FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2017年03月11日(土)の日記

tag: 富士通フロンティアーズ

富士通フロンティアーズ優勝報告

text by 富士通スタジアム川崎スタッフ

先週3月5日(日)川崎フロンターレホーム開幕戦となったサガン鳥栖戦。キックオフ1時間前の16時より、1月3日(火)、アメリカンフットボール日本一決定戦「ライスボウル」を制して日本チャンピオンに輝いた、富士通フロンティア―ズよりキャプテン鈴木將一郎選手、西村豪哲選手、成田竜馬選手、高橋伶太選手、張リャンユッ選手が優勝報告に駆けつけてくれました。

富士通フロンティアーズの皆さんは、川崎フロンターレと共に、川崎のスポーツ振興に向け様々な活動を行っているかわさきスポーツパートナーの仲間です。
その富士通フロンティアーズが昨シーズン、日本最高峰のアメリカンフットボールリーグであるXリーグにて2年ぶり2回目の優勝を飾り、さらに1月の「ライスボウル」を制して日本チャンピオンに輝きました!

選手達が登場するとスタジアム全体から盛大な拍手が。選手達はあまりの拍手の大きさに驚いていましたよ!

優勝報告の挨拶をする選手は、キャプテンの鈴木將一郎選手。
鈴木選手からは「フロンターレサポーターの皆さんが、毎試合熱い応援をしていただいているお陰もあり、今回日本一になることが出来ました。」などフロンターレサポーターへの感謝の気持ちを伝えていました!

昨シーズン、富士通フロンティアーズの試合には多くのフロンターレサポーターの皆様に足を運んでいただきました。社会人No.1を決める大会「JAPAN X BOWL」では、アメリカンフットボールの試合では初の試みとなる「コレオグラフィー」を実現させ東京ドームを赤、黒、白の3色で染め、また「社会人王者」vs「学生王者」の日本一を決める一戦「第70回ライスボウル」では、「GO!GO! FRONTIERS」の文字が描かれた「ビックフラッグ」を掲出するなど川崎フロンターレと同様の熱い応援をいただきました。
サポーター皆さん本当にありがとうございました!!

鈴木選手が挨拶を終え退場する際には、サポーターからの「富!士!通!!」コールがスタジアム全体に響き渡っていました。またGゾーンからは、1月3日(火)の前述の「ライスボウル」で掲出した「ビッグフラッグ」が登場しバックスタンドを覆い尽くしました!

いきなりのサプライズに選手達も喜んでいましたよ。

挨拶終了後、選手達は着替えを済ませ、試合観戦へ。西村選手は富士通フロンティアーズのユニフォームを着てGゾーンでサポーターと一緒に応援していたんです! 青のユニフォームの中に一人だけ赤のユニフォームを着ていたので、かなり目立っていましたね! 試合終了後、西村選手は「飛び跳ねすぎて、疲れました。サポーターすごいですね!」とサポーターの体力に驚いていましたよ。
今回の試合結果は引き分けでしたが、シーズン終了時には、川崎フロンターレ、富士通フロンティアーズ両チームが、優勝し、喜びを分かち合いたいですね!

話は変わりますが、川崎フロンターレがおととしの2015年4月1日より、東急コミュニティとの共同事業体で指定管理者として管理運営している「富士通スタジアム川崎」は富士通フロンティア―ズが所属する日本最高峰のXリーグを中心としたアメリカンフットボールのメイン会場として使用されています。

そのアメフトの直近に行われる大会「Xリーグパールボウルトーナメント」は4月22日(土)に開幕します。東日本12チームが4つのブロックに分かれ、各ブロック1位のチームが決勝トーナメントに進出し、春の東日本王者を争うこの大会。今シーズンから決勝を除いた全試合を富士通スタジアム川崎で開催するんです!
なお、富士通フロンティア―ズは4月23日(日)が初戦となりますので、皆さんぜひ富士通フロンティア-ズの応援に、「富士通スタジアム川崎」へ、足をお運びください。
皆さんのご来場お待ちしております!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