CLUB OFFICIAL 
TOP PARTNERS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • Sアンカー・ジャパン株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 株式会社富士通エフサス
  • 株式会社松尾工務店
  • 株式会社富士通Japan

前節

SEASON2021

第5節

vs.ヴィッセル神戸

emblem

最新節

次節

AWAY

日時:2021年03月17日(水)19:03キックオフ 会場:ノエビアスタジアム神戸

試合終了

ゲームトップ画像

試合終了

  • エンブレム

    川崎フロンターレ

  • 1

    00
    11

    1

  • ヴィッセル神戸

    エンブレム

2021 MEIJI-YASUDA SEIMEI J1 LEAGUE
vs.VISSEL KOBE

2021 J1リーグ 第5節 vs.ヴィッセル神戸:開催データ
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態
7,446人 屋内、無風 14.0℃ 38% 全面良芝
試合時間 コミッショナー 主審 副審 副審
90分 桑原 志郎 家本 政明 武部 陽介 鈴木 規志
第4の審判員 VAR AVAR 記録員  
西山 貴生 荒木 友輔 谷本 涼 村上 伸也  
過去の対戦成績(J1) 過去の対戦成績(J2) 2021シーズン対戦記録
15勝7分8敗/62得点43失点 対戦無し 第5節(アウェイ)/第28節(ホーム)

Jリーグ公式オンラインストアで、川崎フロンターレのユニフォームや応援グッズを今すぐ購入しよう

公式記録OFFICIAL MATCH RECORD

川崎フロンターレ[アウェイ] チーム [ホーム]ヴィッセル神戸
1

0 前半 0
1 後半 1

1
鬼木 達 監督 三浦 淳寛
15 > 16 勝点 7 > 8

レアンドロ ダミアン 72分

得点
選手/時間

90+10分 菊池 流帆

選手名
シュート数 ポジ
ション
シュート数
選手名
45909045
チョン ソンリョン 1000 GK 000 1 前川 黛也
山根 視来 13000 DF 00023 山川 哲史
ジェジエウ 4101 11017 菊池 流帆
谷口 彰悟 5000 0004 トーマス フェルマーレン
旗手 怜央 47022 00024 酒井 高徳
ジョアン シミッチ 6000 MF 1016 セルジ サンペール
田中 碧 25011 1105 山口 蛍
脇坂 泰斗 8000 0007 郷家 友太
家長 昭博 41000 FW 000 20 井上 潮音
三笘 薫 18011 303 49 ドウグラス
レアンドロ ダミアン 9336 101 11 古橋 亨梧
 
GK/丹野 研太 27     0 SUB 0     32 GK/廣永 遼太郎
DF/車屋 紳太郎 7   0 0 0 0   19 DF/初瀬 亮
MF/塚川 孝輝 3   0 0 0     25 DF/大﨑 玲央
MF/橘田 健人 22   0 0 0     14 MF/安井 拓也
MF/長谷川 竜也 16     0 0 0   22 MF/佐々木 大樹
FW/遠野 大弥 19   1 1 0 0   37 FW/増山 朝陽
FW/小林 悠 11   0 0 1 1   9 FW/藤本 憲明
経過
得点選手 得点経過 得点選手
経過

中央 相手GK クリア ↑ 5 ↑ 9 右足S

9 レアンドロ ダミアン 72 90+10 菊池 流帆 17

左 22 → 19 ~ ↑ 中央 17 ヘディングS

[得点経過の記号の意味]〜:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート

OUT IN 交代選手 IN OUT
41 家長 昭博 19 遠野 大弥 64 61 37 増山 朝陽 49 ドウグラス
8 脇坂 泰斗 22 橘田 健人 77 77 22 佐々木 大樹 20 井上 潮音
6 ジョアン シミッチ 3 塚川 孝輝 77 77 9 藤本 憲明 6 セルジ サンペール
9 レアンドロ ダミアン 11 小林 悠 90 86 19 初瀬 亮 23 山川 哲史
47 旗手 怜央 7 車屋 紳太郎 90    
警告・退場
選手名/理由
C1 4 ジェジエウ 35
C1 25 田中 碧 51
  
