CLUB OFFICIAL  
TOP PARTNERS

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

9/26 (土) 2009

カテゴリー:

赤い羽根

text by

広報部

カテゴリー:

皆さんすでにご存じかと思いますが、昨年より協力している「赤い羽根共同募金」活動。今年も協力することが決定しました。

この「赤い羽根共同募金」。少し分からない方のために、ざっくりと説明を。「社会福祉法」にもとづき、全国で毎年1回、厚生労働大臣が定める期間内に実施される募金運動のことです。よく混同される「緑の羽根」というのは、森林整備等の推進活動に充てられる募金運動のことを言うので、今回フロンターレが協力している「赤い羽根共同募金」とは関係はありませんので、ご承知くださいね。

皆さんから頂戴した募金ですが、どうのように使われているのかわからない!なんてことは、もちろんありません。神奈川県共同募金会を通じ、県内の民間の社会福祉施設や障害者地域作業所など様々な活動に使用しております。

例えば、「中原老後を良くする会」。毎週月曜日に高齢者の方や高齢者のご夫婦の方々にバランスの取れたお弁当を配食しているボランティアグループです。この活動に必要な調理器具や配達経費は赤い羽根共同募金で集まったお金で支えられています。

また、中原区内には障害を持った方々が就労のために通う、特定非営利活動法人「夢屋」。ここでは全て手作りのミニタオルやランチョンマットを製作していますが、昨年度の赤い羽根共同募金により、新しいミシンを購入することができ、働いている方々もこれまで以上に製品作りに励むことができています。

こうした募金運動を少しでも皆さんに知って頂くために、フロンターレでは周知用のポスターを製作して協力。すでに皆さん、見たことはあるかと思いますが、今年はユウスケのプレー中のポスターと、ヨコ・タサ・キクの3選手が写っているポスターの2種類を製作しています。また、昨年に引き続きふろん太と赤い羽根のロゴを使ったコラボレーショングッズの製作ももちろん販売します。この売上の製作費を除いた金額が、募金されるシステムになっていますよ。
そして忘れてはいけないのが、我がフロンターレのマスコット「ふろん太」による街頭募金活動のお手伝い。昨年は年齢問わず、多くの方がふろん太のもとに駆けつけてくれました。今年もよろしくお願いしますね。ふろん太も今から皆さんにお会いするのを楽しみにしているようですよ。

皆さんのご厚意で集められた募金で、本当に多くの方が救われています。今年も皆さんのご協力が絶対不可欠です。よろしくお願いします!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2022-05

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