CLUB OFFICIAL 
TOP PARTNERS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • Sアンカー・ジャパン株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 株式会社富士通エフサス
  • 株式会社松尾工務店
  • 株式会社富士通Japan

前節

SEASON2021

第11節

vs.セレッソ大阪

emblem

最新節

次節

HOME

日時:2021年03月03日(水)18:03キックオフ 会場:等々力陸上競技場

試合終了

ゲームトップ画像

試合終了

  • エンブレム

    川崎フロンターレ

  • 3

    12
    20

    2

  • セレッソ大阪

    エンブレム

2021 MEIJI-YASUDA SEIMEI J1 LEAGUE
vs.CEREZO OSAKA

2021 J1リーグ 第11節 vs.セレッソ大阪:開催データ
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態
4,756人 晴、弱風 9.5℃ 36% 全面良芝
試合時間 コミッショナー 主審 副審 副審
90分 石井 秀明 佐藤 隆治 山内 宏志 木川田 博信
第4の審判員 VAR AVAR 記録員  
先立 圭吾 今村 義朗 聳城 巧 大高 常勝  
過去の対戦成績(J1) 過去の対戦成績(J2) 2021シーズン対戦記録
10勝6分8敗/46得点39失点 1勝2分1敗/9得点9失点 第11節(ホーム)/第36節(アウェイ)

Jリーグ公式オンラインストアで、川崎フロンターレのユニフォームや応援グッズを今すぐ購入しよう

公式記録OFFICIAL MATCH RECORD

川崎フロンターレ[ホーム] チーム [アウェイ]セレッソ大阪
3

1 前半 2
2 後半 0

2
鬼木 達 監督 レヴィー クルピ
3 > 6 勝点 3 > 3

レアンドロ ダミアン 07分
レアンドロ ダミアン 47分
三笘 薫 62分

得点
選手/時間

05分 大久保 嘉人
22分 大久保 嘉人

選手名
シュート数 ポジ
ション
シュート数
選手名
45909045
チョン ソンリョン 1000 GK 000 21 キム ジンヒョン
山根 視来 13000 DF 0002 松田 陸
ジェジエウ 4202 00014 丸橋 祐介
谷口 彰悟 5000 00015 瀬古 歩夢
旗手 怜央 47101 00033 西尾 隆矢
ジョアン シミッチ 6000 MF 0004 原川 力
田中 碧 25000 0005 藤田 直之
脇坂 泰斗 8101 11010 清武 弘嗣
00017 坂元 達裕
家長 昭博 41000 FW 101 13 高木 俊幸
三笘 薫 18112 523 20 大久保 嘉人
レアンドロ ダミアン 9123
 
GK/丹野 研太 27     0 SUB 0     50 GK/松井 謙弥
DF/車屋 紳太郎 7     0 0     3 DF/進藤 亮佑
MF/塚川 孝輝 3   1 1 0     26 DF/小池 裕太
MF/橘田 健人 22   0 0 1 1   18 MF/西川 潤
MF/長谷川 竜也 16   0 0 0     40 MF/松本 泰志
FW/遠野 大弥 19   1 1 0 0   22 FW/松田 力
FW/小林 悠 11   2 2 1 1   29 FW/加藤 陸次樹
経過
得点選手 得点経過 得点選手
経過

右 41 → 8 → 13 ↑ 中央 9 右足S

9 レアンドロ ダミアン 7 5 大久保 嘉人 20

右 17 → 20 → 17 ~ → 20 右足S

右 41 → 25 → 中央 13 ↑ 9 ヘディングS

9 レアンドロ ダミアン 47 22 大久保 嘉人 20

中央 13 右足S 相手DF 右 2 ↑ 中央 20 左足S

左 18 ~ → 中央 9 → 18 右足S

18 三笘 薫 62

[得点経過の記号の意味]〜:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート

OUT IN 交代選手 IN OUT
6 ジョアン シミッチ 3 塚川 孝輝 64 58 18 西川 潤 13 高木 俊幸
8 脇坂 泰斗 22 橘田 健人 79 68 29 加藤 陸次樹 5 藤田 直之
9 レアンドロ ダミアン 11 小林 悠 90 85 22 松田 力 20 大久保 嘉人
18 三笘 薫 16 長谷川 竜也 90    
41 家長 昭博 19 遠野 大弥 90    
警告・退場
選手名/理由
  