  
  
  
45 90 データ 90 45
4 8 12 シュート 8 3 5
4 2 6 GK 9 5 4
1 5 6 CK 5 2 3
3 3 6 直接FK 6 3 3
0 0 0 間接FK 2 2 0
0 0 0 オフサイド 2 2 0
0 0 0 PK 0 0 0
警告・退場
選手名/理由
  
  
  
  
  
  

注1:オフサイド欄の数値は、間接FK数のうちオフサイドによるものを表している。
注2:*はハーフタイムなどのインターバル中、あるいはPK戦中を意味する。

警告理由
C1 = 反スポーツ的行為 C2 = ラフプレイ C3 = 異議 C4 = 繰り返しの違反 C5 = 遅延行為  C6 = 距離不足
C7 = 無許可入 C8 = 無許可去
退場理由
S1 = 著しく不正なプレイ S2 = 乱暴行為 S3 = つば吐き S4 = 得点機会阻止(手) S5 = 得点機会阻止(他)
S6 = 暴言 CS = 警告2回

前節終了時の累積警告

  • 1枚 8/脇坂 泰斗

今節の出場停止

  • なし

スターティングメンバーLINE-UP

川崎フロンターレ
ヴィッセル神戸

最近の結果と予定 RESULTS & SCHEDULE

最近の試合結果と予定
川崎   神戸
5-1 仙台(A) 3試合前 1-1 徳島(A)
2-0 徳島(H) 2試合前 3-2 FC東京(A)
1-0 柏(H) 前節 0-1 名古屋(H)
浦和(A) 次節 札幌(A)
大分(H) 2試合後 仙台(A)

あんたが大賞

photo

本日のアウェイで大賞は、惜しくも引き分けになってしまったものの、終始高い集中力を維持していくつもの決定機を阻止したチョン ソンリョン選手です!

贈呈者
和幸商事(株)
賞品
和幸お食事券1万円分

他会場の結果 OTHER MATCHES

2021 J1リーグ / 第5節 >利用規約をご確認ください

日 程 対戦 キックオフ 会 場 入場者数 結果
2021年
03月17日(水)
浦和 vs 札幌 18:00 埼玉 4,571 0 - 0
FC東京 vs 湘南 18:00 味スタ 4,133 3 - 2
福岡 vs 鹿島 18:00 ベススタ 4,510 1 - 0
仙台 vs G大阪 19:00 ユアスタ  - 
横浜FM vs 徳島 19:00 ニッパツ 4,787 1 - 0
名古屋 vs 横浜FC 19:00 豊田ス 8,457 3 - 0
C大阪 vs 大分 19:00 ヤンマー 5,230 1 - 0
広島 vs 清水 19:00 Eスタ 4,145 1 - 0
鳥栖 vs 柏 19:00 駅スタ 5,119 2 - 0

ラジオ日本 フロンターレ応援番組 ハッピーフロンターレ

モバフロだけ! 試合前の選手コメントPLAYERS’ COMMENTS BEFORE THE MATCH

POWERED BY モバフロ

川崎フロンターレ:谷口 彰悟

ここからアウェイゲームが続くが、自分たちの真価が問われる試合だと思っている。試合に出ずっぱりの選手もいてコンディション的にはばらつきがあるが、そういったことをふまえながらも自分たちのやるべきことをやることが大事。チーム全体でどれだけタフに戦えるかだと思う。昨年も過密日程だったが、総力戦で結果を残してきた。目の前の1試合に集中しながら自信を持って臨みたい。神戸は多少メンバーが変わ…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:脇坂 泰斗

チームはここまで連勝できているので、次も勝点3を取るためにチーム全員で目の前の試合に向かいたい。試合に出ている選手、出ていない選手のコンディションに関わらず、ひとつの方向を向いて全員でできることをやるのがフロンターレ。連戦というのは相手も同じだし、ピッチに入ったらコンディションうんぬんは関係ない。神戸はうまい選手が多いし、アグレッシブに戦ってくるチームなので、そこで受けに回るの…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:レアンドロ ダミアン

