FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2016年02月07日(日)の日記

tag: クラブ, 遠征

2次キャンプ4日目

text by 広報G

沖縄でのキャンプは4日目。
昨日の雨も上がり、この日は穏やかな天候が広がっていました。

日曜日ということで、朝から多くの見学者が「吉の浦公園ごさまる陸上競技場」に駆けつけてくれました。
午前中は室内での筋トレとグラウンドでのステップワークを中心とした、軽めのメニューで汗を流し、午後は昨日の練習試合で出た課題の修正とともに、明日行われるFC岐阜との練習試合に向けて、ゴール前の攻防やハーフコートでのゲームを行いました。

チーム始動から宮崎県綾町での1次キャンプ、そして沖縄での2次キャンプと順調に調整を続けており、新加入選手もしっかりチームに馴染んでいます。

ブラジルからやってきたネットも「チームとして今は戦術面なども詰めてきている段階ですが、個人的には100%の状態にもってくるのはもう少しかかると思います。早くトップコンディションに上げていきたいですね。ただ、徐々にチームのやり方、戦術、各選手の特徴だったりは理解してきていると思うので、もう少し練習試合等で見ていきたいと思う」とここまでの感想を話してくれました。

来日当初から積極的に日本の文化に馴染もうと、トレーニングにも積極的に取り組み、いろいろな選手とコミュニケーションをとってきたネット。
肝心な日本での生活についても「いろいろと違いはあると思うけど、一番は寒さが大変かな。文化とか生活面はもちろん違うけど、徐々に慣れてきているし、そのうち日本人になれるのではないかと思っています(笑)食事面でもパスタ、鶏肉、魚など、ブラジルとそんなに違いはないので、特に問題ないです!!」と笑顔を見せ、問題ないことをアピール。

練習試合でも激しい守備だけでなく、テンポの良いパス回しに対応するなど、徐々に調子を上げてきている様子。この調子を維持してもらいたいものです!

またネット同様に、今シーズンからフロンターレに加入したソンリョン。
韓国からやってきたソンリョンは「フロンターレの雰囲気にも慣れ、性格のいい選手ばかり。普段選手たちは仲が良くても、グラウンド上では厳しくいくし、お互いにリスペクトしている。本当にいい選手が揃っています」とフロンターレの印象を話してくれました。

日本に来る前から日本語の勉強をしており、トレーニング中には日本語で指示を出す場面も増えてきました。
そのことについては「少しずつ通訳の金さんから日本語を習っています。あとは家族が来れば問題ない。環境も韓国と変わりないので、食べ物も困っていません」と日本の生活にもすっかり慣れている様子。
グラウンド外でも常に相手をリスペクトし、いろいろと協力してくれるソンリョンは、すでにみんなのお兄さん的存在に!

今後に向けても「自信というものはグラウンドで汗をかいた分ついてくると思うので、選手たちみんなで一生懸命頑張って、あとは自信をつけていくだけ。個人だけでなく、チーム全体が一つになって一生懸命やっていければ、おのずと結果は出てくると思います」と、なんとも頼もしいコメントを残してくれました。

そして、明るいニュースも入ってきました。
この日のトレーニングからここまで別メニューで調整を続けていたタサが合流!
「まだ100%じゃないけど、やっぱりサッカーは楽しいね!!」とタサ。

いよいよタサも合流し、28人全員でトレーニングができている沖縄キャンプ。順調ですよ!!
これからもケガなく、取り組んでいきたいと思います!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h