  
  
  
  
  
45 90 データ 90 45
6 7 13 シュート 9 5 4
3 6 9 GK 7 3 4
6 3 9 CK 3 3 0
1 7 8 直接FK 16 8 8
0 0 0 間接FK 2 1 1
0 0 0 オフサイド 2 1 1
0 0 0 PK 0 0 0
警告・退場
選手名/理由
  
  
  
  
  
  

注1:オフサイド欄の数値は、間接FK数のうちオフサイドによるものを表している。
注2:*はハーフタイムなどのインターバル中、あるいはPK戦中を意味する。

警告理由
C1 = 反スポーツ的行為 C2 = ラフプレイ C3 = 異議 C4 = 繰り返しの違反 C5 = 遅延行為  C6 = 距離不足
C7 = 無許可入 C8 = 無許可去
退場理由
S1 = 著しく不正なプレイ S2 = 乱暴行為 S3 = つば吐き S4 = 得点機会阻止(手) S5 = 得点機会阻止(他)
S6 = 暴言 CS = 警告2回

前節終了時の累積警告

  • なし

今節の出場停止

  • なし

スターティングメンバーLINE-UP

川崎フロンターレ
セレッソ大阪

最近の結果と予定 RESULTS & SCHEDULE

最近の試合結果と予定
川崎   C大阪
3試合前
2試合前
前節
名古屋(H) 次節 G大阪(H)
G大阪(A) 2試合後 名古屋(H)

ホームゲームトピックスGAME TOPICS

川崎フロンターレ
マッチデープログラム
2021Vol370

特集:
【表紙・インタビュー】ジョアン シミッチ

【選手対談】知念慶×小塚和季
セレッソ大阪戦のマッチデープログラムの表紙&インタビューはジョアン シミッチ選手。対談企画は知念慶選手と小塚和季選手です。オリジナルブロマイドはスタジアム販売が「ゼロックス杯表彰式」、専用オンラインショップ販売分が知念慶選手&小塚和季となります。https://matchday.frontale.shop/
またアマゾンでの電子書籍(Kindle版)でも販売いたします(電子書籍版にはブロマイドはつきません)。電子書籍版以外は限定販売となりますので、お早めにお買い求めください。

あんたが大賞

photo

本日のあんたが大賞は、2度も追いつく強烈な同点2ゴールに加え、決勝ゴールを華麗にアシストして大活躍のレアンドロ ダミアン選手です!

贈呈者
川崎駅広域商店街連合会 副会長 藤村稔様
賞品
かわさき餃子みそ

他会場の結果 OTHER MATCHES

2021 J1リーグ / 第11節 >利用規約をご確認ください

日 程 対戦 キックオフ 会 場 入場者数 結果
2021年
04月22日(木)
名古屋 vs G大阪 19:30 豊田ス  - 
2021年
04月24日(土)
札幌 vs 仙台 13:00 札幌厚別  - 
FC東京 vs 鳥栖 14:00 味スタ  - 
横浜FM vs 横浜FC 14:00 日産ス  - 
広島 vs 福岡 14:00 Eスタ  - 
柏 vs 徳島 16:00 三協F柏  - 
鹿島 vs 神戸 17:00 カシマ  - 
2021年
04月25日(日)
清水 vs 湘南 14:00 アイスタ  - 
浦和 vs 大分 16:00 埼玉  - 

ラジオ日本 フロンターレ応援番組 ハッピーフロンターレ

モバフロだけ! 試合前の選手コメントPLAYERS’ COMMENTS BEFORE THE MATCH

POWERED BY モバフロ

川崎フロンターレ:ジェジエウ

昨年からそうだが、C大阪との試合はいつも難しいゲームになるイメージを持っている。もちろん、相手には素晴らしい能力を持った選手がいるし、良いチーム。そんな簡単なゲームになるとは思っていない。ただ自分たちは相手どうこうよりも、まずはやるべきことをやる。自分たちがやらなくてはいけないことをやれば、自然と結果はついてくると思っている。まずは自分たちのことに集中してやっていこうと思っている。C大阪の特徴…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:ジョアン シミッチ

