CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

11/11 (日) 2012

カテゴリー:

ウイニングイレブンができる権利

text by

広報部

カテゴリー:

東日本大震災後クラブとして取り組んでいる「Mind-1ニッポンプロジェクト活動」の一環として、フロンターレ選手、クラブから提供する「権利」「サービス」など様々な商品をオークションにかけ、最高金額を提示した方がその品(権利)を購入(獲得)できる「フロンターレ ハンマープライス2012」。今回は「中村憲剛とウイニングイレブンができる権利」を実施しましたので報告します。

今回の舞台は小田急線新百合ヶ丘駅北口から徒歩3分にところに位置する川崎市アートセンター。この企画の趣旨をご説明させていただいたところ、ご理解いただき全面的にご協力いただきました。アートセンターは2007年10月にオープンし、「しんゆり・芸術のまち」をより一層活力のあるまちづくりを進めることを理念としています。館内には小劇場と映像館が備わっており、駅から徒歩3分とアクセスも良く、非常に素晴らしい空間です。川崎市アートセンターの詳細はこちらから。

そんな素晴らしい空間でサッカーゲームの定番『ウイニングイレブン』を中村憲剛選手と対決してもらおうと企画しました。写真を見ていただければわかりますが、この大画面の迫力はすごかったです!中村憲剛選手も「TVか何かのセットみたいだね」とビックリしていたほど。席数だけで195席ありますから、画面の大きさも自宅でやるゲームとは一味も二味も違います!!今回、この企画を落札された松本さんは、中村選手の大ファン。事前の情報では、松本さんはウイニングイレブンほぼ初心者ということで松本さんの彼氏と一緒に参加してもらうことに。こちらもただ中村選手とウイニングイレブンをやるだけでは企画として“フロンターレらしさ”がないので…。まずは、事前に青玄寮に入寮している選手を対象に『青玄寮カップ』を敢行。優勝した選手が、当日登場して中村選手の前に落札者の松本さん達と前座の対戦をするということで、本気のウイニングイレブン大会が繰り広げられました。

この前哨戦に参加したのは、福森選手、谷尾選手、安藤選手、田中淳一選手、高木選手、風間宏希選手の計6名。普段から寮内でやっているメンバーもいれば、高木選手に至ってはほぼ初心者とかなり力の差がありそうでしたが、いざスタートしてみると熱い戦いが繰り広げられました。特に盛り上がったのは、ほぼ初心者の高木選手が安藤選手に勝利。誰もが安藤選手の勝利を予想していましたが、その予想を覆す、ディフェンシブなフォーメーションとパワープレー戦術で見事に勝利を収めました。そんな激選を勝ち抜き、決勝に進出したのは福森選手と風間宏希選手。2人とも危なげない試合展開で決勝まで駒を進めてきました。接戦の末、この大一番を勝利したのは福森選手。当日参加することも快諾してくれました。

当日は中村選手の大ファンということでしたので落札者の松本さん達だけのためのミニケンゴ展と称し、フロンターレへ加入した2003年から2012年までの1stユニフォームと2ndユニフォーム着用写真を展示し、さらには代表やイベントのパネルやお宝品の数々を展示致しました。これには松本さんも大喜びで「若いっ!!懐かしい!!」と一つひとつにお手本通りのリアクションでした。ありがとうございます。

さて、展示会も終了し、ついに中村選手の登場と思っていたであろう松本さん達に青玄寮カップのダイジェストを大画面で見てもらいました。そしてVTR終了後に登場したのは、青玄寮カップのチャンピオン、福森選手と、相棒?の谷尾選手。福森選手と対戦し、勝利することができたら中村選手との対決ができる、ということでまずは福森選手対松本さんの彼氏の粕川さんが対決!!松本さんが客席から見守る中、キックオフ。白熱した試合展開の中、福森選手のバルセロナが先制。その後、すぐに粕川さんのインテルが追いつき、一進一退の攻防が続きます。このままPK戦かと誰もが思った試合終了間際に粕川さんがゴールし、2-1で勝利しました。これには松本さんも大興奮。念願の中村選手に会えるということで一瞬にして松本さんのボルテージは最高潮に。そして、ついに劇場後ろの扉から等々力陸上競技場で流れるアンセムに合わせ、中村選手が登場。写真を見ていただければわかりますが、松本さんはもう感無量という言葉がぴったりな表情で本当に嬉しそうでした。

さてここからが本番です。中村選手と粕川さんの対戦。中村選手はバルセロナをチョイスし、粕川さんは再びインテルを使います。負けた方は罰ゲームというルールも設定。福森選手と谷尾選手が試合の実況、解説を務め試合はスタート。久しぶりにウイイレをやると言っていましたが、やはりプロサッカー選手。中村選手らしい試合運びでパス、パス、パスとボールを支配し、あっという間に先制!!これには松本さんもびっくり。簡単にペナルティエリア付近までボールを運び、シュートを打つプレーヤーは基本フリーでボールを受けることができていました。ハーフタイムにはしっかり松本さんから粕川さんへ「このために夜練習してるんでしょ!!」と喝が入ります。これには一同びっくり!!粕川さんにはプレッシャーのかかる後半となりましたが、決定的な場面をものにできずにいると中村選手が追加点。中村選手の実際のプレーを見ているかのようなパス、そしてスルーパスで牙城を崩し、ゲームを支配した中村選手がスコア2-0で勝利。結果、罰ゲームは落札者カップルがすることになりました。罰ゲームの内容は内緒にしておきます。

その後はエキシビジョンということで中村選手&松本さんペアと谷尾選手&粕川さんの4人でプレー。福森選手と松本さんの友人が見守る中、楽しくチームで対戦をしていました。ゲームも終了し、松本さんから中村選手へ手作りプリンのプレゼントをいただきました。中村選手からも着用済みスパイクにサインを入れてプレゼントさせていただき、松本さんにも喜んでいただけたのではないでしょうか。最後に皆さんで記念撮影をし、会は終了となりました。終わってみて松本さんからは感謝の言葉とこれからも継続的に一緒に支援していきたいという言葉をいただきました。そして、中村選手からも継続的に行うこと、そしてこうやって協力してくれるファン・サポーターやアートセンターの皆様にも感謝したいとのことでした。ご協力いただいたアートセンターの皆さんどうもありがとうございました。そして、松本さん落札いただきありがとうございました。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