今はチーム全体で自信を持ってやれている。次はアウェイゲームだが、フレッシュに戦っていきたい。スタートから試合に出るときでも、控えとして試合に出るときでも、自分の中での気持ちの違いはない。誰がピッチに出ても応援するし、自分が途中から入れば、100%のプレーでチームの力になりたいと思っている。個人的に、今はフィジカル面ではすごく状態が良い。自分だけではなく、チームメートがサポートして…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:山根 視来

開幕から連戦が続いているが、ここまで勝ってきている。難しい内容の試合もあるが、勝ちながら成長するという去年からのテーマを継続できている。個人的には連戦続きでコンディションを整えるのは難しいが、チームから必要としてもらえるのはすごく光栄なこと。まだまだタフに戦っていきたい。神戸は前線にタレントがいて、世界的に有名な選手もいて、ビルドアップがうまい。最近では前からディフェンスにくる…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:三笘 薫

前節のアシストは、ボールを受けた時に縦のスペースがあったので、仕掛けるシチュエーションだった。マイナスに家長選手がいたので、タイミングをずらしてうまくパスが出せた。自分としては悪くない数字だが、アシストをもっとできるような場面もあった。もっともっと自分からチャンスを作っていければ良いし、徐々に積み重ねていきたい。今年は自分がドリブルに入った時に、相手のサイドハーフの選手が下がっ…

つづきは
モバフロで!

試合レポートMATCH REPORT

リーグ第5節アウェイ神戸戦。連戦が続きアウェイゲームに入るが、タフに戦い抜いて勝点を持ち帰りたい。会場はノエビアスタジアム神戸。19:03キックオフ。

前半THE FIRST HALF

フロンターレのスターティングメンバーはトップにダミアン、左ワイドに三笘、右に家長、中盤は脇坂-シミッチ-田中碧、最終ラインは旗手-谷口-ジェジエウ-山根、GKソンリョン。2分、フロンターレの攻撃。ルーズボールを拾い中盤左サイドから三笘がドリブルをしかけるが、神戸ディフェンスに止められる。4分、神戸の攻撃。中盤から背後のスペースにボールを入れられるが、ドウグラスにはジェジエウが対応。4分、左コーナーキックの場面。古橋のボールは守備陣がクリア。5分、自陣でボールを奪い返されペナルティエリア内にボールが入るが守備陣が対応。6分、自陣でボールを奪われパスをつながれ、右サイドからアーリークロスが入るが守備陣が対応。7分、フロンターレの攻撃。中盤でパスを回し左サイドに展開するが、三笘はファールで止められる。10分、自陣でボールを奪われショートカウンターを浴び、右サイドからクロスが入るが谷口がブロック。ピンチをしのぐ。11分、右コーナーキックの場面。古橋のボールからゴール前で混戦となるが、ジェジエウがクリア。セカンドボールを拾われ右サイドからクロスが入るが、守備陣がクリア。12分、フロンターレの攻撃。リスタートの流れからパスをつなぎ、左サイドから中央に切れ込んだダミアンがシュートに持ち込むが枠に飛ばず。惜しい場面だった。15分、神戸の攻撃。自陣からボールを運ばれ古橋にスルーパスを入れられるが、守備陣が対応。さらに攻勢をかけられ左サイドからクロスが入るが、ボールはゴール前を通過。16分、左サイドから崩しを狙われるが、ドウグラスにはジェジエウが対応。17分、セカンドボールを拾われボールを回されるが、我慢強く対応。22分、中盤でルーズボールを拾われ左サイド山口にボールを入れられるが、酒井には守備陣が対応。23分、左コーナーキックの場面。古橋のボールは谷口がクリア。25分、フロンターレの攻撃。中盤で細かくパスをつなぎ、右サイド家長が突破を狙うが神戸ディフェンスに止められる。さらにボールを動かし田中が縦パスを入れるが家長に合わず。26分、中盤でボールを奪い、脇坂がゴール前にボールを入れるが田中に合わず。