チームとして1試合1試合良くなってきていると思うし、個人的にも少しずつチームにフィットしているんじゃないかなと感じている。ただし、もっとチームメイトのことを知らなければいけないし、チームのことを知らなければいけない。日々のトレーニングを積みながら、ゲームをやりながらグループとして一歩一歩成長していきたい。個人的にはC大阪は去年の印象とあまり変わらない。監督が変わっているが、能力の高い選手がたく…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:脇坂 泰斗

ゼロックス杯からリーグ開幕戦と、いい形で勝利することができた。チームとしていい流れに乗っていると思うので、自分たちがやるべきことをしっかりやって継続させていきたい。C大阪は守備も堅いが、攻撃的なチームになっている印象がある。自分たちの良さを出すことで相手の良さを消したい。自分としては攻撃し続けることで相手に圧力をかけていきたいと思っている。相手のフォーメーションでいえば空いているスペースを積極…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:三笘 薫

リーグ開幕戦は攻撃がいい形を作ることができたので、そこは継続していきたい。後半相手にボールを持たれる時間があったが、そこで我慢するところとプレッシャーをかけにいく強度を上げていきたい。失点はしていないが、後半も相手ゴールに向かって圧倒する、ポゼッションできるようにというのは目指している。とくに前半はいい形が多いので、そこで仕留めれば後半カウンターが効くと思う。ただ今年まだ先に失点してないので、…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:橘田 健人

この2試合は守備の部分で求められる中での途中出場。予測をしながら、高い位置からプレスをかけることができていたが、まだボールを奪い切る力がない。そこから攻撃にもつなげていきたい。プロはプレーのスピードも判断のスピードも速い。攻撃でも守備でも、もっとレベルを上げて貢献していきたい。攻撃の質、ゴールにつながるパスを出せていないので、もっとできるようになっていきたい。課題はもっと多くボールに関わること…

つづきは
モバフロで!

試合レポートMATCH REPORT

ACLのスケジュールにより前倒しで行われたリーグ第11節、ホームにC大阪を迎えての一戦。等々力連戦でチームに勢いをつけたい。冷たい風が吹く等々力陸上競技場。18:03キックオフ。

前半THE FIRST HALF

フロンターレのスターティングメンバーは、トップにダミアン、左ワイドに三笘、右に家長、中盤は脇坂-シミッチ-田中碧、最終ラインは旗手-谷口-ジェジエウ-山根、GKソンリョン。2分、右コーナーキックの場面。脇坂のボールをジェジエウがヘッドで合わせるが、うまくミートせず。4分、C大阪の攻撃。リスタートの流れからスルーパスを入れられるが、守備陣が対応。迎えた5分、C大阪の攻撃。中盤でボールを奪い返され、カウンターから右サイド大久保にミドルシュートを決められ先制点を奪われる。(1-0) しかし、すぐさま反撃。7分、フロンターレの攻撃。右サイドから崩しをかけ、山根のクロスをダミアンがダイレクトで右足を合わせ同点に追いつく。(1-1) 8分、C大阪の攻撃。パスをつながれ中盤からゴール前に浮き球を入れられるが、GKソンリョンがキャッチ。10分、自陣からボールを運ばれ、右サイドチェンジを狙われるが旗手が対応。11分、フロンターレの攻撃。自陣からボールを運び、右サイドに展開。家長がクロスを入れるがクリアされる。13分、パスをつなぎ右サイドから崩しをかけるが、C大阪ディフェンスに止められる。15分、C大阪の攻撃。パックパスを大久保に詰められるがしのぐ。16分、フロンターレの攻撃。左サイドから右に展開。崩しを狙うがラストパスにつながらず。18分、セカンドボールを拾い右サイドから崩しをかけるが、フィニッシュにつながらず。19分、C大阪の攻撃。攻勢をしのがれカウンターを狙われるが、相手陣内で奪い返す。20分、フロンターレの攻撃。左サイドから崩しをかけ、抜け出した旗手が切れ込みシュートを放つがGK正面。迎えた22分、C大阪の攻撃。中央やや左サイドからのフリーキックの場面。高木に直接シュートを狙われるが、壁に当たり外れる。しかし、こぼれ球を拾われ、右サイドからのクロスをファーサイド大久保に合わされる。(1-2)

