CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

7/15 (金) 2005

カテゴリー:

キーパー対談

text by

「マッチデープログラム」編集部 本間

カテゴリー:

「川崎フロンタ−レvsセレッソ大阪」といえば、両チームのサポーターにとって2000年の1stステージ最終節のあのアツイ試合は忘れもしないでしょう。
セレッソ大阪の悲願のステージ優勝の夢を阻んだ壮絶な試合で、両チームのゴールマウスを守っていたのは、下川誠吾選手とガミさんこと浦上壮史さん。

セレッソ大阪戦のマッチデーでは、下川選手とガミさんが当時の試合のエピソードを対談形式で振りかえります。2人のトークでは「GKはひとりだけみんなと違う練習もするし、個性がないとつとまらない。GKには変わったやつが多いよね」などキーパー談義で花が咲きました。

2000年の長居スタジアムでの戦いについてのトークについては、本誌を見てのお楽しみということで。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