26分、神戸の攻撃。右サイドから崩しをかけられ折り返しが入るが、ドウグラスには谷口が対応。さらに圧力をかけられ、左サイドからの折り返しをドウグラスに合わせられるが枠を外れる。27分、飲水タイム。29分、フロンターレの攻撃。中盤で細かくパスを回す。31分、三笘が中盤からドリブルをしかけるが、挟み込まれ止められる。32分、セカンドボールを拾って押し込む。33分、神戸の攻撃。自陣でパスカットされカウンターから古橋にシュートを打たれるが、GKソンリョンが止める。危ない場面だった。34分、フロンターレの攻撃。直後に反撃をかけ、ダミアンが遠目からシュートを放つが大きく外れる。35分、神戸の攻撃。自陣からボールを運ばれ前線にボールを出されるが、GKソンリョンが飛び出しクリア。36分、中盤センターからのフリーキックの場面。古橋のボールは守備陣がクリア。セカンドボールを拾われ右サイドからクロスが入るが、ドウグラスには守備陣が対応。ピンチをしのぐ。37分、フロンターレの攻撃。左サイドから崩しをかけ、三笘が戻すが旗手に合わず。さらに前線からプレッシャーをかけ、右サイド家長がゴール前で粘り折り返し。ダミアンがヘッドで合わせるが、惜しくもシュートは枠に飛ばず。38分、さらに左サイドから攻勢をかけるがフィニッシュに至らず。40分、ボールを奪い返して攻勢をかけるがフィニッシュに届かず。41分、神戸の攻撃。自陣からボーを運ばれ左サイドに展開されるが、井上には山根が対応。41分、ドウグラスに左サイドから右に回り込まれ、折り返しからゴール前で混戦となるが守備陣がかき出す。42分、セカンドボールを拾われ押し込まれるが、守備陣が耐える。45分、パスをつながれ押し込まれ、我慢の時間が続く。アディショナルタイム2分。45+1分、神戸の攻撃。圧力をかけられ中央突破を狙われるが、守備陣がかき出す。45+2分、フロンターレの攻撃。左コーナーキックの場面。ショートコーナーからゴール前にボールが入るが、神戸ディフェンスにしのがれる。さらにスローインの流れから、右サイド旗手のアーリークロスをジェジエウがヘッドで合わせるがゴール右に外れる。惜しい場面だった。神戸にプレッシャーをかけられ、なかなか自分たちの攻撃のテンポに持ち込めない立ち上がり。徐々にフロンターレのパスがつながりだすが、チャンスをものにできず。スコアレスのまま前半を折り返した。