23分、飲水タイム。25分、C大阪の攻撃。中央からのフリーキックの場面。高木に遠目からシュートを打たれるが大きく外れる。26分、フロンターレの攻撃。シミッチのロングフィードからゴール前にボールが入り、左サイド三笘が折り返すがクリアされる。29分、ルーズボールを拾って左サイドから攻勢をかけ、クロスのこぼれ球を脇坂が狙うが枠に飛ばず。32分、左コーナーキックの場面。ショートコーナーから脇坂がボールを入れるがクリアされる。34分、相手陣内でボールカットするが、フィニッシュに持ち込めず。35分、C大阪の攻撃。パスをつながれ右サイド裏のスペースを狙われるが、谷口が対応。38分、フロンターレの攻撃。左コーナーキックの場面。脇坂のボールをジェジエウがヘッドで合わせるがGK正面。40分、左サイドから崩しをかけ、三笘がドリブルをしかけ折り返すがブロックされる。41分、連続左コーナーキックの場面。脇坂のボールは相手GKのパンチングでしのがれる。43分、セカンドボールを拾ってパスをつなぎ、中央突破を狙うがC大阪ディフェンスに止められる。さらに圧力をかけてゴール前に迫るがクリアされる。44分、サイドの揺さぶりをかけ、右サイド山根がクロス。こぼれ球をダミアンが落とし三笘が合わせるが、シュートは枠に飛ばず。45分、C大阪の攻撃。リスタートの流れ。左サイドからのクロスを大久保にヘッドで合わせられるが枠に飛ばず。アディショナルタイム3分。45+3分、フロンターレの攻撃。左サイドから崩しをかけ、折り返しが入るがブロックされる。左コーナーキックの場面。脇坂のボールはクリアされる。立ち上がりに大久保にミドルシュートを決められ先制点を奪われるが、すぐさま山根のクロスをダミアンが合わせて同点に追いつく。しかし、セットプレーの流れから再び大久保にゴールを奪われ失点。その後はフロンターレが押し込みながらも追加点を奪えず。1点ビハインドで前半を折り返した。

ハーフタイムコメントHALF TIME COMMENTS

エンブレム

川崎フロンターレ:鬼木 達 監督

ファーストディフェンスをもっとはっきりさせること。クロスを簡単に上げさせない。攻撃はやり続けて、2点、3点とって勝つぞ。

エンブレム

セレッソ大阪:レヴィー クルピ 監督

カウンターを狙おう。ボールを下げないように。球際をもっと強く。

後半the 2ND half

46分、フロンターレの攻撃。立ち上がりから攻勢をかけるが、C大阪ディフェンスにしのがれる。迎えた47分、フロンターレの攻撃。右サイドから崩しをかけ、抜け出した山根のクロスをダミアンがヘッドで合わせ同点に追いつく。(2-2) 49分、フロンターレの攻撃。自陣からボールを運び、左サイド旗手が折り返しを入れるがブロックされる。52分、セカンドボールを拾って押し込む。53分、C大阪の攻撃。攻勢をしのがれカウンターを浴び、ペナルティエリア前までボールを運ばれるが守備陣が戻り対応。55分、リスタートの流れからパスをつながれ、左サイドからのクロスを清武にヘッドで合わせられるがゴール上に外れる。危ない場面だった。56分、フロンターレの攻撃。自陣からボールを運び左サイドから崩しをかけ、旗手がシュートを狙うがブロックされる。59分、ルーズボールを拾って三笘が左サイドからドリブルで入り込むがC大阪ディフェンスに止められる。59分、C大阪の攻撃。裏のスペースにボールを入れられ、右サイドからクロスが入るが守備陣が対応。61分、速攻を狙われ左サイドから折り返しが入るが、守備陣が戻り対応。迎えた62分、フロンターレの攻撃。セカンドボールを拾って相手陣内に押し込み、ゴール前ダミアンのポストプレーから三笘が左サイドから入り込みシュートを決める。(3-2) 64分、シミッチに代わり塚川がピッチへ。66分、C大阪の攻撃。藤田の右ロングスローは守備陣が対応。右コーナーキックの場面。坂元のボールはGKソンリョンがパンチング。セカンドボールを拾われるが守備陣がしのぐ。67分、右コーナーキックの場面。坂元のボールはジェジエウがクリア。69分、フロンターレの攻撃。左サイドからのフリーキックの場面。脇坂のボールをダミアンがヘッドで合わせるがGKにキャッチされる。70分、C大阪の攻撃。右サイド坂元にドリブルで入り込まれ、折り返しを大久保に合わせられるが守備陣が耐える。

