフレーズ」について

カテゴリー:

2020シーズンの川崎フロンターレクラブキャッチフレーズは、「GET NEXT 青き意志とともに。」と決定しましたので、お知らせいたします。

昨シーズン「EVER BLUEどこまでも高めていく」のキャッチフレーズのもと、強化においてはリーグ戦、ACL、天皇杯では悔しい結果となったものの、2000年の決勝進出以来、5回目の挑戦で悲願であったルヴァンカップ初優勝を成し遂げることができました。そして、アカデミー出身の生え抜きの選手たちがトップチームで活躍するようになりました。事業においてもリーグ戦17試合中16試合において2万人を超える入場者数を記録し、Jリーグマネジメントカップにおいても1位を獲得することができました。1997年のクラブ設立後、苦しかった時代も多くの皆様とともに乗り越えて、クラブとしてありたい姿に近づくことが出来ました。

そして迎える2020シーズン。強化では出場する全ての大会において「次」のタイトル獲得を目標としつつ、「次」の生え抜き選手の輩出を目指し、川崎市多摩区生田にアカデミーの拠点であり、地域の交流の拠点となるフロンタウン生田の整備を決断しました。事業では川崎市中原区武蔵小杉駅前にカフェも併合する「次」の形態の新グッズショップをオープン予定など、新たな、そして大きな「次」の一歩を踏み出すシーズンとなります。

2020シーズンは、これまでも、これからも川崎フロンターレにかかわってくださる多くの皆様とともに、その青き意志とともに、次を掴み獲りたい。そして私たちのミッションである「スポーツの力で、人を、この街を、もっと笑顔に」をより体現していきたい。そう願い、このキャッチフレーズに決定いたしました。
「GET NEXT 青き意志とともに。」2020シーズンも川崎フロンターレは歩んでまいります。

関連するお知らせ

share with friends!
Tweet
FB Shere

過去のお知らせ

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