ハーフタイムコメントHALF TIME COMMENTS

エンブレム

川崎フロンターレ:鬼木 達 監督

セカンドボール回収の意識を高めよう。最後の崩しの部分丁寧に。絶対に崩せるぞ。

エンブレム

ヴィッセル神戸:三浦 淳寛 監督

前線からのプレスを引き続きやっていこう。ラインの間に顔を出して、パスコースを作ろう。プレスがはまらないときは、セットしてから前に出ていこう。

後半the 2ND half

46分、神戸の攻撃。前線に浮き球を入れられ古橋に粘られ、山口にミドルシュートを打たれるが枠を外れる。47分、フロンターレの攻撃。ルーズボールを拾い右サイドから崩しを狙うが、神戸ディフェンスに止められる。47分、神戸の攻撃。直後に神戸に反撃をかけられるが、田中が戻り左サイド井上に対応。50分、フロンターレの攻撃。左サイドから崩しをかけ、抜け出した旗手が折り返すがブロックされる。51分、左コーナーキックの場面。脇坂のマイナスのボールを旗手が合わせるが、シュートはうまくミートせず。51分、神戸の攻撃。直後にカウンターをかけられ、田中が戻り止めるがファールの判定。52分、中盤右サイドからのフリーキックの場面。古橋のボールは守備陣がクリア。53分、フロンターレの攻撃。相手陣内でボールを奪い右サイドから崩しをかけ、家長がクロスをダミアンがヘッドで合わせゴールネットを揺らす。しかし、VARチェックが入り、家長がオフサイドの判定。57分、自陣からボールを運び、左サイド三笘が粘って折り返しを狙うがブロックされる。58分、左サイドでパスをつなぎ田中がクロスを入れるが、惜しくも家長に収まらず。58分、フロンターレの攻撃。自陣でルーズボールを拾い、こぼれ球に反応したダミアンがシュートを放つが惜しくもGKに止められる。59分、右コーナーキックの場面。脇坂のボールのこぼれ球を旗手が狙うが、シュートはブロックされる。60分、神戸の攻撃。自陣からボールを運ばれるが守備陣がしのぐ。62分、ボールを奪い返され右サイドからクロスが入り、ゴール前で混戦となるが守備陣がしのぐ。63分、さらに攻勢をかけられるが守備陣が耐える。65分、家長に代わり遠野がピッチへ。65分、神戸の攻撃。左サイドから崩しを狙われるが守備陣が対応。66分、右サイドから崩しをかけられるが、郷家には谷口が対応。67分、自陣でボールを奪われ左サイド酒井にクロスを入れられるが、旗手がクリア。68分、フロンターレの攻撃。三笘のドリブルから相手陣内にボールを運ぶが、フィニッシュに至らず。70分、飲水タイム。71分、神戸の攻撃。右サイド増山に突破を狙われるが守備陣が挟み込む。迎えた74分、フロンターレの攻撃。GKのキックを谷口がカット。中盤でボールを受けたダミアンがロングシュートを放つが、最初はオフサイドの判定。しかしVARチェックが入り、ゴールの判定。先制点を奪う。(1-0)

75分、フロンターレの攻撃。谷口がサイドチェンジ。右サイドから崩しをかけダミアンがシュートを放つが、DFに当たり外れる。76分、右コーナーキックの場面。田中のボールはクリア。さらに右サイド田中がクロスを入れるがGKにキャッチされる。78分、シミッチに代わり塚川、脇坂に代わり橘田がピッチへ。79分、フロンターレの攻撃。セカンドボールを拾って相手陣内でボールを動かす。81分、右サイド田中がミドルシュート。ブロックされたボールに旗手が詰めるが、こちらもシュートブロックされる。82分、右コーナーキックの場面。田中のボールはGKパンチング。さらに相手陣内でボールを拾い、右サイド田中がクロスを入れるがクリアされる。83分、神戸の攻撃。自陣から長いボールを出され古橋に抜け出されるが、GKソンリョンが飛び出し谷口がカバー。ピンチをしのぐ。85分、中盤左サイドからのフリーキックの場面。古橋のボールはダミアンがクリア。85分、フロンターレの攻撃。ルーズボールに反応した三笘が中盤から抜け出しフリー。ドリブルで持ち込みループシュートを狙うが、惜しくもDFにブロックされる。85分、左コーナーキックの場面。田中のボールはGKパンチング。87分、相手陣内でパスをつなぎ、旗手の縦パスを受けた遠野が反転。シュートに持ち込むが、惜しくもうまくミートせず。90分、旗手に代わり車屋、ダミアンに代わり小林がピッチへ。アディショナルタイム7分。90+1分、フロンターレの攻撃。相手陣内でボールカット。田中が深い位置に入り込み折り返すが、惜しくもしのがれる。90+2分、神戸の攻撃。直後に中盤でカットされカウンターを狙われ古橋に抜け出されるが、藤本のシュートはGKソンリョンのビッグセーブでしのぐ。90+4分、右スローインの流れからクロスが入るが守備陣がかき出す。90+5分、左コーナーキックの場面。初瀬のボールはゴール前を通過。90+6分、さらに長いボールを入れられるが守備陣が耐える。セカンドボールを拾われ圧力をかけ続けられる。90+7分、左コーナーキックの場面。初瀬のボールから混戦となり、こぼれ球を拾われゴール前にボールを入れられるがGKソンリョンが飛び出しキャッチ。このプレーでジェジエウが負傷。時計が止まる。迎えた100分、神戸の攻撃。ジェジエウがピッチ外へ。左サイドから圧力をかけられクロスを菊池にヘッドで合わせられ、土壇場で追いつかれる。(1-1) 試合は1-1でタイムアップ。