71分、自陣でボールを奪い返され、カウンターから右サイド大久保にシュートを打たれるがGKソンリョンのセーブでしのぐ。危ない場面だった。73分、セカンドボールを拾って相手陣内でボールを動かし、右サイド田中が折り返すがゴール前に合わず。74分、サイドチェンジから左サイド旗手が折り返すがクリアされる。75分、C大阪の攻撃。右サイドから崩しをかけられるが、守備陣がしのぐ。76分、中盤右サイドからのフリーキックの場面。坂元のボールがゴールに向かうがGKソンリョンがキャッチ。77分、自陣からボールを運ばれるが、ペナルティエリア前で塚川が対応。77分、フロンターレの攻撃。左サイドで細かくパスをつないで崩しをかけ、三笘のマイナスのボールを受けた塚川がシュートを放つがGKにキャッチされる。79分、脇坂に代わり橘田がピッチへ。79分、右サイド坂元にドリブルで入り込まれ、折り返しを合わせられるが守備陣が耐える。82分、フロンターレの攻撃。自陣からボールを運びゴール前に迫るが、フィニッシュに至らず。83分、C大阪の攻撃。自陣でボールを奪われシュートに持ち込まれるが、枠に飛ばず。85分、自陣からボールを運ばれ右サイドからクロスが入るが、守備陣が対応。86分、フロンターレの攻撃。ゴール前で細かくパスをつなぎ、最後はダミアンがシュートを放つがブロックされる。86分、C大阪の攻撃。直後にカウンターに持ち込まれシュートを打たれるが、GKソンリョンの正面。ことなきを得る。90分、家長に代わり遠野、三笘に代わり長谷川、ダミアンに代わり小林がピッチへ。90分、フロンターレの攻撃。右サイド山根がドリブルで上がり、パスを受けた小林がシュートを放つがゴール右に外れる。アディショナルタイム4分。90+2分、C大阪の攻撃。右サイドから崩しをかけられるが守備陣が耐える。90+3分、右サイド裏のスペースを狙われるが旗手が対応。90+5分、フロンターレの攻撃。相手陣内で遠野がボールカット。中央小林がシュートに持ち込むが惜しくもセーブされる。試合は3-2でタイムアップ。

後半立ち上がりに山根のクロスをダミアンがヘッドで合わせて同点に追いつく。その後、一進一退の攻防が続くが、じょじょにフロンターレが攻撃の圧力を強めて三笘のゴールで勝ち越し。C大阪の反撃をしのぎ開幕2連勝を果たした。

試合終了後 監督コメントCOMMENTS AFTER THE MATCH

エンブレム

川崎フロンターレ 監督

[公式記者会見 総評]

しっかりと2連勝できたことを嬉しく思います。前半に関していえば、ヨシト(大久保嘉人)のスーパーゴールも含めて難しい展開になりましたが、今日は選手全員がぶれることなく、焦れることなく攻撃をし続けていたこと。ボールもしっかりと握りながら攻撃をできたこと。それは自分の中で評価できますし、次のゲームにもつながっていくと思います。点を取る姿勢も出してくれたし、良かったと思います。

