CLUB OFFICIAL  
TOP PARTNERS

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

9/ 9 (水) 2009

カテゴリー:

ACL記者会見

text by

広報部

カテゴリー:

9月7日(月)、ナビスコの決勝進出を決めた翌日にJFAハウスに行ってきました。
この日はACLのノックアウトステージに向けての出場チームの記者会見。関塚監督、タニ、ふろん太の参加です。

記者会見の様子はJ'sGoalの「フォトコーナー」にも掲載されていますのでそちらで。「関塚監督コメント」「谷口博之選手コメント」「記者会見時の写真

会見後の囲み取材の中でも、「9月23日、国立を何としてでもフロンターレブルーに染めて欲しい。ホームの雰囲気にして欲しい」という2人のコメントがありました。国立ということでチケットも出足は遅かったですが、徐々にペースが上がってきています。先日のナビスコカップでも1戦目に勝利することがどれだけ有利な状況を作るのか…わかったと思います。1戦目はもちろん、2戦目もあれだけ多くの皆さんが足を運んでくれなかったから、最後耐えきれなかったかもしれません。
9月23日(水・祝)国立競技場」お待ちしていますよ!フロンターレらしく、みんなで一緒に戦いましょうよ!!

これからは、ナビスコ決勝・ACL・リーグ戦・天皇杯もあります。
ナビスコ決勝のチケットでバタバタしていますが、「SEPTEMBER SHOUT SEVEN」週末の鹿島戦、そして翌週の浦和戦、ACL名古屋戦とこれからどんどん続いていきます。皆さんのおかげですべてのタイトルに挑戦する権利を得られていることに感謝し、今まで通り1戦1戦大事に戦っていきたいと思います。

さて、この日記では少し… 記者会見の舞台裏をお伝えしたいと思います。


スタッフの車で現地入りし「明らかな人選ミスでしょー。こういうのダメだよー」と言いながら登場したタニ。協会からの推薦で決まったわけですが、前日はナイトゲームで遅くに帰宅し、この日は2週間ぶりのOFF。ちゃんと来れるか心配だったので… 迎えに行ったのですが行ってよかったなと。
実はこの時点で朝から監督と連絡がとれていなかったのですが… 「大丈夫でしょ。一番危なかったオレはもうここにいるわけだし」という、変に説得力のあるタニの名言もあり、みんなで納得しながら控室へ。

タニの言うとおり数分後には監督も登場。
全員揃ったところで説明を受けたのですが、こんな言い方をしてはいけないのかもしれませんが、思った以上にちゃんとしてる!AFCのダイレクターの方も来て、記者も多いということでタニの表情はひきつり「話すことないなぁ」と嫌な雰囲気。

と、ここで思いがけない出来事が。
「あれっ!?監督、シャツ間違えてないっすか??」とスタッフ。「あー、ホントだー、ダメじゃないっすかー」とやたらと盛り上がるタニ。「えー、でも昨日心配だったからグラウンドでも確認したぞー」と言いながらも若干心配そうな監督。

ここでちょっと解説。
皆さんご存じのとおりフロンターレはオフィシャルスポンサーであるORIHICA(オリヒカ)さんからスーツ一式を提供して頂いています。(オリヒカさん、いつもいつもありがとうございます!)2006年からもう4年目。スーツ・シャツ・ネクタイが全部で4セット。シャツはもともと2枚ずつ+夏服もあるので、その数はすごいものです。
当然「○○年シーズン」と「△△年シーズン」のスーツやシャツは微妙に違い… (一緒にしておけばいいのですが)「このスーツの時はこのシャツ」というのを意外と間違えてしまうんですよね。以前もジュニが遠征時に一人だけスーツを間違えて登場!なんてこともありました。

この日は、写真では分かりづらいですが、薄いブルー基調で襟が白いシャツを監督が着用、真っ白なシャツをタニが着用。しばらく夏服着用だったこともあり、全員が少し前の薄い記憶をたどり… 散々議論した結果。タニが間違えていたことが判明!!

「ほらー、確認してよかったよ」と監督が笑顔になれば、一転窮地にたたされたタニは「いや、何かの間違いでしょ。これは譲れない」と最後まで抵抗。
と、こんな些細なことがきっかけでしたが、控室は笑い声に包まれました。そのおかげか!?2人ともいい笑顔で会見に参加してました。あれだけ「心配だ心配だ」と言っていたタニも、言葉は短いながらも気合いの入ったいいコメントをしてましたよ。

一方でもう1人!?ご機嫌だったのはふろん太。
監督・タニよりひと足早く現場入りしたのですが、何と専用の控室があるではないですか!自分のブログ用にするのか、さっそく記念写真まで撮っていました。

会見時の仕事といえば… 写真を見てもおわかりのようにほとんどの時間は「待機」。後ろから見ると記者さんたちの中に、何とも魅力的なシルエットが。思いがけない出席者にたくさんのカメラを向けられていました。

会見は最初から最後までずーっとおとなしく座って聞き、最後の写真撮影でやっと登場!
監督・タニからも自然と笑みが出て、いい形でフロンターレをアピールしてくれていましたよ。トロフィーを持ち上げた時は落とさないかヒヤヒヤしましたが。

その後は、せっかくJFAハウスに来たということでJリーグ事務局に挨拶へ。
ちゃっかり取材も受け、女性スタッフからは「ふろん太くん、かわいいー」という黄色い声援も頂き、入口にあったJクラブのミニフラッグも、特に順番はなくランダムに並んでいると聞くと… 早速フロンターレのフラッグを一番前に移動させるなんていう小さなこだわりも見せ、大変ご満悦な様子でした。


1時間ほどですべての予定を終え、監督は自分の車で、タニはスタッフみんなと一緒の車でJFAハウスを後にしました。

川崎への帰り、車中のタニは「家族のこと」「最近よく見ているドラマのこと」「そこに出演している女優さんのこと」「地元・横須賀のこと」「フロンターレのこと」「引退後のこと」「コーヒーへの想い」など… ずいぶんと話してくれました。まさにタニワールド。

ここでちょっと紹介… という訳には残念ながらいかないんですよねぇ。
私たちよりも皆さんの方がよっぽど詳しいでしょうし、薄々気づいていると思いますが、結論!「タニはやっぱり面白い」。こういう話はいつの日かオフのトークショーで!!


いいオフを迎えるためにも… さぁ、リーグ戦再開しますよ。
チケットの確保は大丈夫ですか!?しつこいですが、9月23日の国立でのACLも絶対にお忘れなく!!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2022-05

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