終盤フロンターレが攻勢をかけてじょじょにリズムをつかみ、神戸が反撃をかけてきたところでダミアンが技ありのロングシュートを決め先制。しかしアディショナルタイム、圧力をかけられ試合終了間際に失点。激しい攻防はドローに終わった。

試合終了後 監督コメントCOMMENTS AFTER THE MATCH

エンブレム

川崎フロンターレ 監督

[公式記者会見 総評]

アウェイの神戸ということで、お互いに激しい試合になると思いましたが、その通りの試合になりました。先制したので勝って終わりたかったですが、自分たちのやるべきことをやらないと難しい展開になることを改めて感じました。しっかりと自分たちのサッカーを続けていけば、自分たちらしさというのは後半に出たと思います。そこはまた勝ちにつなげるために、次の試合がすぐにくるのでやっていきたいと思います。

[公式記者会見 質疑応答]
── 自分たちのサッカーができなかった前半の反省点は?
少し慌ててサッカーをしたかなというところだけです。プレッシャーはありましたが、相手を見てやれれば、空いているところはあったので、そこのところ。あとは止めるところだったり、狙いすぎないところ。慌ててやらなければ、もう少しボールは動いたかなと思います。
── 連勝が止まったが、次の浦和戦に向けては?
自分たちらしさを全面に出していかないといけない。どんな相手でも強気でサッカーをやるというのが勝利に一番近いと思います。アウェイでもやり続けること。そういうタフなチームになっていければと思います。

エンブレム

ヴィッセル神戸 監督
三浦 淳寛

[公式記者会見 総評]

試合の入り方を含めて、我々の狙い通りの展開に進めることができました。失点のシーンは別ですが、うまく考えていたゲーム運びができたのかなと思います。もちろん、フロンターレさんは個の能力が高い選手がいますし、そこの対策はある程度、できた。最後、追いついたシーンを含めて、選手たちのメンタリティーも含めて充実していて、アグレッシブな姿勢が、最後の結果につながったのかと思います。

[公式記者会見 質疑応答]
── 守備の評価と、勝ちにつなげるには何が必要だったのか?
守備に関しては本当に良かったと思います。コンビネーションを含めて、フロンターレには個の能力が高い選手がいますが、集団でしっかりと守ることができたんじゃないかなと思います。ドリブラーもいますが、そこのケアも含めて、守備は良かったと思います。後半、終盤に入って少しオープンな展開になり、我々もビッグチャンスがありました。しっかりと勝ち切るためには、そこの決定機で決め切るところができれば、勝点3につながると思っています。
── この勝点1について。川崎を止めた喜びか、勝てなかったと感じているのか?
両方あります。よく追いついたという気持ちもありますし、しっかりとビッグチャンスを決めることができれば、勝点3も取れたと思います。ただフロンターレさんは本当に素晴らしいチームだと思いますから、今日の試合は我々の良さもゲームでたくさん出せました。そこは今日の収穫だと思います。チームコンセプトも含めて、我々がやりたいサッカーはピッチ上である程度はできたと思っています。