[公式記者会見 質疑応答]
── 前半1対2の状況で相手が守ってきていた。後半に向けての指示は?
前半の終わりからゲームを支配していたと感じていました。焦れることなく、次のゴールを与えないこと。そしてそれ以上に、自分たちがゴールを奪うこと。それができれば逆転ができると言う話をしました。とにかく、人もボールもゴールに向かうところ。クロスも含めて出していこうと話していました。
── 中央が固められている中で、サイドからクロスを使っていくことも意識させたのでしょうか?
そうですね。前半の最後の時間帯から相手は中を締めてきていました。実際には、中からも行けると思っていました。ただサイドで時間が作れていたので、シンプルに上げることと走ること。その一辺倒になってはいけないが、ボールがゴールの近くに行くのは、相手にとって嫌なこと。相手の嫌なことを、という意味で指示を出しました。
── 副キャプテンになったレアンドロ ダミアン選手のパフォーマンスについては?
副キャプテンというものが影響しているかはわからないですが、チームにエネルギーを与えてくれています。プレスに関しても、体力を考えずにやってくれています。体を張るところもそうですが、チームに勢いを与えてくれています。ゴールにも期待していますが、仮にゴールができなくてもチームに貢献していると考えています。プラス、ゴールもとってくれているので、良い仕事をしてくれたと思います。
── いつもよりダミアン選手の交代を引っ張ったのも、そういう仕事を評価してのところでしょうか?
そうですね。単純に相手が存在を嫌がっていたように見えましたので、その嫌がっているところを突きながらですね。そこはダミアン(レアンドロ ダミアン)だけではないですが、他の選手も含めて、疲れもありながらも、相手がどう思っているかを見極めながら進めていました。
── 今日の2点目もそうですが、サイドと中央の攻撃のバランスの取り方は?
すごく難しいですが、基本的には、相手を見ながらやっています。中を締めてきたら空いているサイドを使いながら、サイドでスピードアップをしていくのか。何回か揺さぶっていくのか。それで中央が空いてくる。そこを見極めながらやるのが自分たちのサッカー。ただスペースがある中でサイドにボールが入った時は、仕掛けることの重要性を伝えているつもりです。

エンブレム

セレッソ大阪 監督
レヴィー クルピ

[公式記者会見 総評]

この結果は試合内容にふさわしくない、と言うつもりはありません。フロンターレさんは時間をかけて作り上げてきたベースがあります。その中で我々の選手たちのパフォーマンスは決して悪くなかったと思います。選手たちは勝利を目指して、負けることを恐れずに最後まで勇敢に戦ってくれたと思います。

[公式記者会見 質疑応答]
── 前日会見で大久保嘉人選手はコンディションの問題があると言っていたが、その中で先発起用した狙いについて
彼はJ1で一番ゴールを取っている選手です。さらに実績だけではなく、試合のパフォーマンスでも証明している。開幕戦のケガについてですが、最終的に試合が出れるかどうかは本人と話した中、本人が全く問題ないということで最終的に先発を決めました。
── 結果的に3点を取られたが、うまくいっているところもあったと思うが、守備全体の評価は?
守備に関しては昨年からの土台があると思っています。それを生かしながら、我々のやり方も含めて、今日の試合に臨みました。残念ながら3失点につながったところでは、修正点があります。ただ修正という意味では、攻撃においても2点を取れていたが、まだまだ噛み合っていないところはあります。そこは次に向けて修正したい。現チャンピオンのフロンターレさんに全く恐れることなく勝利を目指して攻めに行く。それは出せましたし、2ゴールを奪ったこと。選手たちを讃えたいと思います。

試合終了後 選手コメントPLAYERS’ COMMENTS AFTER THE MATCH

川崎フロンターレ:塚川 孝輝

── 試合を振り返って
等々力は素晴らしいピッチだった。こういう状況なのでお客さんはたくさん入れないが、サポーターの皆さんの気持ちは伝わってきた。逆転した展開で途中から入って、相手が攻めてくるので中盤でフィルターとなる役割で、運動量や対人で絶対負けないようにと監督から言われていた。突き詰めなければいけないところはまだまだある。ミスもあった。シュートを打つ場面もあったので決めきらないといけないし、結果にこだわっていきたい。連戦に入っても勝ち続けるためには、途中から出る選手、新しい選手が活躍しなければいけない。チームの力になれるよう頑張りたい。
── サポーターへ
初めての等々力での試合。サポーターの数は制限があって少ない状況だったが、拍手など温かい応援を感じたし、ここでは絶対に負けられないという強い気持ちで戦った。次もアウェイだが絶対に勝点3を持ち帰れるように頑張りたい。

