CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

5/18 (水) 2011

カテゴリー:

全国への道のり

text by

広報部

カテゴリー:

GWに開催されたプリンスリーグ3連戦。川崎フロンターレU-18は1勝1敗1分で8チーム中3位とまずまずのスタートをきりました。プリンスリーグは8チームのホーム&アウェイの戦いということで残り11試合の長い戦いが続きます。

そしてプリンスリーグとは別の大会の幕が開けようとしています。それがクラブユース選手権です。この大会はプリンスリーグ、Jユースカップに並ぶ3大大会の1つで、クラブチームの日本一を決める大会です。

川崎フロンターレU-18はプリンスリーグに出場しているため関東1次予選は免除され、2次予選からの登場となります。
2次予選は24チームを4グループに分けて1回戦総当たり戦を行います。各グループ2位までが自動的に全国大会へ、そして各グループ3位の4チームが残りの1つの椅子、第9代表を目指して順位決定戦トーナメントを戦います。
詳細はこちらの大会公式ページにも記載してありますのでチェックしてみてください。


さて、気になるフロンターレU-18の対戦相手は…三菱養和SC、鹿島アントラーズユース、横河武蔵野FC、Rio FC、FCトリプレッタ。この6チームの中で上位2位を目指して戦うのです、楽な試合は1試合もないと考えたほうがいいでしょう。

強豪・三菱養和SCは去年同大会予選で対戦していて2-2の死闘を繰り広げた相手。今年こそは勝って決着をつけたいところです。
鹿島アントラーズユースは昨年の第9代表の座をかけた重要な一戦で対戦し、敗れてしまった相手。今こそ借りを返す時!
そして最重要な初戦の相手は横河武蔵野FC。横河武蔵野FCとも去年のこの予選で対戦していて、押していたものの結果は1-1の引き分け。この大事な初戦をしっかり勝って勢いをつけ、今年こそは予選を突破して全国の舞台に立ちたいですね!

予選リーグから大変興味深い試合が多いクラブユース選手権ですが、注目の初戦はトップチームのC大阪戦の翌日、5月21日(土)10:00より麻生グラウンドで行われます!
大阪に行けなかった方は是非麻生に来ていただき、全国大会出場を目指す若いフロンターレ戦士の挑む姿を観戦し、背中を後押しして下さい。

10:00キックオフなので少し早起きしていただき、試合観戦の後もまだお昼。充実した休日になること間違いないですよ!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