試合終了後 選手コメントPLAYERS’ COMMENTS AFTER THE MATCH

川崎フロンターレ:谷口 彰悟

── 試合を振り返って
得点場面は、GKからのロングボール。下げたボールに対して、しっかりとラインを押し上げて、蹴らせたボールをマイボールにする。もしくは素早くゴールにつなげるのは、継続してやっている。あとはダミアン(レアンドロ ダミアン)にダイレクトでつけることだけを考えた。それをダミアンがGKを見て、スーパーなゴールを決めてくれた。素晴らしかったと思う。最初のダミアンのゴールがVARで取り消されたが、慣れていかないといけない。そんなに動揺もしなかった。もちろん、オフサイドかとは思ったが、そこでもう一回、切らさずにやっていこうという声がけもみんなできていた。ああいうシーンに慣れていきたい。時間も考えながら、最後のしのぐ時間帯は僕ら後ろの選手の仕事で、失点ゼロでシャットアウトすることを遂行できなかったのは悔しい。あの場面は細かいミスが連続していた。いろんな改善点をするべきだと思うが、まずは自分にベクトルを向けないといけない。それぞれの選手が、何ができたのか。その課題を次に生かしていきたい。そういう意味では、僕自身もああしておけば良かったと思うところは多くある。勝負の世界では、こういう経験を次に生かしていかないといけない。また連戦で、次に試合はくる。自分たちはどんな悪い試合でも、まずは勝つことにこだわっているし、そこからスタートしている。今日も苦しい試合だったが、1-0で逃げ切るところを見せないといけない試合だった。非常に悔しい。昨年もあったが、連勝が止まった次の試合が大事になる。勝ちきれなくて追いつかれたので後味の悪い試合だが、負けてはいない。そこは気持ちを落とさずに、反省すべき点を整理しながら、改善しながら次に向かいたい。

川崎フロンターレ:脇坂 泰斗

── 試合を振り返って
最後の最後の失点してしまったので悔しさが残るゲームだが、前半のうちに得点を取れていれば、後半1点目を取ったあと追加点を取れていればという思いの方が強い。そこは今後の課題だと思っている。とくに前半相手が飛ばしてきてボールが落ち着かない展開になったが、後半焦れずにやり続けることで自分たちに流れがくるとみんなで声をかけ合っていた。実際にそこで先制点を取れたので、そこで2点、3点とたたみかけたかった。アウェイで難しい展開でもあったし、1点では何が起こるかわからない。だからこそ2点目が必要になってくるというのを改めて感じたゲームだった。

川崎フロンターレ:レアンドロ ダミアン

── 試合を振り返って
たくさんのゴールチャンスを作る中で1点を取れたが、追加点を取れなかったことが今日は原因じゃないかと思う。常日頃からゲームの中でゴールキーパーのポジショニングは見るようにしている。ショウゴ(谷口彰悟)がインテリジェンスを生かして、自分の足元に出してくれた。あとは自分がそのボールをゴールに流し込むだけだった。VARの判定でオフサイドは仕方がないこと。その後も自分たちの強度を下げずにゴールを目指して戦い続けた。もちろん、最後の瞬間で残念な結果になったが、もう終わってしまったこと。すぐに切り替えて次の試合に準備していきたい。

川崎フロンターレ:三笘 薫

── 試合を振り返って
最後の失点に関しては冷静さを欠いたというか、球際やマークといったいろいろなことが重なってしまった。最後までみんなで声をかけ合いながら気を引き締めなければいけないということを再認識したゲームになった。自分としても決定機で決められなかったし、チャンスを作る回数も少なかった。それが今の実力だと思っている。次のゲームに生かしていくしかない。

川崎フロンターレ:遠野 大弥

── 試合を振り返って
ベンチから見ていて、今日はすごく難しい展開だなと感じていた。アウェイの環境に適応することもそうだが、前からガンガン来るチームにどう対応するかということをイメージしていた。まずは背後のランニングと立ち位置のところで自分の特徴を出そうと意識していた。勝ちきらなければいけないゲームだった。アクシデントもあったが最後の最後に追いつかれるのは、自分たちに隙があったということだと思う。サッカーなので仕方ない部分もあるが、負けてはいけないゲームだと思うし、自分たちは勝ち続けなければいけないチーム。今回の反省を次の浦和戦に生かすしかない。

CLUB OFFICIAL TOP PARTNERS

  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • Sアンカー・ジャパン株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通エフサス
  • 株式会社松尾工務店
  • 株式会社富士通Japan
NEXT MATCH

次の試合も熱い声援を! 合言葉はPaint it Blue!!

SEASON2021

第6節

vs.浦和レッズ

emblem

AWAY日時:2021年03月21日(日)15:00キックオフ 会場:埼玉スタジアム2002

試合スケジュールへ

PAGE TOP

サイトマップ