川崎フロンターレ:ジェジエウ

── 試合を振り返って
まずチームが勝利した。それが一番嬉しい。クルピ監督はブラジルにいる時に僕を下のカテゴリーから引き上げてくれ、プロサッカー選手にしてくれた人で常に僕を励ましてくれた恩人なので、久しぶりに会えて嬉しかった。今日、日本で対戦できることをとても楽しみにしていたし、自分にとって特別な気持ちだった。いい準備をして臨めたし、監督にしっかりと成長したプレーを見せられたと思う。

川崎フロンターレ:谷口 彰悟

── 試合を振り返って
今日は失点が先行してしまって、自分たちで難しい試合にしてしまった。そこは反省点。ただ、そこから逆転できた。この時期に力強い勝ち方ができたこと。次に向かって課題は出たが、こうやって課題を一つずつ克服しながら前へ進められことをポジティブにとらえている。すべては勝って終わる。勝ちながら成長するというのが昨シーズンからこだわっているところ。そういう意味ではきっちりと逆転勝ちで終えられたということはよかったし、そこはこれからも続けていきたいと思う。やはりうちのストロングは点を取れるところ。最後まで諦めずやった結果、逆転することできた。そこはよかった。ヨシトさん(大久保嘉人)はこのスタジアムでたくさんゴールを決めてきた選手。今日はやらせないようにと思っていたが、シュート力や得点感覚を持っている選手。2点取らせてしまったのは悔しいし、チームとしても突き詰めていきたい。ただ、まだまだチームとしてよくなっていくと思っている。
── 次は仙台戦。東日本大震災によるリーグ戦中断から再開を迎えた際の初戦の相手で10年の節目の年。
早10年というか、まだ10年というか、被災された皆さんが一体どういう思いでこの10年を過ごしてきたかと想像すると、いろいろな大変な思いをされて、思いを抱えてこの10年を過ごしてきたことと思う。僕たちはサッカー選手なので、まずはサッカーを通して、皆さんに感動してもらったり、元気になってもらったり、希望を持ってもらえたらという思いでやってきた。そこは今までもこれからも変わらないこと。クラブとしては、陸前高田市との交流もそうだが、サポーター同士も仙台の皆さんといい関係を築いているとのこと。次の試合も変わらず、そういう両クラブに携わるすべての皆さんのためにいいゲームをしたい。そういう思いが強い。そのためにいつものようにみんなでいい準備をして臨みたい。

川崎フロンターレ:脇坂 泰斗

── 試合を振り返って
1失点目はスーパーゴールだったので先制されてしまったのは気にせず、時間はあったのでまず1点返そうということですぐ追いつくことができた。ただ、そのあとセットプレーの流れから失点してしまったのは反省点。前半最後の方は相手陣内に押し込んでサッカーができていたので、取れなかったがハーフタイムに監督からも続けていこうという話があった。選手同士でも慌てることはないと声をかけあっていた。後半早い段階で追いついて、そのあと2点3点と取りたかったが、まず逆転できて最後相手の反撃を抑えることができた。結果的に自分たちが目指す展開ではなかったが、失点したからといって慌てず攻め続けて逆転できたのは今後につながるかなと。次アウェイで中2日なのでチームの総力で戦わなければいけない。チーム全員でいい準備をしたい。

川崎フロンターレ:レアンドロ ダミアン

── 試合を振り返って
2得点とも、ミキ(山根視来)からの素晴らしいセンタリングだった。落ち着いてコースを狙って決めることができた。ヘディングゴールに関しては、力で押し込むというよりは、よりコースを狙って押し込む形になった。アシストになったプレーは、自分が得意としている。前半も似たようなシーンがあったので、カオル(三笘薫)にはボールを落とすことを伝えていた。ディフェンスがいることなので、自分がシュートを打つこともあるが、あのシーンは彼にも伝えていたので、自分の落としたボールを活用して素晴らしいゴールを決めたくれたと思う。自分たちの目標である3得点を達成できた。残念ながら2失点したが、サポーターの皆さんがスタジアムに来て自分たちを後押ししてくれるからこそ、今日の逆転勝利につながったと思っている。監督から副キャプテンを任されたことは嬉しく思う。自分では意識せず、昨シーズンから引き続き、モチベーションを持って、すべてはチームのために勝利のためにと思ってやっている。

川崎フロンターレ:三笘 薫

── 試合を振り返って
失点に絡んでいるので反省している。得点を決められないと、次のメンバー争いにも関わってくる。結果を出さないといけない気持ちはあった。ゴールを決められたのはよかったが、改善しなくてはいけないポイントはある。得点場面は、ダミアン(レアンドロ ダミアン)はアイデアのある選手なので、ダミアンに預ければ、自分の意図を理解してくれる。素晴らしいボールが来たので、スピードを落とさずに蹴り込むだけの素晴らしいアシストが来た。感覚的なもので、相手のGKのタイミングをずらせば、あの距離からでも入る。勝手に体が動いた感じ。前節は決められなかったので、決められてよかった。徐々にコンディションは上がっているし、ドリブルの回数は増えている。ただ成功しなければ意味がないし、もう少し周りを使いながら、もっとペナルティエリア付近で仕掛けられればいい。後ろから運ぶドリブルも少しずつ出していきたい。力加減や判断は、どんどん極めていきたい。開幕戦も決めるチャンスがある中で外していた。一つゴールを決められたのは良かった。ただ前半も正確に決められなかった。まだまだ詰めていけば、複数ゴールも決められる。満足せずにやっていきたい。

川崎フロンターレ:遠野 大弥

── 試合を振り返って
短い時間だが等々力デビューということで、いい緊張感を持ってプレーできた。チャンスがあれば仕掛けてこいという指示だった。おもいきってシュートを打ったが全然枠に飛ばなかった。状況判断を含めて、どんなプレーをすればいいのか考えなければいけない。ただ、自分は積極的な攻撃が長所なので、そこは出していきたい。連戦が続くが試合に絡むことはもちろん、先発でも貢献できるようにしたい。
── サポーターへ
今日等々力でJ1デビューできたことを嬉しく思う。時間は短かったが、自分らしいプレーをできたかなと。次はアウェイだが、DAZNで応援してほしいし、みんなで川崎のサッカーをして絶対に勝ちたい。

川崎フロンターレ:田中 碧

── 試合を振り返って
まず勝てたのはよかった。ただ、もっともっとやるべきことがある。個人的にもまだまだミスが多い。もっと質を上げられると思っている。正直あまり手応えのあるゲームではなかった。勝ったことがすべて。連戦なので次の試合に向けていい準備をして、チームとしても個人としてももっといいプレーを見せたい。

川崎フロンターレ:旗手 怜央

── 試合を振り返って
攻撃面ではサイドバックの形にはまらないイメージで起用されていると思っている。自分としてもサイドバックの概念を覆すつもりでいる。個人的なミスは多いがチャレンジすることが大事だと思っている。相手の坂元選手に対して自分1人でマークにつくのではなくて、ヤスくん(脇坂泰斗)やカオル(三笘薫)が寄ってきてくれたのでうまく抑えることができた。攻撃面では周りをサポートしつつ、カオルを生かしながら自分も生かしてもらう部分はよくなっている。左サイドのコンビネーションからの攻撃をもっと出していきたい。ポジションはサイドバックといわれるが、自分ではそう思っていない。 守備をするというよりは攻撃してマッチアップする選手を疲れさせる。攻撃で相手を抑えこむというイメージでやっているのでやりがいがある。

CLUB OFFICIAL TOP PARTNERS

  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • Sアンカー・ジャパン株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通エフサス
  • 株式会社松尾工務店
  • 株式会社富士通Japan
NEXT MATCH

次の試合も熱い声援を! 合言葉はPaint it Blue!!

SEASON2021

第2節

vs.ベガルタ仙台

emblem

AWAY日時:2021年03月06日(土)14:00キックオフ 会場:ユアテックスタジアム仙台

試合スケジュールへ

PAGE TOP

サイトマップ